iPhone最新情報

iPhone最新情報は、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Appleの最新情報をお届けするITメディアです。iPhone8予約に関する最新情報を中心に配信中。

TONEモバイルでYouTubeは見られる?キッズスマホに必須のYouTubeがどの程度の画質で視聴できるのか、調べてみました。

キッズスマホとして東京都、全国子ども会連合会に推奨されているTONEモバイル。人気女性雑誌VERYとのコラボして、より良いキッズスマホの製作を目指しているのですが、重要なのは実際の使い勝手ですよね。

今回は、TONEモバイル端末「m15」でYouTubeを視聴できるのか、試してみました。

実際にYouTubeを「TONE m15」で視聴してみた。

TONEモバイルは月額料金を安くする中でもより良いサービスを提供するため、販売端末を「TONE m15」の1つに絞って販売しています。

その「TONE m15」でYouTubeを視聴してみました。視聴環境は、下記の通りです。

  • 視聴場所:品川駅前のビル群の中のカフェ内
  • 視聴時間帯:12時すぎの回線激混みと思われる時間帯

さて、この結果はいかに…。

Youtubeの高画質はNG。低画質なら視聴可能!

実際に視聴してみた結果から言えば「TONEモバイルでYouTubeを見ることは出来るが、サクサク視聴するのは難しい。」です。

最初は最高画質にして見られるか検証してみましたが、全く見られず。これは困ったということで、視聴画質を変えて見られるか実験してみました。

画質 視聴の可否
360p 視聴できなかった
240p 視聴できなかった
144p 読み込みに時間がかかるものの、視聴可能!

昼間のオフィス街での視聴したので、通信速度が夜に比べて遅かったというのも視聴できなかった要因の1つと言えるでしょう。その状況下で、144pが見られたということは、状況によっては高画質での視聴が可能かもしれません。

画質を最低画質の144pまで落とせば視聴できましたが、途切れながら動画を見る結果になりました。YouTubeなどの動画サイトを頻繁に見たいのであれば、高速チケットがオススメです。

YouTubeをサクサク見るなら「高速チケット」。

子供が「どうしてもサクサクな環境でYouTubeを見たい!」と言ってきたら、「高速チケット」という選択肢があります。

TONEモバイルの提供している「高速チケットオプション」とは、1GBを 300円(税抜)で購入し、高速通信に切り替えることが出来るオプションのことです。

「マイプラン設定」というスマホの設定と組み合わせて使うことで、YouTubeアプリだけに高速チケットオプションを適用刺せることができるので、無駄なく動画を見る時のみ高速通信にすることができます。

1GB300円って高いように感じますが、auで1GBを追加で購入しようとすると1000円かかることを考えれば、TONEモバイルは非常にお得と言えるでしょう。

この高速チケットは親が買ってあげるのではなく「あなたのお小遣いから300円支払うんだったらどうぞ。」という感じで、お金の使い方を学ばせる機会として生かしても良いかもしれませんね。

高速チケットと併用して、Wi-Fiを活用しよう。

高速チケットを買わずに、TONEモバイルでYoutubeを見る方法はないものかと考えた方。高速チケットを購入せずにYoutubeを見る方法、あります!

それは、家のWi-Fiや、カフェなどに飛んでいる無料Wi-Fiを使う方法です。通常、家のWi-FiやカフェのWi-Fiは速度が早いので、スマホにWi-Fiをつなけば、高画質でYoutubeを見ることができますよ。

TONEモバイルの速度制限に注意

月額1,000円でインターネット使い放題なのですが、動画を見る際にデータ通信量を多く消費してしまうという点は注意が必要です。TONEモバイル公式サイトには、以下のような注意書きが書かれています。

大容量のデータ通信を行うYouTubeなどの動画再生やGoogle Play ストアでのアプリのダウンロードは高速通信をoffにした状態(500kbps~600kbps程度での通信時)でのご利用は制限しております。

YouTubeは制限対象と明確に書かれているので、通常速度での視聴は注意が必要です。確実に見たい場合は先ほどの高速チケットを購入するか、家や出先のWi-Fiを接続して見れば全く問題ありません。

2017年3月1日から、3日制限を撤廃したTONEモバイル。

余談ですが、MVNO(格安スマホ)の多くが「3日間速度制限」というものを導入しています。これは、3日間にその会社が規定するデータ容量を使ってしまうと、劇遅の通信速度しか出なくなるという措置のことです。

TONEモバイルも以前は直近3日間で300MB以上データ通信量を使った場合、速度制限をかけるという利用規約になっていました。しかし、2017年3月からその条項を撤廃。その代わり、上記の大容量データ通信を尾籠なるアプリの利用制限が設定されたのだと思います。

YouTubeなど動画配信のフィルタリング可能。

Wi-Fiにつなぐか、高速チケットを購入することでサクサクYouTubeを見られるようになるのはご理解いただけたかと思います。しかし、YouTubeをずっと見続けてしまう子供に手を焼いている親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな問題もTONEモバイルの「フィルタリング機能」で解決することができます。

フィルタリング機能とは?

