iPhone最新情報

iPhone最新情報は、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Appleの最新情報をお届けするITメディアです。iPhone8予約に関する最新情報を中心に配信中。

AppleがiPhoneの下取り価格を最大6,000円アップ!iPhoneX購入資金のためにも、空き時間で査定額を簡単チェック。

f:id:starline1201:20171027210617p:plain

エアコンや冷蔵庫のような大型家電の世界では、新機種購入の際にこれまで使っていた古い物を下取りに出すことは、決して珍しくありません。

携帯電話の世界でも数年前からそれが普及し始め、最近では大手キャリアで当たり前のように下取りが行われています。Appleでもそれは同様なのですが、今回はそんな下取り価格が一部上昇したという話題です。

下取り価格は最大6,000円の上昇!

国内のApple系情報サイトgori.meの記事によると、AppleがiPhoneの下取りを行う際の価格を10/27になって改訂したそうです。

今回はここ3年以内に発売された機種で下取り価格が値上がりし、最大6,000円も高くなっています。

ちなみに、丁度今年で登場から2年経過したiPhone6sが23,000円、6sPlusが28,000円など、中古店も顔負けの買取価格となっているのがApple下取りの特徴の1つ。

あくまでも減額される要素が全くなかった場合の最大買取価格なので、満額査定になる可能性は人それぞれですが、iPhoneXの購入時に査定してもらうのも1つの方法でしょう。

Appleの下取りのシステムとは?

Appleが行っているiPhoneの下取りシステムは、大きく分けて2つの査定方法があります。

Apple直営店で直接査定を受ける

Apple直営店にiPhoneを持ち込み、その場で査定して貰う方法です。メリットは、すぐに査定結果と下取り額の還元を受けられること。

還元はAppleStoreで使えるギフトカードか、新しいiPhoneの値引き(その場ですぐに購入する場合のみ)を選ぶことが出来るので、自分の使い方に合わせることが可能です。

もちろん、査定額に納得がいかなければ下取りを利用しないという選択肢もあるので、とりあえず診てもらうというのもアリでしょう。

オンライン査定

Appleの下取り申し込みページからオンラインで申し込む方法です。

下取りの申請後、端末を所定の住所へ送付すると、後日AppleStoreギフトカードで下取り額が還元されます。

なお、申込時に仮の下取り額が表示されますが、これはあくまで仮のもの。端末を送った後、実際の下取り額確定時に減額される可能性も当然あるので、そこは注意が必要です。

また、「下取り額還元までタイムラグがある」、「還元方法がAppleStoreギフトカードに限られる」といったデメリットもあるので、iPhone購入時にその場で値引きを受けたいという方は直接Apple直営店に出向くようにしましょう。

少しでも高く売りたいならメルカリやヤフオクの利用もアリ

Appleやキャリアの下取り制度は割と高額で還元してくれますが、もっと高く売りたいという方もいらっしゃることでしょう。そんな方にお勧めなのが、メルカリやヤフオクなどを使って売る方法。

価格はその時々ですが、状態の良い端末であれば、下取りや中古店の買取価格より高額で売れることも珍しくありません。

ただし、個人間取引となるので、それに伴うリスクをきちんと理解して、トラブルにならないよう注意しながら利用することが必要です。

まとめ:SIMフリーiPhoneを購入するなら、下取りもチェック。

今回はAppleの下取り価格上昇の話題と、AppleのiPhone下取りの仕組みについて解説しました。

少しでも安く新機種を手に入れたい方にとって、下取りは便利な方法の1つ。これを機に活用してみるのも良いのではないでしょうか。

上記サイトではiPhone以外の対象となるケータイまたは他社製スマートフォンも下取り価格の査定をしてくれます。他社製スマートフォンでも製造番号と少しのアンケートに答えるだけで査定してくれるので、簡単です。空いている時間で新型iPhoneを購入する資金を試算してみてはいかがでしょうか。

以上「AppleがiPhoneの下取り価格を最大6,000円アップ!iPhoneX購入資金のためにも、空き時間で査定額を簡単チェック。」でした。