iPhone最新情報

iPhone SE/iPhone 7 ・7 Plus / MacBook Air / MacBook / MacBook Pro /iMac/iPad mini / iPad Pro/Apple WatchなどAppleの最新情報をお届けするITメディアです。

ソフトバンクの学割モンスターを詳しく解説(2017年版)!U18とU25の違いや、家族も学割をお得に使う方法まとめ。


2017年1月21日、ソフトバンクは本格的に学割を開始しました。2017年1月から新たに追加されたプランも含めてソフトバンクの学割内容を見てみると、auより選択肢が多く自由度が高い印象です。しかも、学生でなくても学割が適用されちゃうのがステキ。

この記事では、2017年のソフトバンク「学割モンスター」の実施期間・学割内容を分かりやすく解説します。

最新機種iPhone7も学割が適用されるので、25歳以下の方やお子さんをお持ちの方はシッカリ詳細を確認してくださいね。*1

ソフトバンクの学割はいつからいつまで?

まず把握しておきたいのは、ソフトバンク学割キャンペーン期間。本キャンペーンはすでに始まっていて、2016年12月21日~2017年5月31日までとなっています。

学割っていつでも聞くイメージがあった(たぶん、電車定期券のせい)ので、キャンペーン期間が限定されているのが意外でした。学割の期間が過ぎて損した!なんてことがないように注意してください。

キャンペーン期間 2016年12月21日~2017年5月31日

「そろそろスマートフォン買ってよー!」と子どもにスマートフォンをねだられているなら、学割をうまく活用して携帯代を節約しましょう。

ソフトバンク学割の内容は?

2017年のソフトバンク学割キャンペーンの総称は「SUPER STUDENT(スーパーストゥーデント)」という名称で、パンフレットやCMでもよく見かける鮮やかな赤と青のロゴマーク(?)が非常に印象的です。

ソフトバンクのスマートフォンを持つ学生が、スーパーで楽しいスマホライフを送れるように、快適かつお得に学生ライフを過ごしていただくキャンペーンの総称です。

とソフトバンク公式サイトに書かれているように、昨年末に発表された学割の内容より更にスーパーになっています。

「SUPER STUDENT」は3本柱。

ソフトバンク学割「SUPER STUDENT」のサービス内容は、下記の3つとなっています。

  1. 学割モンスターU18(2017年1月追加)
  2. 学割モンスターU25
  3. 学割SUPER FRIDAY(2017年1月追加)

実は、2016年12月に他社に先がけて学割プラン「学割モンスター」を発表していたソフトバンク。この時の「学割モンスター」の内容は、毎月の通信料が1000円安くなるというものでした。

しかし、auが2017年1月に発表した学割プランに対抗する形で「学割モンスターU18」と「学割SUPER FRIDAY」が学割プランに追加されました。

その結果、ソフトバンクの学割の総称が「SUPER STUDENT」となり、「SUPER STUDENT」が学割モンスターU18・学割モンスターU25・学割SUPER FRIDAYの3本柱になったというわけです。

そこまでの流れがわかったところで、ソフトバンク学割を1つ1つ見ていきましょう。

※以下、特に表記がある場合を除き、税別です。

1:学割モンスターU18

18歳以下の方を対象とした、ソフトバンクのスマートフォンを月額2,980円から利用できる「学割モンスターU18」。

学割モンスターU18は、基本プラン+使用したデータ量によって変動する料金体系を採用した料金体系となっています。

基本プランは、通話が24時間し放題の「スマ放題(2,700円)」か、1回の通話が5分以内のし放題の「スマ放題ライト(1,700円)」のどちらかを選び、それにウェブ使用料の300円がプラスされた金額となっています。

データ量に関しては3GB以下であれば3,390円となります。3~4GBで4,200円、4~5GBで4,900円と細かく料金が決められています。5~20GBまでは5,390円となります。

