iPhone最新情報

iPhone SE/iPhone 7 ・7 Plus / MacBook Air / MacBook / MacBook Pro /iMac/iPad mini / iPad Pro/Apple WatchなどAppleの最新情報をお届けするITメディアです。

2017年秋まで待てない!iOS11登場でiPhoneやiPadはどう変わるのか。便利になるポイントまとめ。

f:id:starline1201:20170622215701j:plain

先日開催されたWWDCの中で、次期iOSの紹介がありました。iOS11はiPhoneだけではなくiPadへも大きな進化を与えたOSといえるでしょう。iOS11にアップデートすることで、iPadはノートパソコンに匹敵する操作や機能を身に着けることができるのです。

iOS10はAppleがiPhoneの発売を発表するイベントが開催された日から、数日後にリリースされています。おそらくiOS11も同じようなスケジュールで、iPhone8やiPhone7sなどの次期iPhoneを発表するイベント開催後に、リリースされるでしょう。

リリースが待ち遠しい、iOS11の特徴をまとめてみました。

iOS11でiPhoneはこう変わる

f:id:starline1201:20170621210741j:plain
iOS10でも十分使いやすいのに、さらに便利になるiOS11でこんな風に変わります。

Apple Pay

iPhone7から搭載されたApple Pay機能。すでにSuicaやクレジットカードを登録して利用されている方も多いかと思います。iOS11からは、Apple Payを使って個人間での送金が可能になるのです。

例えば割り勘で支払う場合、Apple Payから個人送金して幹事にお金を集めることができるようになります。

さらにiPhone7/7 Plusに搭載されているNFC機能が、もっと便利になります。今までAppleはセキュリティの観点からNFCを、アプリケーションの開発を行っているサードパーティへの提供をしていませんでした。

iOS11では一部NFC機能をサードパーティに提供することが報じられており、今まで以上に使い勝手がよくなることが期待されています。ただiPhone7/7 PlusのNFCは、Androidなどで提供されている仕様と違うため、電子マネーやクーポンチケットの利用、会員カードとしての利用などできないかもしれません。

Siri

Siriが今まで以上に、利用者のサポートをしてくれるように進化します。例えばメールを入力しているときに、最近調べた映画や音楽情報、地図を使った場所の検索などのさまざまな情報をSiriが学習して、その内容にそった情報の提案をしてくれるようになります。

さらにSiriに翻訳機能が搭載されます。ベータ版としてリリースされるため対応しているのは中国語やスペイン語などの5カ国語しかありませんが、今後正式版としてリリースされていくことで、さらに精度があがり日本語にも対応するようになるでしょう。

これも楽しみな機能ですね。

カメラ機能(Live Photo)

あまり使われたことがないかもしれませんがiPhoneのカメラ機能には、Live Photoというものがあります。これは数秒間だけ動く写真が取れる機能なのですが、この機能を使ってさらに面白い写真が撮れるようになります。

iOS11で追加される機能はループとバウンスと長時間露光です。なかでも長時間露光は、一眼レフカメラのような写真が撮影できるようになります。これは動く被写体がだけが流れるように残像が映り、動かないものはそのまま撮影されるのという不思議な写真を撮影できます。

例えば、川の水だけが動いているかのように写すことができたり、車のヘッドライトだけが光の線を描いていく写真を撮影することができるようになります。

iOS11は、iPhoneを一眼レフカメラにしてしまうカメラ機能が搭載されるのです。iPhone7 Plusのポートレートと組み合わせれば、一眼レフカメラのような写真がたくさん撮影できますね。

ソフトウェアキーボード

文字入力する上でとても重要なソフトウェアキーボードですが、iPhone6から本体が大きくなったことにより片手での入力は難しくなってきています。フリック入力もiPhone5sやiPhoneSEの大きさであれば可能ですが、iPhone6ほどの大きさがあるとやはり難しい状況です。ましてiPhone6 Plusとなればなおさら片手入力は不可能です。

iOS11に搭載されるソフトウェアキーボードは、左右のどちらかに寄ったキーボードが表示されるようになります。利き手の親指でササッと入力できるようになるので、Messageの返信やメールの作成なども煩わしさを感じなくなるでしょう。

