りんごあつめ

りんごあつめNEWSは、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Apple製品の情報をお届けするガジェット系ブログです。たまにAndroidスマホの話題も。

iPhoneの新OSであるiOS13を徹底解説!そのリリース日や新機能など、iOS13が旧バージョンとどう変わったかを項目別に解説します。

f:id:starline1201:20190708180426j:plain

2019年6月に開催されたAppleの開発者向けイベント「WWDC」で、例年通り新iOSの機能や方針が紹介されました。

次のiOSのバージョンは「iOS13」。どのような新機能や変更点が紹介されたのでしょうか。

今回は、このiOS13について、現時点で分かっている情報をご紹介したいと思います。

iOS13 基礎知識

iOS13からiPad OSが分離。

今回のWWDCで一際目立った話題の1つが、iPad OSの独立です。

これまでiPadのOSは、iPhoneやiPod touchと同じ”iOS"を名乗っていました。

しかし、次の世代からiPad用はiPadOSという名前に変わり、iOSから分離されます。

結果的に、iPhone&iPod touch用となったiOS。

といっても、iOSベースのOSであることは変わらないので、アプリもこれまで通り使い続けることが可能です。

今回同時に発表された新macOSやiPad OSについて詳しくは下記の記事にまとめてありますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

iphone-news.hatenablog.jp

iPad向けのiOSはこのところ独自機能の実装が増えていたので、ユーザーがわかりやすいよう名前だけ変更したと考えるのが自然でしょう。

iOS13の対応機種

iOS13の対応機種は、以下の通りです。

対応機種一覧:

iPhone5sとiPhone6/6Plusが対象外

今回のアップデートから、iPhone5sとiPhone6/6Plusが対象外となりました。

一度に2世代の機種がサポート外となることは珍しいですが、これは昨年のiOS12で本来サポート外となるはずだったiPhone5sを延命した為。

昨年切れなかった分、今年2世代同時に切ることで辻褄を合わせたといったところでしょう。

iOS13のリリースはいつから?

便利な新機能満載のiOS13は、開発者向けのベータ版が既に公開されています。

一般ユーザーでもインストールできるパブリックベータ版は、Appleの発表によると6月末〜7月にかけて公開予定。

気になる正式版の配信は、今秋を予定。例年通りなら、新型iPhone発表に合わせて9月中旬〜下旬にはリリースされるものと思われます。

ただし、パブリックベータ版はあくまでもバグが残っているOSなので、基本的には正式版の配信まで待った方が安全です。

実験機を持っているという方や、現在使っている端末へどうしてもβ版を入れたいという方は、上記のApple公式サイトからどうぞ。

iOS13の新機能まとめ

iOSのアップデートといえば、やはり気になるのは新機能。

そこで、ここからはWWDCで発表されたiOS13の新機能や性能アップのポイントをご紹介したいと思います。

アプリの起動が高速化

f:id:starline1201:20190708175921j:plain
iOS12でもアプリの起動速度が高速化しましたが、iOS13ではそれがさらに速くなります。

その早さ、なんと従来の最大2倍。これまで以上にサクッとアプリを起動させることが可能です。

Face IDが高速化

f:id:starline1201:20171206164017j:plain
速度が上がるのはアプリだけではありません。顔認証機能としてiPhoneX以来標準採用されているFace IDも、動作が最大30%ほど高速化します。

実際にどの程度体感できるかはわかりませんが、特にApple Payを多用する方にとっては朗報と言えるでしょう。

Siriの声が自然な発音に

f:id:starline1201:20150407031915j:plain
片言の機械っぽいしゃべり方から進化を続けるSiri (シリ)。

iOS13では、そんなSiriの声もより自然な印象となります。

片言のSiriもそれはそれで親しみをもてましたが、耳障りに感じていた方も居るはず。そんな方にとっては、良いアップデートとなることでしょう。

ただし、WWDCではどの言語まで流暢な発音に対応するのか、はっきり示されませんでした。

英語は確実に対応するでしょうが、日本語がリリース直後から対応できるかは現時点では不明です。

Siriをサードパーティアプリからも利用可能に

これまでSiriはiOSとApple製アプリへの対応が基本で、サードパーティ製アプリからは利用することが出来ませんでした。

しかし、iOS13からはこの状況が変わり、サードパーティアプリからもSiriの一部の機能が利用可能となります。

ユーザーがどの程度恩恵を受けられるかはわかりませんが、対応アプリを使っている方は、これまでよりも操作が楽になるかもしれませんね。

ダークモード対応で節電効果も?

f:id:starline1201:20190708175928j:plain
iOS13では、OSとアプリ(サードパーティ製含む)が、待望のダークモードに対応します。