データ利用料に応じて料金が決まる仕組みなので、定額プランよりお得感があります。(下記は「スマ放題ライト」加入時の月額料金例。ソフトバンク公式サイトより。)

f:id:starline1201:20170309130728p:plain

月額の負担を少なくするなら基本プランをスマ放題ライトにして、データ使用量を3GB以上にならないように使用すれば5,390円となります。データ使用量が5GB以上になった場合は7,390円ですが、割引が適用されない場合の8,000円よりも610円、お得になります。

学割モンスターU18の大きな魅力は、19歳になるまで割引が適用される事です。たとえば12歳の子供にiPhoneを持たせたとしても、7年間は割引が適用され続けます。

有害サイトブロック・不適切アプリが制限可能。

適用対象者が18歳以下へのサービスなので、小・中・高校生たちが有害サイトを閲覧したり、不適切なアプリをダウンロードしたりしても、利用に制限をかける機能が提供されます。

子どもがスマホを通じて犯罪に巻き込まれないか心配されている親御さんは多いかと思いますが、この機能を使うことで安心して子供にiPhoneやスマートフォンを渡すことができます。

(購入したあとで「制限を外してほしい」と子どもと揉めないよう、スマートフォンを購入する条件として「何歳になるまで制限を外さない」と最初から伝えておくのが得策かもしれませんね。)

これだけ魅力ある学割サービスですが、初めからソフトバンクを利用している場合は加入することができません。その場合は学割モンスターU25が適用となります。

2:学割モンスターU25

25歳以下の方を対象とした、ギガモンスターの月額料金が1年間1,000円(税抜)割引となる「学割モンスターU25」。

「学割モンスターU18」が適用されなかった、25歳以下で機種変更の方でも適用されます。

ただし、基本プランは、スマートフォンや携帯電話の通話し放題か通話し放題ライトと、データ定額20GBか30GBへの加入が必要です。

割引サービスが適用される期間は、1年間ですが毎月の通信料金から1,000円が割引され、ギガモンスター(20GB)なら5,000円で利用できます。

U18とU25の違い:

「学割モンスターU18」と「学割モンスターU25」の違いがイマイチわからないという方のために、大きな違いだけですが、まとめてみると下記のようになります。

  1. 18歳以下かつ新規契約・のりかえの方は「学割モンスターU18」。
  2. 機種変更の方は、18歳以下でも「学割モンスターU25」。
  3. U18のデータ料金は、従量制(使用データ量に比例した料金変動型)。
  4. U25は従量制ではなく、データ定額制。

学割モンスターU25の内容は動画や音楽をストレスなく楽しみたい方にはお得な内容になっていることは間違いありません。

その一方、データ使ったデータ量に応じて、データ料金が異なる従量制という形をとっている「学割モンスターU18」は、動画や音楽は家のネット回線で利用するから携帯代を節約したいというご家庭にうれしい学割内容となっていますね。

今の携帯会社のスマホ代が不満という方は、のりかえを検討してみてはいかがでしょうか。

3:クーポンが2倍!「学割SUPER FRIDAY」。

f:id:starline1201:20170308184718p:plain

「SUPER STUDENT(スーパーストゥーデント)」の最後の柱である「学割SUPER FRIDAY」。25歳以下の方を対象に「SUPER FRIDAY」の特典が2倍になるのが特長です。

昨年から始まったお得なサービス「SUPER FRIDAY」では、ソフトバンクユーザが受け取れるクーポンは1枚でした。しかし、学割が適用されるとクーポンを2枚ゲットできるようになります。

2017年の「SUPER FRIDAY」では、3月は毎週金曜日にファミチキが無料でもらえて、4月は毎週金曜日にサーティワンアイスクリームのシングルコーンが無料でもらえちゃいます!