ちょっとした改善でも、大きな効果をもたらすこと間違いなしですね。

他にもApp StoreやApple Musicも表示が変わります。さらに選びやすくわかりやすくなるようです。実際にどのようになるのか早く使ってみたいですね。

iOS11でiPadはこう変わる

iOS11は、iPadを圧倒的に使いやすくするバージョンアップが含まれています。WWDCでもデモンストレーションで紹介されたDockの搭載は、まるでiPadにmacOSを搭載させたのかと錯覚してしまうほどのインパクトでした。

Dockだけではありません。パソコンと同じようにドラッグ&ドロップの操作やスクリーンキーボードにフリック入力の操作が加わり、キー入力のしやすさを大きく向上しています。

またポケモンGOのようにカメラが捉えた世界に、キャラクターが本当にその場所にいるように表示させる拡張現実(AR)機能が搭載されました。カメラが捉えた現実の世界に、デジタルで作られたキャラクターや情報を重ねて表示できるようになるので、様々な使い道が生まれてきます。例えば道案内も地図と連動して、カメラで写した現実の映像に矢印を表示させたりすることだって、できるようなります。

iPadはiOS11によって驚異的に進化することなりますが、アップデートできるデバイスが限られてしまうのではないでしょうか。

iOS11対応のデバイス

ここまで驚異的で圧倒的なパフォーマンスを持つiOS11ですが、ここまでくると自分が使っているiPhoneやiPadは更新できるのだろうかと、いささか心配になってしまいます。

どのデバイスが、iOS11にできるのでしょうか。

Appleの公式ページでは、iPhoneの場合はiPhone5sからiPhone7まで、iPadは5世代目のiPad、iPad AirとAir2、iPad mini2からiPad mini4、iPad Proはすべてのモデルでサポートされています。それにiPad Touch(6世代目)も含まれています。

これだけ多くのデバイスが、いまだにアップデートできるのはうれしい限りですね。ただし、iOS11にはアップデートできても、一部機能が制限されたりすることがあるので注意が必要です。

すでにiOS11を使えるって知っていた?

さて正式リリースは今秋となっていますが、開発者向けに検証用といえばいいのでしょうかiOS11デベロッパー版として、すでにリリースされています。あくまでも開発者向けなので、安定していないし正式版とは多くの点で違ってくることでしょう。

それでもいち早くiOS11を使ってみたい人は、開発者登録を行いiOS11へアップデートしてみてはいかがでしょうか。

ただし、開発者登録には年間99ドルがかかります。約11,000円を払ってiOS11にアップデートして利用するのもいいかもしれませんね。でも安定していないので、正式版を待った方がよさそうですね。

手元に使っていないiPhoneやiPadなどがあれば、開発者登録してiOS11を先取りしてもよいかも知れませんね。

まとめ:

f:id:starline1201:20170622220354j:plain
使い勝手や機能性が著しく進化したiOS11を早く使ってみたいと気持ちと、新しいiPad Proを使ってみたいという気持ち、とにかく登場までもう我慢ができません。

iOS11の登場でさらに使い勝手がよくなるiPhoneやiPadは、どのような変化を生活に与えてくれるのでしょうか。今から楽しみでしょうがありませんね。

以上「2017年秋まで待てない!iOS11登場でiPhoneやiPadはどう変わるのか。便利になるポイントまとめ。」でした。

USB-CとThunderbolt 3は何が違う?USB-CとThunderbolt 3の違いは、Macを買う前にチェックしておきたい項目の1つです。

MiNe-5DII_106-5202U

2015年発表のMacBookから先日発表されたiMac Proまで、Macは今、積極的にUSB-C端子を採用しています。

でも、この端子、実は2種類あるって知ってましたか?今回は、Mac購入時に見落としがちな「USB-CとThunderbolt 3の違い」についてご紹介します。

そもそも、USB-Cって何?

