りんごあつめ

りんごあつめは、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Apple製品の情報をお届けするガジェット系ブログです。たまにAndroidスマホの話題も。

Apple、WWDC2018直前速報!新MacやiOSデバイスは発表されるのか、WWDC2018の内容を予想してみた。

f:id:starline1201:20180531135106p:plain

いよいよ開催が間近に迫ってきたWWDC18。

Appleが開発者向けに開催しているこちらのイベントで、今年は果たして何が発表されるのか?最新情報をお伝えします。

はじめに:WWDCってなに?

WWDCは日本語では世界開発者会議と呼ばれており、Appleが年に一度開催するApple製品関連のハードウェア・ソフトウェアを開発する人へ向けたイベントです。

開催時期が明確に定められている訳ではありませんが、ここ数年は毎年6月頃に行われるのが定例となっており、初日の基調講演(キーノート)の内容は、全世界へ向けて生配信されています。

さて、基調講演という言葉を見ただけだと、多くの方は「誰か有名なゲストの講演だろう」と思ってしまうかもしれませんが、Appleのイベントに関してはちょっと違います。

WWDCの基調講演では、「iOS」「macOS」「tvOS」「watchOS」などの新しいOSやその機能、また新しく発売されたり現在開発中の製品について話されることが多いのです。

これが、本来開発者でも何でもないはずのメディアが、WWDCという開発者向けイベントに注目する理由の1つです。

それでは、そんなWWDC18ではどのような発表が予測されているのか、最新情報を基にご紹介しましょう。

Mac

まずはMacについて見ていきます。

デスクトップはMac ProとMac miniを発表するのが先決

デスクトップ型のMacは、昨年約2年ぶりにiMacがアップデートされると共に、よりハイエンドなiMac Proも登場しました。

特に21inchのiMacは、従来よりも性能が大幅に向上し、コストパフォーマンスも良くなった為、早速買い換えたという方も多いでのではないでしょうか?

とはいえ、昨年のアップデート内容がかなり充実していた為、今年のWWDCではiMacおよびiMac Proのアップデートは期待できないと考えるのが妥当です。あるとしても、ストレージやRAM容量の見直し程度でしょう。

また、iMac以外のデスクトップ型Macは、Mac miniが約4年、Mac Proに至っては約5年もアップデートされていない為、iMacよりもそちらの方が優先順位が高いことは言うまでもありません。

Mac ProもMac miniも、過去のApple側の発言から新機種の開発やその検討が進められていることがわかっている為、今回のWWDCではそちらがメインとなる可能性が高いでしょう。

MacBook Proはマイナーアップデートの可能性が高い

MacBook Proは、2016年のフルモデルチェンジ以降、あまり大きなアップデートは行われていません。

となると、大型アップデートを期待したいところではありますが、今回Mac ProやMac miniに関する発表を優先すると仮定した場合、MacBook Proは手が入らないか、昨年同様のマイナーアップデートに留まる可能性が高いと考えられます。

新型MacBook Proについては、正直あまり期待はしない方が良いでしょう。

ただ、現行のMacBook ProはRAMの最大搭載量が16GBに制限されている為、Windowsの超高性能ラップトップ機(いわゆるゲーミングラップトップ)に対して性能的な不利が否めない状態です。

高品質動画のエンコード作業を行う場合、RAMの搭載量も生産性を大きく左右するポイントの1つなので、ここだけでも改善してくれると良いのですが、現状そうした噂は出てきていません。

MacBookとMacBook Airは何らかの発表があるかも

3月のiPad発表イベントの際、一緒に発表されると思われていたデバイスの1つが、新しいMacBookです。こちらは、Web上の噂情報によると、13inchの新たな設計の物になるとのこと。

13inchのディスプレイを搭載したラップトップ型Macは、現行ではMacBook ProとMacBook Airがありますが、こちらは価格の噂情報などから、どうも後者の置き換えモデルになるようです。

ただ、仮にこれが発売されるとなると、現行のMacBook(12inch)は微妙な立ち位置となります。

現状のMacBook Airも、教育現場などへの低価格大量導入用としてラインナップに残っている節がある為、売り手としても本来ならMacBookと統一してしまいたいところ。

それを考慮すると、恐らく新しい13inchのラップトップ型Macは、現行のMacBookとMacBook Airを統一して置き換える為のモデルになると言えるでしょう。

iPhone

iPhoneについては、新しいiOS12についての発表はあるものの、ハードウェアについては今回は発表はなさそうです。

フラグシップ機については、例年通り秋の発表会での披露が濃厚ですし、iPhoneSEの後継機についても最新の噂情報では秋以降に時期をずらしての発売になる模様。

iPhoneについては、もう数ヶ月待つ必要がありそうです。

いますぐ買い替えが必要という方は、iPhoneXやiPhone8、iPhoneSEの購入を検討したほうが良いかもしれません。

iPad

最後に、iPadについて見ていきましょう。

無印iPadは変更なし

廉価版のいわゆる無印iPadについては、3月に新型が発表されたばかりなので、今回発表はないでしょう。

Face ID採用の可能性は五分五分

iPad Proについては、かねてからの噂で、いよいよFace IDが採用されるのではという声もありますが、現状はっきりとした情報はまだありません。

ただ、現状Face IDは1デバイスにつき1人しか登録できない為、家族でシェアするような使い方がされることも多いiPadに採用されるのかは、微妙なところ。

また、Face IDを採用するということは、画面解像度が変わるということでもあります。

そうなると、2年間変化のなかった12inchモデルはともかく、10.5inchモデルに至っては僅か1年間で解像度を変更していることに……。

これは、アプリ開発者にとっては手間を増やすことに繋がるので、Appleがどう判断するかは要チェックポイント。

ただ、一度Face IDを採用してしまえば、当面画面サイズや解像度の変更はないでしょうから、長期的に見れば良いタイミングになるかもしれません。

CPUはA11Xにバージョンアップがほぼ確実

基本的に、iPad Proは前年に発表されたフラグシップiPhoneのCPUをベースに、グラフィックを強化したXシリーズを搭載しています。

現在売られているiPad Pro2017年モデルでは、2016年発売のiPhone7のA10プロセッサを改良したA10Xを採用。

この流れで行けば、今年発表のiPad ProではA11プロセッサを改良したA11Xが採用される可能性は、かなり高いと言えるのではないでしょうか?

A11は機械学習へ利用することを前提に設計されているプロセッサでもあるので、今後、AIなどが普及してくると、iPad Pro2018年モデルとそれ以前のモデルの間に決定的な差が生まれる可能性も否定出来ません。

特にiPadはiPhoneより長く使うという方も多いでしょうから、これから購入される予定の方は、WWDCでの発表を待ってから判断しても遅くはないでしょう。

まとめ:想定外の発表に期待!

今回は「WWDC2018直前速報〜結局新しいMacやiOSデバイスは発表されるのか」と題して、直前に迫ったWWDCで新型デバイスが発表されるのか、分野別に予測してみました。

iPhoneSEの後継機が発表される可能性が低いのが個人的には残念ですが、MacBook関連の動きがありそうで期待大です。

WWDC2018の開催日時は?

ちなみに、WWDC2018の開催日時は、日本時間の2018年6月5日午前2時です。非常に眠い時間ではありますが、ライブ放送がありそうなので、しっかり起きていようと思っています。

予測がどこまで当たるかはわかりませんが、私達をワクワクさせるようなデバイスが登場してくれると良いですね。

以上、「Apple、WWDC2018直前速報!新MacやiOSデバイスは発表されるのか、WWDC2018の内容を予想してみた。」でした。