りんごあつめ

りんごあつめNEWSは、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Apple製品の情報をお届けするガジェット系ブログです。たまにAndroidスマホの話題も。

iPad OSって何?iPad OSで出来るようになった事や新機能の詳細、iPad OS対応機種をまとめてみました。

f:id:starline1201:20190630175526j:plain
2019年のWWDCでは、iOS13に加え、新たにiPad専用のiPad OSが発表されました。

これまでiPhoneやiPod touchと共通のiOSを採用していたiPadですが、ここにきて名称を独立させた事は、どういった意味があるのでしょうか?

今回はiPad OSの概要の紹介と、そうした素朴な疑問について触れたいと思います。

iPad OSとは?

iPad OSとは、iPad(タブレット)に搭載される、iOSを基盤としたiPad専用OSのこと。

名称通りといえばその通りで、万人にわかりやすい名称に感心するほど。

名称がガラリと変わり、iPad専用となったからには、内容も大きく変わっているのだろうと思って見てみると、意外な事実にぶち当たります。

iPad OS、名称変更も基本は同じ

iPadではこれまで一環してiPhoneと共通のOSが使われており、名称が独立するのは今回が初めてのことです。

といっても、実際の所は呼び方が変わっただけで、OSの根幹となる部分はiOSそのもの。その為、iOSアプリも今までと変わらず使い続けることができます。

名称変更の理由についてAppleは特にコメントしていませんが、今回のバージョンアップでiPad向けの機能がさらに増えた為、このままiPhoneと同じiOSを名乗り続けるのも少々無理があったことも事実です。

ユーザー向けの案内のしやすさも考えると、Apple内部で呼び方を変えた方が良いという判断があったのかもしれません。

iPad OS概要

名称 iPad OS
初リリース時期 2019年秋(予定)
OSの系統 iOS
対応iPad 12.9インチiPad Pro
11インチiPad Pro
10.5インチiPad Pro
9.7インチiPad Pro
iPad(第6世代)
iPad(第5世代)
iPad mini(第5世代)
iPad mini 4
iPad Air(第3世代)
iPad Air 2

iPadOSの公式サイトには、

iPadOSは、iPadならではの体験を表す新しい名前を冠したパワフルなオペレーティングシステムです。iPadOSはiOSと同じ基盤をもとに構築されていますが、iPadならではの大きなディスプレイと汎用性を生かしたパワフルな新機能や直感的な機能が追加されています。


新しいiPadOSがiPadのために設計された独自の体験を実現 - Apple (日本)

と記載がある通り、iOSを基盤として作られたiPad OS。どのような点が大きく変わったのでしょうか。

iPad OSで新しく出来るようになった事は数多くあるのですが、その中でも注目されている機能をご紹介しましょう。

気になるiPad OSの新機能:

このように、実態はiPad向けのiOS13という位置づけのiPad OSですが、名称変更に合わせて新たな機能もたくさん搭載されています。

今回は、その中から特に気になるものをピックアップしていきたいと思います。

外部ストレージへの対応

f:id:starline1201:20190701174635j:plain
外部ストレージ利用可能になり、iPadの使い心地は格段にUP。
iOS13とも共通する部分ですが、iPad OSでもLightningやUSB-C端子経由で外部ストレージを利用できるようになります。

対応するのはFAT32・ExFAT・HSF+・APFSの4フォーマットで、これはMacの対応フォーマットと共通です。

Windows標準のNTFSこそ非対応となっていますが、それ以外の主要なフォーマットは殆どカバーしているので、他のOS間のやり取りも困る事はあまりないでしょう。

ハードウェアとしては、外付けのUSBメモリやSSDなどが対応しています。

必要に応じて各種変換ケーブルなどを間に挟むかたちにはなりますが、全くの非対応だったこれまでを考えれば、格段の進歩といえるかと思います。

ちなみに、iPad上ではファイルアプリを使ってデータの移動やコピーが出来るので、MacやPCと殆ど変わらない使い方が可能です。

ただし、特にLightning端子の場合、仕様上外部ストレージに供給できる電力が少ないので、消費電力の多いデバイスを繋ぐと上手く動作しない可能性があります。

この辺りの事情も考慮すると、USBメモリを繋げてデータのやり取りをするくらいのライトな使い方が現実的なところかもしれません。

Appleとしても、ハードな使い方をするなら素直にMacを使ってくださいということなのでしょう。

ホーム画面にウィジェットを置けるように

f:id:starline1201:20190630175508j:plain
Androidでおなじみのウィジェットが登場
これまでのiOSでは、ディスプレイの大きさを問わずホーム画面の仕様はほぼ同じ。手のひらサイズのiPhoneなら兎も角、iPad、特に12.9inchのiPad Proでは少々間延びした感じが否めませんでした。

しかし、iPad OSではこの状況が変わり、ホーム画面にウィジェットを置けるようになります。

これなら、iPadの広いホーム画面を有効活用できますし、いちいち通知センターを呼び出す必要もありません。

Androidではかなり前から対応していた機能ですが、iPadのみとはいえ、やっとiOS系統でも使えるようになったことは嬉しい限り。

iPhoneでも採用して欲しいのですが、Appleさん、どうでしょうか?