ダークモードはOSやアプリの操作画面を黒やグレー基調の暗めなデザインにしたもので、macOSでは昨年発表のMojaveから先行して採用されています。

ダークモードのメリットは、まず画面のギラつきを抑えられること。

黒基調にすることで明るさが減るので、その分、目にも優しいと言われています。

また、ディスプレイにOLEDを採用したモデル(iPhoneX/XS/XS Max)では、ダークモードを多用することで、理論上は節電効果も期待出来ます。

ただし、Appleの公式コメントではバッテリーのもちについては言及されておらず、実際にはっきりとした効果があるかは未知数です。

◆ 補足:OLEDと節電効果について

iPhoneXなどで採用されているOLED(有機EL)は、わかりやすく言えば、小さな色つき電球を集めて作ったディスプレイです。

このOLEDは、光の3原色の原理を使い、複数の色の光を組み合わせることで色を表現しています。

ただし、このやり方では黒を表現することが出来ない為、黒が必要な部分は電球を消灯することで発色してるのです。勘の良い方なら、ここでピンとくるはず。

そう、ディスプレイ上で黒を使う機会が増えれば、その分ディスプレイの消費電力を抑えることが出来るのです。

ちなみに、Apple WatchのWatchFaceに黒基調の物が多いのも、実はそうした理由があるのでは?という指摘もあります。

写真アプリの強化

f:id:starline1201:20190708180017j:plain
iOS13では、iPhoneやiPod touchでの写真管理も楽になります。

現在のiOSの写真アプリは、分類機能に関してはお世辞にも使いやすいとは言えません。

実際、写真管理はあえて別アプリを使っているという方も多いのではないでしょうか?

でも、iOS13からはこの辺りの機能が強化され、少なくとも従来よりは使いやすくなります。

重複している写真の表示を抑制する機能や強化された検索機能も搭載される為、お目当ての写真も素早く探すことが可能です。

編集機能は特に色調補正周りが強化され、サードパーティアプリに頼らなくても、かなり高度な編集が出来るようになりました。

写真好きの方だけでなく、メディアの記者さんなど仕事でiPhoneのカメラを使っている方にも、かなりありがたいアップデートではないかと思います。

動画編集機能の強化

写真関係に合わせて、iOS標準の動画編集機能もより便利なものになっています。

特に一押しなのが、非破壊編集機能。その名の通り、元のファイルを壊さず編集できるので、大事なデータも気兼ねなくガンガン編集することが可能です。

結果が気に入らなければ、操作を取り消して元に戻せばOK。初心者から上級者まで、みんなに優しい便利機能です。

位置情報の扱いがより柔軟に

iPhoneでアプリを使っていると、割とよく遭遇するのが位置情報の利用許可を求める表示。

例えば地図アプリのリアルタイムナビなど、アプリによっては位置情報が必要不可欠というケースも少なくありません。

一方、アプリ開発者がその気になれば、個人宅の特定といったプライバシー侵害も出来てしまう為、ユーザー側も許可・不許可の判断をしっかりと行う必要があります。

そのような重要な部分ですから、iOS13でも当然機能強化が図られています。

位置情報の利用許可のパターンが増える

iOS12まではアプリが位置情報の利用を求めた場合、ユーザーは「常に許可する」「アプリの起動中のみ許可する」「許可しない」の3つから選ぶ事が出来ました。

つまり、一度許可してしまうと程度の違いはあれ永続的な許可になってしまい、取り消すには設定画面まで行く必要があったのです。

そこでiOS13では、新たな選択肢として「今回のみ許可する」が追加されました。これなら、毎回その都度判断することが出来ますし、あとから設定画面でOFFにする必要もありません。

位置情報の利用状況が明確に

従来、アプリがバックグラウンド(非表示状態)で位置情報を使うと、画面に小さなアイコンが出るだけで詳しい利用状況はわかりませんでした。

この辺りもiOS13では改善され、ユーザーに見える形でポップアップが出るようになります。

そこから位置情報の設定を変更することも出来るので、セキュリティ面でもより安心して使う事ができるでしょう。

各サイトのログイン認証にApple IDのアカウントを利用可能に「Sign in with Apple」(各OS共通)

f:id:starline1201:20190708180050j:plain
最近、会員制サービスを提供するサイトで増えているのが、GoogleやFacebookといったサービスのアカウントでログインする機能。

メールアドレスやパスワードを新たに登録する必要がなくなる為、便利に使っているという方も多いのではないでしょうか?