フィルタリング機能とは、インターネットで接続するサイトやスマホの仕様時間を制限する機能のことを言います。TONEモバイルのフィルタリング機能は操作方法がわかりやすく、細かく設定できるのが特徴です。

例えば、お子さんの年齢に合った制限強度を設定することができたり、アプリの利用可否や利用時間を制限することができます。

フィルタリング機能は「TONEファミリー」という機能の1つなのですが、TONEファミリー機能では、過去30日間にどんなカテゴリ(ゲーム・チャットなど)が見られていたか、「インターネットアプリ」の合計利用時間、ブロック対象ページに何回アクセスを試みたかなどを見ることができます。

アプリの利用制限が可能。

Youtubeに限って言えば、Youtubeアプリの利用を制限することが可能であることに加え、ブラウザでのYoutube視聴も制限することができます。

アプリの利用制限方法は3通りで、

  • 全面的に利用禁止
  • 時間帯を制限して利用可能
  • 1日の合計利用時間を制限

どの方法で制限するかは、親御さんの考え方次第。お子さんにスマホの使い方を学んでもらう意味でも、話し合って決めるのもいいですね。

キッズスマホとして安心のTONEモバイル。

詳しくは別記事で解説しますが、フィルタリング機能が多くのパソコン・スマホ(iOS/Android)で設定可能である点が非常に好印象です。保護者がTONEモバイルを利用していないiPhone利用者であっても、オプション料金を月額数百円払うだけでパソコン・iPhoneなどのスマホからフィルタリング設定することができます。

TONEモバイル以外の場合は、下記のアプリから設定可能です。

TONE見守りーTONEファミリー用ダッシュボードアプリ

TONE見守りーTONEファミリー用ダッシュボードアプリ

  • TONE mobile inc.
  • ソーシャルネットワーキング
  • 無料

お子さんのキッズスマホをお探しの方は、ぜひ検討してみてくださいね。(下記の公式サイトでは料金の詳細や料金シミュレーターがあるので、ご活用ください。)

以上「TONEモバイルでYouTubeは見られる?キッズスマホに必須のYouTubeがどの程度の画質で視聴できるのか、調べてみました。」でした。

WWDC17まとめ(Mac編)!21.5インチiMac・27インチiMac・MacBook Pro・Mac Proなど、発表された新製品について解説します。

macbook-wwdc-2017

今年も刺激的な発表に満ちていたAppleのWWDC17。ここでは、そんなWWDC17で発表された新型のデスクトップ型Macについてご紹介しましょう。

コスパ良のiMac、USB-Cに対応!更に便利に。

f:id:starline1201:20170613182607j:plain

まずは、約2年ぶりに更新されたiMacについてみていきましょう。こちらは、従来と同様に21.5インチと27インチの2サイズが用意されました。

21.5インチモデル(iMac)

21.5インチモデルは、HD解像度のディスプレイを装備したモデル1種と、4Kディスプレイを搭載したモデル2種の計3機種が用意されました。なかでも注目は、4Kディスプレイ搭載のモデル。

こちらは先代のiMac(21.5インチ)とは異なり、CPUとは別に独立したGPUを搭載する形にパワーアップ。動画編集などのグラフィックス作業をより快適に行うことが可能となりました。

これまで、iMacで独立GPUのモデルを使うには高価でサイズも大きい27インチモデルを選ぶ必要があったので、「iMacを使いたいけど27インチはちょっと……」という方にとっては、選択肢が増えたことになります。

背面の搭載端子は従来と殆ど変わりませんが、Thunderbolt 2端子に代わり、今回発表されたモデルではUSB-C(Thunderbolt 3)を搭載された為、拡張性もさらにアップ。PCはスマートフォンほど頻繁に買い換えないということを考慮すると、USB-C搭載はなかなか魅力的といえるでしょう。

一方、同じ21.5インチでも、独立GPUと4Kディスプレイ非搭載のモデルはエントリーモデルという位置づけで、価格も120,800円(税別)からとお手頃な設定です。

もしかすると、今回Mac miniがアップデートされなかった為、その代替なのかもしれません。

27インチモデル(iMac)