フローティングキーボード

f:id:starline1201:20190630175444j:plain
検索など文字入力が断然見やすく快適に。
今回特に目立った機能の1つが、フローティング仕様のミニキーボードです。

簡単に言ってしまうと、キーボードのサイズをコンパクトにして、画面上の好きな位置に置けるようになるというもの。

従来のソフトウェアキーボードは、起動するだけで画面の半分近い面積を専有してしまう為、フリック入力など片手で十分な入力方法では、かえって使いづらいという欠点がありました。

それを解決する為に登場したのが、今回のミニキーボードという訳です。

ちなみに、サイズ縮小と表示位置が自由になったことで、他のアプリの視認性を下げにくいという新たなメリットも出てきました。

Wordのようなワープロアプリで入力する際も、従来のようにキーボードのせいで書類の全体像が掴みにくいなんて事はありません。

長文入力には向きませんが、そちらは従来サイズのキーボードか外付けのハードウェアキーボードを使えば良いので、あまり問題にはならないでしょう。

マウスやMagic Trackpadへの対応

f:id:starline1201:20190701175134j:plain
BluetoothマウスがiPadで使えるように。
ライバルのAndroidは以前からマウスに対応していましたが、iOSではずっと採用が見送られてきました。

「iPadがマウスに対応したら便利なのに……」

そう感じていた方も少なくないはず。でも、今回のiPad OSからは満を持してマウス対応が始まりました。

対応デバイスはBluetoothマウスとMagic Trackpad。既にこれらのデバイスをお持ちの方は、ペアリング先をiPadに変えることで簡単に使う事が可能です。

ただし、この機能はアクセシビリティの一部として提供される為、マウスポインタのサイズや形状なども、当然ですがアクセシビリティ用に最適化されています。

機能自体は誰でも利用できますが、あくまでもアクセシビリティの一環であり、PCのマウスとは意味合いが異なる点は覚えておいた方が良いでしょう。

ApplePencilの反応速度が更に向上

f:id:starline1201:20190630175526j:plain
ApplePencilがより書きやすく。
登場以来、使い心地の良い高性能ペンデバイスとして、iPadの良き相棒となっているApplePencil。

今回のiPad OSでは、このApplePencilの反応速度がさらに向上しました。

従来の反応速度(20ミリ秒)でもかなり早かったのですが、今回のアップデートで何と9ミリ秒まで反応が高速化し、よりアナログのペンに近い感覚となりました。

初代モデルの登場から4年経ってもまだ性能が上がるというのは、他のハードウェアではなかなかない事です。

手書き入力やイラスト作成などApplePencilを多用されている方にとっては、小さいながらも嬉しいアップデートではないでしょうか?

ダークモード対応

f:id:starline1201:20190630175518j:plain
ダークモードで作業効率が上がる人もいるだろう。
iOS13では画面表示が黒系のカラーリングになるダークモードが追加されましたが、こちらはiPad OSでも共通です。

これまでのiPadは白基調の明るいデザインとなっていましたが、今後は好みや使用状況に合わせてOSレベルで切り替えることができるようになります。

「白基調のカラーは目が疲れるから苦手」という方には、なかなかありがたい変更ではないでしょうか?

ただし、iPadの現行モデルにはOLED採用モデルがないため、iPhoneで期待されているような(ダークモード由来の)節電効果はあまり期待出来ないと思われます。

とはいえ、デバイスによってメニューの色合いが異なるのは案外気になるものですから、それを統一できるようになるのは決して悪いことではないでしょう。

よりFinderに近づいた「ファイル」アプリ

f:id:starline1201:20190630175539j:plain
ファイルのプレビュー表示も可能に。
iPad上でファイルを管理するのに役立つのが、そのものズバリの「ファイル」アプリです。

今回のアップデートでは「ファイル」アプリにも当然手が入り、フォルダの階層構造を表示できるスタイルが追加されました。

iPad OS上ではそこまで階層構造を深くすることもないかもしれませんが、外付けストレージを接続するとなると話は別。今回のアップデートは、この辺りを意識したものと思われます。

また、MacのFinderのようにファイルのプレビュー表示も出来るようになる為、簡単なチェック作業ならいちいち個別のアプリを立ち上げなくても大丈夫です。

人によっては、この辺りも生産性アップに繋がるのではないでしょうか?