Macbook 2015 USB-C

USB-Cとは、今まで使われてきたUSB端子の後継として、新たに設計されたものです。特徴は、端子そのものが小型で、Lightning端子のように表裏の区別がないこと

従来、USB端子の殆どは向きが決まっていましたが、USB-Cについてはそれがなくなった為、とても扱いやすくなりました。

また、従来よりも高出力の電気を流せるようになった為、ノートPC等の充電端子としても利用可能です。(MacBookやMacBook Proの充電端子がまさにこれですね。)

他にも細かい特徴はあるのですが、ここでは「従来のUSB端子に代わる新しい形状の端子」と覚えておいてください。

Thunderbolt 3って何?

Silhouette of the future

Thunderboltは、主にMacで使われてきた映像やデータ転送ケーブル用の端子です。

役割こそUSBと似ていますが、初代のThunderbolt及び2代目のThunderbolt 2はUSBとは異なる端子形状となっていた為、それに対応した専用機器を使うか、変換端子を使ってHDMI等に接続するという使い方が主流でした。

現在でも、MacBook AirにはこのThunderbolt 2端子が搭載されているので、プロジェクターや外部ディスプレイとの接続に利用した経験のある方も多いかと思います。

そんなThunderboltの最新規格が、Thunderbolt 3です。特徴は何と言ってもUSB-Cと同じ端子形状を採用したこと。しかも、USB-C規格と互換性があるので、MacBook AirのようにUSBとThunderboltを別々に搭載する必要がなく、その分搭載デバイスを小型化出来るようになりました。

これは大きなポイントですね。

USB-CとThunderbolt 3の違いって何?

USB-CとThunderbolt 3は互換性があるという話をしましたが、では具体的にどの部分が異なるのでしょうか?

技術的な部分では細かい違いがあるUSB-CとThunderbolt 3ですが、ユーザーにわかりやすい一番の違いは、データ転送の最高速度です。

Appleの公式サイトを見てみると、USB-CとThunderbolt 3のデータ転送の最高速度は、

Thunderbolt でのデータ転送 (最大速度 40 Gbps) と USB でのデータ転送 (USB 3.1 Gen 2 で最大速度 10 Gbps)
(引用元:Mac ノートブックで USB-C および Thunderbolt 3 (USB-C) のポートとアダプタを使う - Apple サポート

と書かれており、その差は4倍もあります。今はまだこの差をあまり感じることはないかもしれませんが、今後扱うデータの容量が大きくなってくれば、4倍の差はきっと大きくなるでしょう。

USB-Cだけ搭載しているPCもある

気を付けなくてはいけないのは、USB-C端子を搭載しているからといって、必ずしもThunderbolt 3に対応している訳ではないということです。

前述のように、USB-CとThunderbolt3の間には互換性がありますが、規格そのものはあくまで別物。

USB-C端子にThunderbolt3を搭載するかどうかは、あくまでメーカー次第なのです。

ちなみに、MacではMacBook(12インチ)はThunderbolt 3非対応、それ以外の機種のUSB-C端子はThunderbolt 3対応となっています。

USB-C接続の製品の中には、Thunderbolt3に対応していないと使えない物(外付けGPUボックスなど)も存在するので、新しくPCやMacを買うなら、この点に注意しておくようにしましょう。(私はよく調べないでMacBookを買ったので、買ってからThunderbolt3非対応に気付きガックリと肩を落としました。)

これからはUSB-Cの時代だ!

Desk Diary 20160906

今回は「意外と知らない落とし穴〜USB-CとThunderbolt 3は何が違う?」と題して、USB-C端子とThunderbolt 3の関係性について、簡単に解説してみました。

せっかく買ったアクセサリが使えない!なんてことにならないためにも、Mac購入前にしっかり規格をチェックしてくださいね。

以上「USB-CとThunderbolt 3は何が違う?USB-CとThunderbolt 3の違いは、Macを買う前にチェックしておきたい項目の1つです。」でした。

次期iPhoneの名称、iPhone8じゃない?iPhone8 、iPhone Pro、iPhone EDITION、iPhone X、あなたはどのiPhoneがお好き?

iphone8

インターネット界隈では以前から、2017年に発売される次期iPhoneのことをiPhone8と呼んでいます。しかし、Appleから正式発表があったわけでもなく、当然ながらiPhone8に決まっているとは限りません。

