りんごあつめ

りんごあつめは、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Apple製品の情報をお届けするガジェット系ブログです。たまにAndroidスマホの話題も。

アンカー、Alexa対応AI搭載スマートスピーカー「Eufy Genie」を発売へ。ユーフィ ジーニーでは何ができるのか?

f:id:starline1201:20171124122055j:plain

モバイルバッテリーなどでお馴染みのメーカーAnker(アンカー)。元Google社員が始めたこの企業の家電ブランドが「Eufy」です。

加湿器や掃除機がこれまでに発表されてきましたが、遂に今回、スマートスピーカー「Eufy Genie(読み方:ユーフィ ジーニー)」の発売時期が発表されました。

これは私たちの生活をどのように変化させてくれるのでしょうか。価格や性能について調べてみました。

年内にAmazon Alexa対応スピーカーを発売

アンカー・ジャパンのプレスリリースによると、同社は2017年内にAmazon Alexaに対応したスマートスピーカーを発売するとのこと。

価格は4,980円で、商品名は「Eufy Genie」。丸形のコンパクトなスマートスピーカーです。

同価格帯の製品としては、同じAlexaを採用したAmazon Echo dotやGoogleアシスタントを搭載したGoogle Home miniがあり、登場当初から熾烈な競争にさらされそうな雰囲気です。

Amazon Echo Dot (Newモデル)、ブラック

Amazon Echo Dot (Newモデル)、ブラック

割引セール等がない場合、Echo dotより1,000円安価になるので、Alexa搭載のスマートスピーカー入門機としてはお手頃かもしれませんね。

性能はまだ未知数

f:id:starline1201:20171124122107j:plain
上記のように部屋の対象家電を音声で操作できるスマートスピーカーは、スピーカーとしての能力(音声の出力)だけでなく、人の声を聴き取るマイク性能が重要です。

iPhoneのSiriの場合は比較的iPhoneに近い位置で話しかけることが多いと思いますが、スマートスピーカーとなると、必ずしもスピーカーの近くに話者が居るとは限りません。

同じ部屋の中でも、数メートル先に居たり、TVの音が鳴っている中でスピーカーに話しかける場面も想定されます。

そういった状態で、いかに高精度に指示を聴き取れるかが、ストレスなくスマートスピーカーを使えるかどうかの境界線。

その点では、現状では実機によるレビュー情報がないため、実際の所どの程度の使い勝手なのかはわかりません。

もっとも、現状でもAmazon Echoシリーズは購入可能になるまで最大で数週間かかる見込みなので、急がないのなら、もう少し待ってEchoシリーズとこのAnkerのスマートスピーカーを比べてから購入するのもアリかもしれませんよ。

「Eufy Genie」で何ができるのか?

ちなみに、「Eufy Genie」を使うことで、何ができるようになるのでしょうか。プレスリリースによると、

  • Amazon Music等からお気に入りの音楽を再生
  • ニュースやスケジュールの読み上げ
  • タイマーやアラームのセット
  • スマート家電の操作

ができるとのこと。

2018年以降には、Eufyシリーズの一環として、Amazon Alexaに対応したスマート家電の発表も計画中とのことなので、Eufyシリーズで揃えるという選択肢も今後は期待できそうですね。

ちなみに、 Google Homeなどのスマートスピーカーで、どのように生活が変わるのかを下記の記事にまとめました。

買ってみたいけど、どんな風に生活が変わるのか分からないという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

一方、Appleの「Home Pod」は…

f:id:starline1201:20171124122936j:plain
Appleのスマートスピーカー「Home Pod」の性能はいかに…

Appleも当初年内にスマートスピーカー「Home Pod」を発売する予定でした。しかし、こちらも発売が来年に延期されてしまいました。

こちらは、元々日本での発売時期は未定だったので、国内のユーザーには延期そのものはあまり関係ないのですが、やはりAppleユーザーとしては気になるところ。

ただ、Appleの本国である米国でも既にスマートスピーカーの覇権はAlexaが握っている状態なので、果たしてAppleがどこまでその牙城を切り崩せるのかは未知数。

また、音声による家電コントロールが普及すると、スマートスピーカーも1部屋に1個は欲しくなってきます。

そうなった時、数千円でスピーカーを追加できるAlexaやGoogle Homeの方が、高価なHome Podよりも有利なのは明白。

元々のシェアの差だけでなく、こうした価格面での差をどうやって埋めていくのかも、Appleにとっては重要なポイントと言えるでしょう。

今すぐ音声で家にある家電を動かす体験をしてみたいという方は、まずは入門編として手の届きやすい価格設定のEufy GenieやAmazon Echo Dotを試してみてはいかがでしょうか。

Amazon Echo Dot (Newモデル)、ブラック

Amazon Echo Dot (Newモデル)、ブラック

以上「アンカー、Alexa対応AI搭載スマートスピーカー「Eufy Genie」を発売へ。ユーフィ ジーニーでは何ができるのか?」でした。