同じアプリを2画面で表示できるように

f:id:starline1201:20190630175545j:plain
これまでのiOSでも2つのアプリを1つの画面に表示する機能はありましたが、MacやPCのように同じアプリを複数起動することは、一部を除いて出来ませんでした。

今回のアップデートではこの辺りも改善され、従来複数起動に非対応だったアプリも、2つ同時に起動できるようになります。

WWDCのデモではメモアプリを2つ同時に起動させていましたが、このように同じアプリで複数のファイルを見比べながら作業をする事も、iPadで簡単に出来るようになるのです。

MacやPCでは当たり前に出来ていたことが出来るようになるので、これを機にiPadへ移行するMac/PCユーザーも増えていくと思われます。
ただ、個人的には9.7inchまでのiPadだと、画面が狭くてあまり有効活用できないかなという気も……。この機能を有効活用するなら、10.5inch以上のiPadを使った方が良いかもしれませんね。

コピー&ペースト系の作業がジェスチャーに対応

これまでのiOSでは、テキストのコピー&ペーストは範囲指定+メニュー選択という方法を採っていました。

MacやPCでいうところの右クリックのようなものですね。

これ自体はiPadOSも変わりませんが、新たにジェスチャー機能を追加し、指の動きでコピー&ペースト系の作業が出来るようになりました。

iPadであまりテキスト入力をしない方には関係ないかもしれませんが、長文を入力するという方、特にMacやPCでこうしたジェスチャー操作を取り入れている方なら便利さは理解しやすいはず。

いちいちメニューを選択する手間が省けるので、慣れれば生産性大幅アップも夢ではありません。

iPadで文書作成や各種執筆作業をされている方は、覚えておくと良い機能だと思います。

SafariのWebサイト表示がMacと共通に

現行のiPadでは、SafariでWebサイトを表示するとモバイルよりにデフォルメされることが殆どでした。

iPhoneの場合はこちらの方が使いやすいのですが、画面の大きなiPadではかえって使いづらさを招いていた事も事実。

そうした声を受けてか、iPad OSのSafariではMac版Safariと同じく、デフォルトでPC向けサイトが表示されるように変更されることになりました。

OSが異なるため、実際にどの程度の互換性が保たれるのか(例えばJavaScriptを全く同じように利用出来るのか等)不明な点も多いですが、改善へ向け一歩前進したことは評価して良いのではないでしょうか。

iPad OS対応 iPad 一覧:

f:id:starline1201:20181203125819j:plain
iPad OS対応機種かどうか確認を。
iPad OSの対応機種は以下の通りです。

iPadOS(iOS13世代)の対応機種

  • iPad……iPad(第5世代)以降
  • iPad Air……iPad Air2以降
  • iPad mini……iPad mini4以降
  • iPad Pro……全モデル

通常、iOS系はCPUの世代で対応可否が分かれることが多いのですが、今回はA8及びA8Xプロセッサを搭載したiPad mini4とAir2が生き残った一方、同世代CPUのiPhone6/6PlusはiOS13のサポートから外れています。

iPad mini4/iPad Air2はなぜ対応機種なのか

このあたりの理由はあくまで私個人の推測ですが、考えられるのは法人や教育機関向け需要の問題。

iPad mini4とAir2は、後継の2019年モデルが登場する直前まで安価な業務用端末として積極的な販売が行われていました。

例えばJR九州では、運転士向けの端末として2018年にiPad mini4を導入しています。

導入から1年足らずでサポート切れという状況は、個人ユーザーでも問題になりますが、相手が大量導入してくれた法人であれば尚更です。

下手をすれば、企業としての信用を失い、今後Appleデバイスを導入してくれなくなってしまうかもしれません。

そうしたリスクも考慮して、今回はiPadのみA8世代もサポートに加えたのではないでしょうか。

まとめ:

f:id:starline1201:20190630175458j:plain
iPad OSでノートPC不要論の再燃なるか?
今回は「話題の新OS:iPad OSって何?」と題して、WWDC19で発表されたiPadOSの新機能を中心にご紹介しました。

スペースの都合から今回は割愛しましたが、iPadOSにはほかにも多くの新機能が搭載され、新たなOSにふさわしい装いとなっています。

Apple Beta Software Programに参加してみよう

正式版の公開は今年秋の予定ですが、対応機種をお持ちの方は是非Apple Beta Software Programに参加してみてくださいね。

ちなみに、当サイトでは同時発表されたiOS13やmacOS Catalinaの情報もご紹介していますので、こちらも是非どうぞ。

以上、「iPad OSって何?iPad OSで出来るようになった事や新機能の詳細、iPad OS対応機種をまとめてみました。」でした。*1

*1:写真:Apple