iPhone最新情報

iPhone最新情報は、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Appleの最新情報をお届けするITメディアです。iPhone8予約に関する最新情報を中心に配信中。

Android OSのシェアが凄いことに!全世界にみるOSシェア比較が面白い。

http://www.flickr.com/photos/43088195@N03/6108515729
photo by Leticia Chamorro

GoogleのOSであるAndroid。そのAndroidを搭載するスマートフォンの出荷台数が、2014年に全世界で10億台を超えたと、Strategy Analyticsが1月29日に公表しました。

3大OSはAndroid、Apple iOS、Microsoft

http://www.flickr.com/photos/39558803@N00/7755469546
photo by Carlos Varela

OSとは、

全てのアプリケーション・ソフトウェア(「応用ソフトウェア」)の“ベースとなる”ソフトウェアのこと*1

であり、スマートフォンに搭載されているOSには主に3つあります。

  1. Android
  2. Apple iOS
  3. Microsoft

の3つです。

そのOSの世界スマートフォン出荷ランキングを見てみると、面白い結果に。

順位 OS 2013年シェア(%) 2014年シェア(%)
1 Android 78.9 81.2
2 Apple iOS 15.5 15.0
3 Microsoft 3.6 3.0
4 その他 2.0 0.7

日本でこれだけiPhoneが在庫切れになる程の売れ行きにも関わらず、2014年も全世界でAndroid OSが圧倒的に1位!

どうして、こんなにAndroid OSが強いのでしょうか?

中国やインドネシアなどで安価な端末が人気に。

http://www.flickr.com/photos/14311668@N00/12873370343
photo by AnthroTom

その理由は、新興国におけるAndroid端末の価格にあるようです。

Strategy Analyticsによると、中国やインドネシアなどの新興国市場での需要の高まりがこの成長に大きく貢献したという。主に中国で廉価なAndroid端末を販売している中国Xiaomiは昨年躍進し、中国市場ではシェアトップになった。*2

日本では、Android端末とiPhoneの2年間での費用を比較すると、iPhoneの方がかなりお得にゲットできる様なプラン設定になっています。*3

そのため、日本でのiOSのシェアが高いのですが、新興国ではその現象が逆転しているために、Android OSが圧倒的な人気を誇っているということのようです。

日本ではiPhoneの優遇が続いているので、iPhoneのシェアが一気に落ちることは考えにくいですが、料金プランやキャッシュバックの見直すとなると、Androidが日本のOSシェア1位になる日が来るのかもしれません。

安く、便利に使えるスマートフォンの購入を。

http://www.flickr.com/photos/74275292@N04/6696668543
photo by PTICA10

ただ、私たち消費者にとっては、正直シェアがどうかなんて関係ないっちゃ関係ないんですよね。

便利で使いやすい端末を、安く手に入れられるのが1番なわけです。

以前は正直好きではなかったAndroidのニュルニュル動く感じも、最近はかなり改善されてきています。

なので、消費者としては、iPhoneとAndroidの端末で良いなと思われる端末の重要スペックを比較したあとは、2年間の総費用で安い方を取るというのが一番妥当な購入方法なのでは?と思っています。

なかなか高価な買い物になるスマートフォン。お得に自分に合ったスペックのものを見つけてみてくださいね。