学割SUPER FRIDAYの対象者は、対象となる商品が2倍もらえるので、友達を誘ってクーポンを有効利用しましょう。

学割モンスターをさらにお得にする方法。

せっかく学割を適用するなら、さらに通信費をお得にしたいところですよね。学割モンスターU18、U25は、自宅の固定回線にソフトバンク光やソフトバンクAirを利用されている方は、おうち割光セットの割引を適用することができます。

学割モンスターU18は、19歳なるまで1,410円の割引が適用され続けます。さらに家族追加特典を適用すると、さらに1,000円が割引となるため、合計で2,410円が割引となり2,980円〜4,980円で使えてしまうのです。

学割モンスターU25は、1,410円の割引が2年間続きます。1年目の割引額は2,410円ですが、2年目からは、1,410円の割引となります。

学割がどのくらいお得なのか知りたいなら、シミュレーターを使おう。

こんなお得な学割サービス使わない手はありません。学割を活用することでどのくらい携帯代が安くなるのか知りたい方は、下記ソフトバンク公式サイトのシミュレーターを使ってみてください。きっと納得の価格が出てくると思いますよ。

料金シュミレーター|ソフトバンク公式サイト

以上「2017年ソフトバンクの学割モンスターを詳しく解説!U18とU25の違いや、家族も学割をお得に使う方法まとめ。」でした。

*1:下記の料金プラン・価格については、2017年3月9日現在。

iPhone7に合うBluetoothイヤホンの選び方まとめ!iPhoneと一緒に使うならW1チップ搭載イヤホンがおすすめです。

Apple Airpods

iPhone7への乗り換えを機に、Bluetoothイヤホンに乗り換えようと考えている、そこのあなた!イヤホンなんて、どれも同じと思っていませんか?いえいえ、違うのです。そう、iPhoneならね。

Apple製品と組み合わせるならW1チップ搭載型がおすすめ!

世の中には、多くのBluetoothイヤホンが出回っています。通常、こうした製品を選ぶ際は、Bluetoothのバージョン・対応コーデック・本体の形状・価格・バッテリーのもち具合などを総合して判断しますが、iPhoneなどのApple製品と組み合わせるなら、もう1つ重要なポイントがあります。

それが、W1チップを搭載しているかどうか。

W1チップはAppleが開発したBluetoothイヤホン用のチップで、搭載されている製品はこのようなメリットがあります。

メリット1:バッテリーのもちが良い

W1チップ搭載機は、同スペックの非搭載機と比べてバッテリーのもちが良くなっています。下記参考サイトによると、W1チップを搭載したBeats Solo3では、非搭載のBeats Solo2と比べ、28時間も再生時間が延長したとのこと。

充電頻度の低下は、ハードに使う人も、あまり使わないという人にも、非常にありがたいものです。

メリット2:急速充電にも対応!

Androidスマホなどでは、15分の充電で◯時間使えるといった超急速充電機能がメジャーになりつつあります。iPhoneでは残念ながら未だそういった技術は搭載されていませんが、W1チップ搭載のイヤホンには、この超急速充電機能が搭載されました。

例えば、Beats Solo3では、わずか5分の充電で3時間も使用することが出来ます。これなら、充電を忘れてしまっても、何とかなりそうですね。

メリット3:Apple製品とのペアリングが他のBluetooth機器よりも簡単にできる

一般的なBluetoothイヤホンは、iPhoneの設定画面を開いてペアリングする必要があります。この作業は決して難しいものではありませんが、機械が苦手な方には地味に高いハードルとなっています。

しかし、W1チップ搭載機はiPhoneとイヤホンを近づけるだけでペアリング完了。もはや設定不要と言ってしまっても差し支えないレベルです。これなら、機械が苦手な人でも安心。プレゼントにも最適ですね。

メリット4:iCloud経由でペアリング設定を共有できる

W1チップ搭載機は、一度iPhoneでペアリングしてしまえば、同じApple IDを使っているiPadやMacへはiCloud経由でペアリング情報が共有されます。

よって、これらのデバイスに改めてペアリング設定をする必要はありません。複数のApple製品を使い分けているという方には、地味にありがたい機能です。

メリット5:ビームフォーミングマイクで快適な通話を実現

W1チップを搭載したイヤホンやヘッドホンでは、一部の機種を除き「ビームフォーミングマイク」を搭載しています。これにより、マイクで集音した音からノイズを従来以上にきれいに除去できるようになったので、通話時の音質も改善されました。

ヘッドセットで通話する機会が多い方や、Skypeなどを多用される方は、ありがたい存在ではないでしょうか?

