iPhone最新情報

iPhone最新情報は、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Appleの最新情報をお届けするITメディアです。iPhone8予約に関する最新情報を中心に配信中。

緊急入手した10.5インチiPad Proレビュー!2017年発売の新型iPadProを使ってみたら、手放せないタブレットの仲間入りとなりました。

10.5インチiPad Proが手に入ってしまった…。

10.5インチiPad Pro発売日当日、今回は特に予約をしていなかったので「今回はiPad Pro、何週間待ちとかなのかなー」と思って行きつけの家電量販店に行ったわけです。

しかし、頻繁にそこで買い物をしすぎているせいか、店員が気を利かせて取り置きしておいてくれたようで、すんなりと某家電量販店のソフトバンクから販売されている10.5インチiPad ProのCellular版を手に入れることができました。

ソフトバンクはiPhone7が発売されたころから、以前のような複数のオプションに半ば強制加入をさせるようなことはなくなりました。今回もプランやオプションはとてもシンプルで、無駄のない選択ができたと思います。

今までのiPadとiPadProのスペックを比較したい方は、下記Apple公式サイトにある比較表で確認するとわかりやすいかもしれません。

ということで、早速入手した10.5インチiPad Proを使ってみた感想をまとめます!

2017年発売の新型10.5インチiPadProレビュー!

では、まず開封の儀を執り行います。

化粧箱。いつも通り美しいです。

液晶画面&付属品

f:id:starline1201:20170619223153j:plain

出ました。液晶画面。中の付属品にはアップルロゴシール付き。

背面デザイン

f:id:starline1201:20170619223027j:plain

背面デザインは9.7インチiPadProと同じライン状のアンテナが配されています。10.5インチiPad Proにはイヤホンジャックも健在で、iPhone7と差別化がはかられているようです。

iPhone7を耐水化させたのも、iPhoneとiPadの差別化に苦慮していたAppleの一手だったのかもしれませんね。

では、開封の儀はこのあたりにして、早速使ってみましょう。10.5インチiPad Proの使い心地をレビュー!

使ってみた:2017年の新型iPadProは、全てがサクサク早い。


いつも通りではありますが、セットアップするのに多くの時間はかかりません。全体的な処理速度が向上しているため、体感的には早くなったような感覚です。

重いアプリもサクサク。

例えば、ちょっと重いアプリでも起動が早くなっているし、多くの写真を表示させたまま画面をスクロールしても、一枚一枚がちゃんと表示されぶれていないことがわかります。

他にも些細な変化ではありますが、アイコンを別ページに移動させるとき、アイコンを移したい方向の画面枠まで移動させてちょっと待つ必要がありましたが、この待ち時間があまり長くなかった感じでした。

これは液晶ディスプレイのリフレッシュレートが、従来の60Hzから2倍の120Hzになった恩恵ですね。

カメラ起動も以前より早い印象。

左右のスワイプも素早く反応してくれるし、カメラの起動も早くすぐに撮影できる状態になるのでシャッターチャンスを逃す心配はなくなりました。

ほんの少しのアップデートだと思っていたのですが、思っていた以上のディスプレイの反応の良さに画面操作するのがちょっと楽しくなってきます。

でも、10.5インチiPad Proの凄さは、こんなものではありませんでした。

キーピッチが広がって、文字の打ちやすさを実感。

f:id:starline1201:20170617182823j:plain

上記の記事でも記載した通り、今回のiPadProは、前モデルよりキーピッチが広がっており、フルサイズキーボードを実現しているのがウリの1つとなっています。

上手のように、iPadの標準アプリ「メモ」アプリを使ってみましたが、非常に文字が打ちやすく、操作性が向上したという印象です。

思った以上に、Apple Pencilの反応が良い。

Apple Pencilは前モデルのiPad Proを、ノート代わりに使おうと考え購入しました。気軽に文字を書けるし、わざわざノートをPDFやデータ化する手間もかからないし、議事録や講習会で習ったことをメモ帳に保存しておけば、iPhoneでもMacBook Proでも閲覧することができます。

しかし思い通りには、うまくいかなかったのでした。

手書きで書いた文字が補正されてしまい、文字がちょっとずつ文字になってしまい読みにくくなってしまったのです。

そのため、iPad Proをノートのように使うというのを断念していたのです。しかし、10.5インチのiPad Proは違いました。

本当にペンで紙の上に文字を書いている感覚と変わりありませんでした。筆圧で濃淡が付いたりする点や、ペンを斜めにしたりすると鉛筆を斜めにしてこすっている感じが、ディスプレイ上で再現されるので本当に紙に書いている錯覚を起こします。

