iPhone最新情報

iPhone SE/iPhone 7 ・7 Plus / MacBook Air / MacBook / MacBook Pro /iMac/iPad mini / iPad Pro/Apple WatchなどAppleの最新情報をお届けするITメディアです。

初心者にオススメの「アクションカム」まとめ!話題のGoProやソニー製アクションカムで夏休みを撮りこなせ!

YDXJ0646

季節はもう夏!今年も山に海にアウトドアへ出かけるという方も多いと思います。

旅行先で夏を満喫している様子を撮影したい方にオススメの、入門編「アクションカム」をご紹介します。

アクションカムって何?

GoPro HERO3

アクションカムとは、スポーツやアウトドアなど、激しい動きや過酷な環境での撮影に特化した、小型ビデオカメラの俗称です。

サイズは様々ですが、主流はスマホよりちょっと小さいくらい。ちょっと頼りなくも見えますが、実はとてつもなくタフで便利なカメラなのです。

多くの製品は防水対応だったり、防水ケースが売られていたりするので、手持ちで海に潜りながら撮影したり、ヘルメットに取り付けてバイクの走行動画を撮ったりすることも可能です。

すごい人だと、スカイダイビングの撮影に使っているという方も居ます。それくらいタフなカメラが、「アクションカメラ」なのです。

アクションカムの特徴その1:広角撮影

アクションカムの特徴の1つ目は、他のカメラよりも広角で撮影できること。

iPhoneやスマートフォンでは専用の広角レンズを使わないと撮影できないような画角も、アクションカムならデフォルトで撮影できるケースが殆どです。こうした仕様はスポーツやアウトドア、街撮りで特に威力を発揮します。

また、自撮りにも向いているので、最近流行りのセルフィー用カメラとしてもおすすめです。

アクションカムの特徴その2:タフさ

アクションカムの多くは、本体が防水対応しているか、専用の防水ケースが用意されています。

これらを使うことで、通常のカメラでは難しい悪天候や水中での撮影も出来るようになるのが、アクションカムの特徴2つ目。

ちなみに、そのタフさはかなりのもので、YouTubeで動画検索をすると、カヌーで川下りしながら撮影したり、海中に潜って魚を撮影したりといった動画がたくさんヒットします。

中には、スカイダイビングをしながら撮影した映像なんかもあるので、興味のある方は是非検索してみてください。

おすすめアクションカム紹介

GoPro HERO5 Session-6.jpg

一言でアクションカムといっても、製品は様々。初めてアクションカムという存在を知ったという方には、どのアクションカムを購入すべきか分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、初心者の方におすすめのモデルを2つご紹介します。

GoPro HERO5

GoPro HERO5 Session-3.jpg

メーカー GoPro
購入先 Amazon:

GoProは、アクションカメラの代表的な存在で、言うならばアクションカメラ界のiPhoneのような製品です。

2005年の初代モデル発売以降、順次バージョンアップを繰り返し、現在は最新のHERO5シリーズが発売されています。

HERO5シリーズの特徴は、以下の通り。

強力な電子手ぶれ補正機能を搭載。

電子式ながら手ぶれ補正機能が搭載されたので、さらに見やすい動画を撮影可能です。

本体が防水対応

従来のGoProは防水非対応だった為、悪天候や水中撮影時は専用の防水ケースが必要でした。

しかし、このHERO5シリーズからは本体が防水対応しているので、別途ケースを用意する必要はなくなりました。

Periscopeの外部カメラとして使える。

Twitterを使ったライブ配信アプリ「Periscope」。

Periscope

Periscope

  • Twitter, Inc.
  • ソーシャルネットワーキング
  • 無料


このサービスのiPhoneアプリでライブ中継を行う際、GoPro HERO5を外部カメラとして使うことが可能です(記事執筆時点)。

GoProとPeriscopeの組み合わせで、ライブ配信の幅がさらに拡がります!

対応周辺機器が多い。

GoProシリーズは事実上のデファクトスタンダードなので、サードパーティーから三脚やジンバルなど、対応製品が多く発売されています。

その点でも、初心者の最初の1台としておすすめです。

SONY HDR-AS300


メーカー SONY
購入先 Amazon:

続いては、日本の代表的な家電メーカー、SONYのアクションカムのご紹介です。特徴は3つ。

1:空間光学手ぶれ補正機能搭載

SONY製のビデオカメラに搭載されている強力な手ぶれ補正機能「空間光学手ぶれ補正」を、アクションカム用に設計し直して搭載。

一般に電子手ぶれ補正より光学手ぶれ補正の方が、より見やすい動画を撮影可能となるので、ジンバルなどの補助機器なしにブレの少ない動画を撮影したいという方におすすめです。

2:防滴対応+防水ケース付属

本体は防滴対応なので、水しぶきがかかる程度なら問題なく使用できます。また、専用の防水ケースが付属しているので、水中撮影などをしたい場合も安心です。

3:腕時計型リモコンも使える

AS300には腕時計型の専用リモコン付属のモデルがあり、こちらを活用すると撮影関連の操作を本体に触らずに行うことが可能です。

スマホを使わなくても外部からリモコン操作できるのは、結構便利ですよ。

まとめ:この夏、アクションカムでアウトドアを楽しもう!

DCIM\103GOPRO

今回は「夏休みを撮りこなせ!話題のアクションカムでアウトドアをもっと楽しもう」と題して、最近話題のアクションカムについて簡単にご紹介しました。

iPhoneやスマートフォンのカメラは確かにお手軽ですが、あまりハードな状況で使うのは考えもの。

iPhone7でさえ、厳密には完全防水ではないので、注意が必要です。

iPhone7は完全防水じゃないって知ってた?耐水と防水の違いに注意してiPhone7を使おう! - iPhone最新情報

そんなときは、是非アクションカムを活用してみてくださいね。

以上「初心者にオススメの「アクションカム」まとめ!話題のGoProやソニー製アクションカムで夏休みを撮りこなせ!」でした。