私自身、最近はよくこの機能を活用しています。

さて、今回のWWDCではこの機能のApple ID版も紹介されました。

それが、「Sign in with Apple」。

サイト側がこの機能に対応してボタンを表示すれば、GoogleやFacebook認証と同じ感覚で、Apple IDを使った認証が可能となります。

さらに面白いのは、サイト側がユーザーのメールアドレスを要求した場合、Appleがランダムにメールアドレスを生成して、それをサイト側に送信するという仕組み。

これならサービス提供者側に本来のメールアドレスを知られずに済むため、セキュリティ面でも安心です。

マップ機能を強化〜ストリートビュー表示も可能に〜

f:id:starline1201:20190708180250j:plain
かつて、パチンコガンダム駅など数々の珍プレーを生んだ「AppleMaps」。

最近では地図情報もかなり精度が上がり、Google Mapsの代わりに使っているという方も珍しくなくなりました。

そんなマップもiOS13で更に強化されます。一番の目玉は、「Look Around」機能。

Google Mapsでいうところのストリートビューに当たるもので、WWDCの基調講演を見た限りでは、現行のGoogleストリートビューよりも滑らかに操作することが出来るようです。

これまで、この分野はGoogleの独壇場でしたが、それも少しずつ変わっていくのかもしれませんね。

なお、地図機能については地域により対応状況が異なり、日本がどの程度まで対応するかは未定です。

王者Googleでさえ完璧とは言いがたい状態なので、Appleがそれに追いつくにはもう少し時間が必要と見るのが妥当でしょう。

外部ストレージに正式対応

f:id:starline1201:20190701174635j:plain
従来、iPhoneは専用の外付けストレージ以外は非対応で、データのやり取りをする端末としては少々使いづらい状況にありました。

しかし、iOS13ではこの状況も大きく変化。標準のファイルアプリから、iPhoneに接続された外付けストレージにアクセスできるようになります。

対応フォーマットは、FAT32・ExFAT・HSF+・APFSの4種類。

残念ながらWindows標準のNTFSには非対応です。

なお、Lightning規格はUSBと比べ電源供給能力が弱い為、消費電力の大きなドライブは、iPhoneやiPod touch単体では駆動できない可能性があります。

それでも、これまでと比べ格段にデータ共有がしやすくなったことは事実ですし、特に仕事使っている方はメリットが大きいのではないでしょうか?

オフラインのiPhoneも探しやすくなる「Find My」

iOS13では、従来「iPhoneを探す」と「友達を探す」に分かれていたアプリが統合され、「Find My」という新しいアプリになります。

また、これに合わせてiPhoneを探す機能も強化されます。

進化した「iPhoneを探す」機能

従来の「iPhoneを探す」では、端末が最後にオンライン状態だった場所までしか追跡することが出来ませんでした。

よって、紛失した場所が電波の通じないエリアだと、親切な人が拾って警察などへ届けてくれない限り、ほぼお手上げだった訳です。

そこで新しいシステムでは、近くにあるiOSデバイス同士をBluetoothで自動接続し、誰かの端末が紛失状態の端末を検知すると、自動でその位置情報をiCloudサーバーへ送信する機能が追加されました。

これならBluetoothさえONになっていれば良いので、電波の通じにくい場所で紛失しても、(近くをiPhoneユーザーが通過すれば)かなりの精度で探し出すことが可能です。

もちろん、プライバシーとセキュリティもばっちり。

自分のiPhoneが誰かの紛失したiPhoneを検知しても、そのことは全く通知されない為、機能を悪用して他人のiPhoneを盗む事も不可能です。

iPhoneは中古でも決して安くない物なので、紛失対策が強化されるのはユーザーとしても嬉しいですね。

まとめ:iPhoneの買い替え時期はいつがオススメ?

f:id:starline1201:20190708180515j:plain
今回は「iOS13で何が変わった?気になるポイントを徹底紹介」と題して、WWDC19で発表されたiOS13についてご紹介しました。

正式版の配信まではあと3ヶ月ほど。当サイトでは今後も新しい情報が入り次第ご紹介していきますので、どうぞお楽しみに。

iPhoneの買い替えについて

ちなみに、iOS 13の配信とあわせて知っておきたいのが、iPhoneの買い替え時期について。

通常、新しいiOSの正式バージョンが配信される時期は、新型iPhoneの発売とセットとなっています。

一番最初の方でも話しましたが、iOS 13からはiPhone6/iPhone6 Plusのサポートがなくなります。このように、新しいOSが発表されると、古いiPhoneのサポートが切られることがあるので、買い替えを検討しているなら、出来るだけ新しいiPhoneを購入するのがオススメです。

iOSの話は難しいと避けがちな話題ですが、iPhoneの買い替えを検討している方は、頭の片隅に置いておいてくださいね。

以上、「iPhoneの新OSであるiOS13を徹底解説!そのリリース日や新機能など、iOS13が旧バージョンとどう変わったかを項目別に解説します。」でした。*1

*1:写真:Apple