しかも、次期iPhoneはiPhone登場から10周年の記念モデルとなります。それを考慮すると、次期iPhoneはマイナーアップデートではなく、メジャーアップデートであろうと予想されます。その結果、みなさん「iPhone8」と仮名称をつけているのでしょう。

しかし、iPhoneが誕生して10年という記念すべき年であるがゆえに、iPhone8ではない特別な名前が用意されているとも考えられます。そこで今回は、iPhone10周年記念モデルの名前は、一体どうなるのか予想してみましょう。

インターネットに挙がっていた名前候補たち

10周年記念モデルとしてiPhone8というナンバリングされた名前ではなく、特別な名前になるだろうといわれています。

iPhoneのリーク情報でおなじみのBenjamin Geskin氏が、次期iPhoneが「iPhone8」という名称ではないと言及しています。

さらに、上記のやり取りの中で、Twitterユーザーは特別な仕様でスペシャルなモデルという意味を込めたiPhone EDITIONや、ローマ数字の10を使ったiPhone Xといった名称を挙げていました。

おそらく、iPhone EDITIONはApple Watch EDITIONから想像されたものではないかと思います。

Apple Watch EDITIONは、通常販売されているApple Watchと本体の材料に大きな違いがあります。セラミックを採用したモデルで、販売価格も10万円を超えるスペシャルモデルについている名前です。同じように10周年記念モデルとなる次期iPhoneにふさわしい名前といえますね。

このやり取りを見て、私も次期iPhoneの名称を考えていたのですが、6月5日午前10時から開催されたWWDCの中に次期iPhoneの名前候補となるヒントを見つけてしまいました。

大胆予想!次期iPhoneはこうなる!

WWDCではiPad Proの刷新や新製品となるiMac Pro、発売されてからまだ7か月程度しか経っていないのに、MacBook ProやMacBookのCPUやSSDがアップデートされ、異例の速さで新製品を導入してきたと話題になっています。

そして6月13日には、各携帯電話会社から新iPad Proが販売となりました。

iPadPro最新情報

2017年新型 iPad Pro はソフトバンク・au・ドコモで購入可能です。私はソフトバンクで購入を決めました。

前モデルよりも高速化されたCPUとグラフィック性能を搭載した、究極のタブレットが登場しました。今秋リリースされる予定のiOS11によってノートパソコンを超えるデバイスになるといわれています。

ここでお気づきの方もいるかもしれません。

WWDCで紹介された新製品には、ある共通のキーワードがありました。その共通キーワードが「Pro」です。そしてAppleの代名詞となるデバイスには、すべてProが付いているモデルが存在します。

ワークステーションとして発売されているMac ProやMacBook Pro、新しくProの名前が付いたiMac ProやiPad Proです。

このことから、従来のiPhoneよりもハイスペックで記念すべき10周年を飾るにふさわしいiPhoneには、iPhone Proという名前が付けられるのではないでしょうか。

まとめ:2017年のメモリアルイヤーに発売されるiPhoneの名前は?

iPhone 4S

今のところは可能性があるのではないかといった程度で、必ずこうなると言い切れない状況です。しかし、Apple製品を見ていくと、必ずProが付いているモデルが存在することがわかりました。

しかも、今までProが付くモデルがなかったiMacシリーズにまで登場してきたということは、何かがあると思っても良いのかもしれません。

万が一、iPhone8という名前で記念モデルが発売されてしまった場合、来年に発売される次期iPhoneの名前は何にするのだろうという疑問も浮かび上がります。

また、他にも「iPhone」という名前も考えられます。10周年モデルとしてナンバリングが適用されないと考えたとき、シンプルな名前としてはありえます。ということで、下記に私の着順予想を晒しておきます。

こうやっていろいろな名前を考えつつ、次期iPhoneのことを考えてみると面白いなーと。例年通り9月にAppleのイベントが開催されるとしたら、残りあと3か月で名前もスペックなど、新型iPhoneの全容が公開されてしまうので、残りの期間を楽しみながら待つことにしましょう。

以上「次期iPhoneの名称、iPhone8じゃない?iPhone8 、iPhone Pro、iPhone EDITION、iPhone X、あなたはどのiPhoneがお好き?」でした。