27インチモデルは、全て5Kディスプレイ搭載のモデルとなります。搭載CPU/GPUの性能やRAMの最大搭載量により、3種類のモデルが用意されているので、こちらも自分の利用スタイルに合わせて選ぶことが可能です。

特に、最高スペックのモデルでは、RAMが最大64GBも搭載可能となっている為、グラフィックス系の作業にももってこい。

最近、この手のハイスペックモデルはWindows陣営ばかり注目されて「ぐぬぬ……」となっていたMacファンの方も、これで安心ですね。

黒くて何だかすごいヤツ?iMac Proも登場!

f:id:starline1201:20170613184802j:plain

iMacはこれまでコンシューマー市場を中心に、プロユースでも利用されてきたとてもバランスに優れたマシンです。そんなiMacをプロ市場向けにさらにパワーアップさせた『iMac Pro』も、今回発表されました。

こちらは、27インチのiMacをブラックカラーにしたモデルで、内部もプロ仕様として極めてハイスペックとなっています。

プロ仕様のRAMの搭載容量。お値段もプロ仕様。

特に目立つのが、RAMの搭載容量。標準で32GBも搭載しているだけでなく、CTOでカスタムすれば最大128GBまで対応します。動画のエンコードなど、RAMが多いほど生産性が上がる作業をするにはもってこい。

また、搭載するGPUも従来型iMacの3倍以上高速と謳う「Radeon Pro Vega」を搭載。VRなどのGPU性能が重要となる場面で、その力を存分に発揮します。

ただし、価格もまたプロ仕様の$4,999。発売は2017年12月の予定なので、気になる方はそれまでに予算を確保しておきましょう。

Mac Proも新型を開発中!

Mac Pro

iMac Proでも相当なものですが、ヘビーユーザーやプロユースの方にとって、やっぱり気になるのがMac Proの動向。こちらは詳細の発表こそありませんでしたが、現在モジュールタイプの新型を開発中と発表されました。

今後、Mac/iOS陣営もさらにARやVRに力を入れていくことになるでしょうから、Windowsに負けない高性能なMac Proの発売を期待して待ちましょう!

余談:MacBook Proも発表されました。

デスクトップMac編だったのですが、気になる方もいらっしゃると思うので、MacBookもご紹介します。

今回のWWDC17では、12インチMacBook・13インチMacBook Pro・15インチMacBook Proもあわせて発表されました。

まず、12インチMacBookについてですが、何と言ってもシリーズ最薄の13.1mmが特徴です。13インチMacBook Proは、Touch Barを選択することも出来ます。

価格は下記の通り。

12インチMacBook 142,800円(税別)から
13インチMacBook Pro 142,800円(税別)から
15インチMacBook Pro 258,800円(税別)から

MacBook、MacBook Proはすでに発売中なので、気になる方は下記Apple公式サイトで比較検討してみてくださいね。

以上「WWDC17まとめ(Mac編)!21.5インチiMac・27インチiMac・MacBook Pro・Mac Proなど、発表された新製品について解説します。」でした。

macOS編も書きました。

iphone-news.hatenablog.jp

Macを購入するにあたり気になるのが新OSです。新macOS「High Sierra」についてまとめたので、気になる方はどうぞ。VR対応など気になる項目が目白押しです。

2017年日本上陸のGoogle Homeで出来ることとは?Google Homeの便利な使い方・日本語対応・発売日・価格など気になることをまとめました。

Google Home tech

コンピューターに音声で指示を出す。かつてはSF映画の中の出来事でしたが、今やそれが現実のものになりつつあります。

今回はそんな「音声認識デバイス」の1つで、日本市場への投入が決まったGoogle Homeについてまとめてみました。

Google Homeってどんなデバイスなの?

Google Homeは、Googleが開発した音声認識機能を活用したアシスタントデバイスです。見た目は単なるBluetoothスピーカーですが、このGoogle Homeに話しかけると、iPhoneでいうSiriのように答えが返ってきます。

例えば、朝起きてすぐに「今日の予定は?」と尋ねれば、「9時から◯◯商事と会議です」といった感じで答えてくれるというわけ。これだけだと「別にiPhoneでSiriを使えば良いのでは?」と考えがちですが、実はそれは大きな間違い。