対応機種はこちら

2017年2月時点で発売されているW1チップ搭載機は、以下の通りです。人気の製品は入手まで数週間待ちも珍しくないので、欲しい方は早めに予約しておくのがオススメ。

Apple AirPods:

Apple AirPods

Beats Solo3 Wireless

Beats Solo3 Wireless

Powerbeats3 Wireless

Powerbeats3 Wireless

beatsX

beatsX


価格や形状なども色々なので、ご自身のニーズに合わせて選んでみてくださいね。

まとめ:iPhoneと一緒に使うならW1チップ搭載イヤホンがおすすめ。

Beats-Solo3-Wireless


今回は、Apple製品ユーザー向けにW1チップ搭載イヤホンのお勧めポイントをご紹介しました。

他のBluetoothイヤホンと比較して少々高めなのが難点ではありますが、それを補って余りある性能と快適さがW1チップ搭載イヤホンには存在します。iPhoneやiPadと一緒に使うイヤホンに迷ったら、W1チップ搭載製品を選んでみるのは、決して悪くはない選択ではないでしょうか。

以上、「iPhone7に合うBluetoothイヤホンの選び方まとめ!iPhoneと一緒に使うならW1チップ搭載イヤホンがおすすめです。」でした!

新しいMacの賢い買い方を知ろう!基本的な選び方から学割の使い方まで…新入学・新社会人ためのMac選び講座。

Computer Setup April 2010

新入学や就職を機に、新しいPCが欲しいと思っている方は多いと思います。今回は、特に「PC選びは初めてでわからない……」といった方向けに、新しいMacの選び方をご紹介しましょう。

はじめに:学校や職場からの要求スペックを確認しましょう

Lumia 1020 First Time RAW / DNG

学生の場合

学校全体あるいは学部や専攻分野ごとに、必要とされるPCのスペックを公表しているケースが殆どです。

このルールを守らないと、例えば「実験に使うためのソフトが動かない」とか「PCを使った講義に参加できない」など、洒落にならない事態に陥ることも珍しくないので注意が必要。

PCは決して安い買い物ではありませんから、無駄な出費をしないよう、事前に必ずチェックしておきましょう。

社会人の場合

職場から専用のPCを支給されるケースと、自前でPCを用意するケースの2つに大別されます。(他に、職場から支給されたPCが使いづらいので、自前でPCを持ち込んでるなんてケースもありますが……。)
まずは、入社前に

  • 自分のPCを仕事に使っても問題ないか
  • 必要なPCの要件(OSの種類やスペック等)

をきちんと確認しておきましょう。ちなみに、職種や業界によっては、「Macじゃないと駄目」とか「Windowsの方が仕事がし易い」といったケースもあります。

MacならBootCamp機能でWindowsもインストールすることが可能ですが、その場合はある程度ストレージ容量に余裕を持たせる必要があるので、やはり事前の確認が必須です。

どこで買うのが良いか?