これでiPad Proをノート代わりする夢が叶いそうです。

本領を発揮するのはiOS11が登場したとき。

f:id:starline1201:20170621210741j:plain

実はiPad Proを今購入してもiOS11が2017年秋リリース予定のため、ノートPCのようなDOCKやマルチタスキングなどは、秋以降体験することになります。

iOS11最新情報

iOS11でiPadの体験が大きく変わりそう。iOS11の詳細はこちら→2017年秋まで待てない!iOS11登場でiPhoneやiPadはどう変わるのか。便利になるポイントまとめ。 - iPhone最新情報

スプリットビューはiOS10から利用できるので問題はないのですが、画面がどうしても分割されてしまうため、作業スペースが狭くなってしまうのが難点です。

ですが、搭載されたCPUの性能やグラフィック性能は、今のままでも十分に体感することができます。だから先行投資と考えてよいのではないでしょうか。

そしてiOS11がリリースされる今秋までに、Smart Keyboardの日本語配列モデルを購入すれば、アップデート後はノートPCに代わるデバイスとして活躍するでしょう。それまでに設定とか、iOS11がリリースされてもすぐに使えるように準備しておく期間としては十分ですね。

後になって欲しくなった時に「在庫がない」状況に見舞われてしまっては、身も蓋もありません。Cellular版がないということは、Wi-Fi版だって在庫がない状況になります。

ここでも先手必勝というわけです。

10.5インチiPadProのちょっと残念な点。

iPad Proを手に入れたのは先を見通した投資と、スペックアップされた性能を使ってみたいという思いが高まって、半ば衝動的に購入してしまったものでした。

でも、購入して良かったと実感できるほど優れたデバイスであることがよく分かりました。Smart Keyboardなどを揃えていくことで、ますます使いやすく魅力的なタブレットになるに違いありません。

そんなiPad Proのも少しだけ残念な点がありました。それは発売されてから時間がたっていないために、対応しているアクセサリ類が揃っていないのです。

過去の経験からハードケースを使うようにしているため、今回もハードケースを購入する予定でいました。しかし、サードパーティーでも10.5インチ用iPad Proのアクセサリ類を取り扱っているのは1社・2社程度しかないため、アクセサリ類はないというのが現状です。

加えて、Apple純正アクセサリは家電量販店にはあまり出回っていません。Apple純正アクセサリを探してみても、ハードケースのようなものは見当たりません。

アクセサリ類、いつ頃まで待てば出揃う?

家電量販店の店員の話だと、1か月ぐらいすれば出揃うとのこと。ただしこれも正確な情報ではないので、実際はいつごろになったら出揃うかは不明といったところです。

12.9インチのiPad Proについては前モデルとサイズが変わっていないため、現在販売されているアクセサリ類はそのまま利用が可能のようです。しかし、10.5インチのiPad Proについては本体が多少大きくなっているため、前モデルのケースなどは利用できません。

ハードケースを始めとしたアクセサリを揃えて、自分の使いやすいようして初めてiPadを使いこなせるというもの。アクセサリが出揃うまで待たなくてはいけない点が、ちょっと残念なところです。

まとめ:バランスが良い10.5インチiPad Pro!

f:id:starline1201:20170619223049j:plain

iOS11の登場で大きく飛躍するiPad Pro。10.5インチにしようか12.9インチにしようかと、実に悩まされました。モバイルとしての機動性を考えると10.5インチだし、ノートPCの代替となれば12.9インチという選択肢もあるわけです。

ただ、完全なノートPCにするわけではなくMicrosoftが発売しているSurfaceのようにタブレットにもなるし、ノートPCにもなるといったマルチなデバイスとして利用することを考えているので、持ち運びの利便性も考えた上で10.5インチのiPad Proを選びました。

持ち運びという点では、iPad mini4がベストかもしれませんが、スペック(仕様)や機動力まで総合的に考えると、今回の10.5インチiPadProの方が秀でているという印象です。

Apple Storeでは、同じ10.5インチ、スペースグレイ、64GBモデルであれば、数日でWi-Fi版、翌日にはCellular版も出荷できるとなります。地域によって、到着日は異なりますので、下記Apple公式サイトで到着日を検索してみてくださいね。

ちょっとでも欲しいと思った方は、在庫がある今のうちに購入するのが一番の得策かと思います。

以上「緊急入手した10.5インチiPad Proレビュー!2017年発売の新型iPadProを使ってみたら、手放せないタブレットの仲間入りとなりました。」でした。

*1

*1:※今回、家族用に二台購入したので、写真の色がバラバラです。ご了承ください。、