大事なのは、そう、スピーカーであることなのです。

スマートスピーカーは音声認識と相性抜群

確かに、音声認識システムを”使うだけ”なら、スマートフォンやPCを使った既存のシステムでも事足ります。

しかし、既存のデバイスでは、音声認識を使うために物理的な操作(ボタンを押す等)が必要なケースが少なくありません。iPhoneなら「Hey, Siri」機能を使って声だけでSiriを呼び出す事もできますが、これも「iPhoneがユーザーの声を認識できる位置にある」という最低条件があります。

iPhoneをポケットに入れたままSiriを使いたいなら、現状では相当大声でSiriを呼び出すか、Apple Watchを使わなくてはなりません。

一方のGoogle Homeはスピーカー型となっているので、少なくともポケットから取り出したり、時計に向かって話しかける必要はないのです。自宅で使う前提なら、どちらがスマートかは明らか。スピーカー型デバイスの方が音声認識との相性が良いのです。

Google Homeで出来る主な機能まとめ。

Google Home in a cozy reading nook.

みなさん、Google Homeのことが気になってきましたか?では、そろそろ、このデバイスでできる事をご紹介しましょう。

1:予定の確認

Google Calendarと連携することで、自分の予定を音声で確認することが出来ます。前述したように、朝起きた時に今日の予定を確認することもできるので、まるで秘書をもったかのような感覚を味わえます。

2:電話を掛ける

日本での導入時期は未定ですが、先行してサービスインした米国では、Google Homeだけで電話を掛けることも出来ます。

事前にGoogleコンタクトに友人などの連絡先を同期しておく必要がありますが、Android端末なら標準でGoogleコンタクトとスマートフォンの電話帳が連動している機種も多いので、登録はそれほど苦にはならないでしょう。

もちろん、iPhoneも連絡先の同期をiCloudからGoogleアカウントに切り替えれば、同じように同期可能です。

3:スマート家電を操作する

AppleでもSiriで対応家電を操作する機能がありますが、当然Google Homeも同じような機能を備えています。

これを使えば、使っていない部屋の照明を、その部屋へ行かずに消すなんてことも可能。特に小さなお子さんの居る家庭では、なかなか便利な機能ではないでしょうか?

4:ニュースを流す

Google Homeに話しかけるだけで、最新のニュースをWeb上から検索して読み上げてくれる機能も搭載しています。

これなら、忙しい朝、着替えやメイクをしながら最新ニュースをチェックするなんてことも可能です。もう、電車の中でニュースをチェックするのは時代遅れなのかもしれませんね。

5:覚えてもらう機能

Google Homeは賢いので、例えば物の場所を覚えておいてもらうことも出来ます。どこに何をしまったか忘れがちな方は、この機能を使うととても便利。

利用頻度の低い物は「あれ、どこに入れたっけ?」とか「ここにしまったはずなのに……」ということが起こりがちなので、地味に使える機能ではないでしょうか?

6:もちろん検索やタイマー設定もできます

Google Homeという名の通り、Webを検索する機能も使うことが出来ます。

このほかにも、Siriでおなじみのタイマー設定機能も使えるので、料理をしたり、カップ麺を作る機会が多い方も安心。特に料理中はスマホに触れないことも多いので、音声だけで操作できるのは地味にありがたい機能ですね。

日本での発売日は?

2016年10月5日より予約受付が始まり、2016年11月4日から発売されたGoole Home。この時点では日本での発売はアナウンスされていませんでしたが、2017年5月の「Google I/O 2017」において、2017年夏に日本でもHoole Homeが発売されると発表がありました。

現状では日本語対応していませんが、日本発売にあわせてGoogle Assistantが日本語対応になるそうです。

日本での販売価格は?

アメリカでは129ドルで販売されていますが、日本での販売価格はいくらになるのでしょうか。残念なことに、「Google I/O 2017」では日本での発売価格について発表されませんでした。分かり次第、追記します。

まとめ:これからは音声の時代。

aper-Google-Home

今回は、日本市場への投入が正式に決まったGoogle Homeについて、その基本的な部分をまとめてみました。

この手のデバイスは日本ではまだまだ普及していないのが現状ですが、Google Homeが上陸すれば、対応するスマート家電と合わせて一気に普及していくのではないでしょうか?

ちなみに、先日開催されたGoogleのイベントでは、音声認識機能とジューサーを組み合わせて、指示したジュースを作ってくれるマシンも紹介されていました。

また、先日のWWDC 2017で、噂通りのApple純正Siri搭載スピーカー「HomePod」もお披露目されました。Google Home、HomePod、Amazon Echoの比較は後日することにしますが、技術革新って本当にすごいですね。

コンピューターがアールグレイを淹れてくれる日も、実はもうそこまで来ているのかもしれません。

以上「2017年日本上陸のGoogle Homeで出来ることとは?便利な使い方・日本語対応・発売日・価格など気になることをまとめました。」でした。