Peter, Katherine, Catlin, and Anna Thank You (Get Your Canoe 'Cuz We're In The Amazon)

基本はApple公式サイト

Macは、Apple直営店やApple公式サイトだけでなく、家電量販店やMac専門店など多くの場所で購入可能です。その中で、特にお勧めなのがApple公式サイトからの購入です。

実は、ここでMacを購入すると、メモリやストレージ、CPUといったハードウェアをカスタマイズできるので、他の店舗で売られているMacよりも高性能にすることができるのです。

ただし、このカスタマイズを行うと、通常より納品までに時間がかかります。入学や就職が決まったら、早めに購入するようにするのがオススメです。

学割は適用されるのか。

Appleでも学割は適用されます。キャンペーン中に対象の製品を買うと、最高で8,500円分のApple Storeギフトカードが得られるので、学割対象の方は、キャンペーン期間内の購入がオススメです。

大学生なら生協もおすすめ

最近では、一部の大学生協でもMacの取り扱いを行っています。大学生協の場合、価格が他の店舗より安かったり、修理時に代替機を貸し出してくれるといった特典を用意しているケースもあるので、入学予定の大学生協に問い合わせてみると良いでしょう。

基本は「予算の許す限りハイスペックにする」こと

PCは、スマホやタブレットに比べると、買い替えまでの期間が長くなる傾向にあります。

スマホやタブレットは2〜3年で買い替えという方が多いと思いますが、PCは3〜4年、場合によってはそれ以上のお付き合いをすることも珍しくありません。仕事や勉強で使うPCの場合、性能の高さは作業の生産性にも関わってくるので、ここはケチらず、予算の許す限りハイスペックを求めるのが基本です。

特にMacの場合、Windows機と違いメモリやストレージの交換に対応した機種が殆どないので、購入時のスペック選択はとても重要。ここをケチると数年後に後悔するかもしれないので、最重要ポイントとして捉えてくださいね。

どの性能を重視する?優先順位はこれだ!

AppleのOnline StoreでMacのハードウェアをカスタマイズできることは前述しましたが、問題はどこをどうカスタマイズするかです。
そこで今回は、代表的なチェックポイント3つを優先順位別にご紹介します。

優先順位1:メモリ(RAM)

メモリはPCにとっての作業机のようなもので、この容量が大きいほど余裕をもって作業することが出来ます。

現行のMacは8GBが標準になっていますが、数年間使うのであれば、16GB以上にしておくのがお勧め。Macのメモリは(一部の機種を除いて)後日の増設はできないので、ここはケチらないでおきましょう。

優先順位2-1:GPU(必要に応じて)

MacBook Pro(15インチ)やiMac(27インチ)は、グラフィック処理を専門に担当する独立型GPUを搭載しています。もし動画編集など映像に関わる作業が多いのなら、この独立型GPUを搭載したMacを選ぶのがお勧めです。

優先順位2-2:ストレージ

ストレージはアプリやデータを保存しておくスペースで、現行のMacではHDD、SSD、FusionDriveの3種類があります。

デスクトップ機であればSSDかFusionDriveですが、ラップトップ(ノート)型Macの場合は衝撃に強いSSD一択。こちらも後日の交換はできないので、予算の許す限り容量の大きい物にしましょう。

特にBootCampでWindowsをインストールする場合、原則としてMacの内蔵ストレージにしかインストールできないので、最低でも256GBは必要です。

このあたりの知識を深めたい方はアスキーなど読んで勉強しましょう。

優先順位3:CPU

ここまでカスタマイズした上で、それでもまだ予算に余裕があるなら、PCの頭脳ことCPUをカスタマイズしてみましょう。

まとめ:最初の1台は「何でも屋さん」にしておくのがオススメ。

Café

今回は初めてMacを購入する新入生・新社会人の方向けに、Macの選び方について解説してみました。この記事が、読者の皆さんの初Mac選びの参考になれば幸いです。

Apple公式サイトからでも学割を適応できますし、カスタマイズも可能です。Appleストアが近くにない、行く時間がないという方は、ぜひApple公式ストアを活用してみてくださいね。

以上「新しいMacの賢い買い方を知ろう!基本的な選び方から学割の使い方まで…新入学・新社会人ためのMac選び講座。」でした。