iPhone最新情報

iPhone最新情報は、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Apple製品の情報をお届けするガジェット系のITメディアです。たまにAndroidスマホの話題も。

赤いiPhone8と8Plusが登場!PRODUCT REDのiPhone8と8Plusが購入できる場所・予約(購入)開始時期は?

f:id:starline1201:20180410002936j:plain

今、Web上では3月末のイベントで発表された新型iPadで話題が持ちきりですが、ここでひっそりとiPhoneにも動きが出てきました。

今回は、そんなiPhoneの新しいカラーについての情報をご紹介しましょう。(正直、めちゃくちゃカッコイイです。)

AppleがiPhone8シリーズの新色を発表

f:id:starline1201:20180410002950j:plain
昨年の丁度この時期、iPhoneSEのストレージ容量アップと共に話題となったのが、iPhone7のPRODUCT REDモデルの発売でした。

白いディスプレイ回りに赤い背面のそのiPhoneは、格好良さもあって、私も購入を真剣に検討したくらいです(半年待てば新型iPhoneが出るのだと自分に何度も言い聞かせて、物欲を必死に抑えたのを覚えています)。

みなさんの中にも、このiPhone7の新色を購入されたという方は、結構いらっしゃるのではないでしょうか?

iPhone8にもPRODUCT RED誕生

さて、あれから1年が経った今年はどうかというと、やはり発売されました!

詳しい情報をまとめると、以下の通りです。

  • 価格:78,800円から
  • ストレージ容量:64GBまたは256GB(既存のiPhone8シリーズと同様)
  • 予約開始:4月10日21時30分(日本時間)〜
  • 店頭販売開始:4月13日

Appleオンラインストアでの予約開始、並びにApple直営店での店頭販売開始は上記の日程となります。

また、一部Apple製品取扱店や携帯電話キャリアでも取り扱いを開始する予定とのことです。

(PRODUCT) REDとは?

f:id:starline1201:20180410003024j:plain
ところで、この(PRODUCT) REDとは、一体どのようなものなのでしょうか?

初めての方は、色の名前の1つかと思われたかもしれませんが、実はそうではありません。

(RED)とは、は、グローバル消費財メーカーが、(PRODUCT)RED という共通ブランドの商品を開発・販売することで挙げた収益の一部を世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)に寄付することによって、 アフリカのエイズ対策プログラムを支援する仕組みです。
ロックバンドU2のボノと、国際NGOであるDATAのボビー・シュライバーが発起人となり、 2006年1月26日、スイスのダボスで開催された世界経済フォーラムで発表されました。
(出典)プロダクト(RED) | FGFJ - グローバルファンド日本委員会


簡単に言うと、(PRODUCT)REDのiPhoneを買うことで、その売上の一部がエイズ・結核・マラリアで苦しむ人々の為に使われるという訳。

ちなみに、昨年のiPhone7の場合は、iPhone7の他のカラーと販売価格は同じだった為、寄付する分を価格に上乗せされているということもありませんでした。

Appleとしても、本当に社会貢献の一環として行っているということなんですね。

過去の(PRODUCT)REDのApple製品

iPhoneで(PRODUCT)REDが採用されたのは昨年のiPhone7シリーズが初めてでしたが、Appleはそれ以前にも(PRODUCT)REDの製品を何度か発売しています。

iPhone以前で代表的なものとしては、iPod touchがそれに当たるでしょうか。

こちらは現在でも販売されており、Appleのサイトから購入することが可能。

価格も同機種の他のカラーと同じなので、iPod touchの購入を考えているという方は、検討してみては如何でしょうか?

ちなみに、昨年のiPhone7での(PRODUCT)RED登場以前は、Apple製品の電子機器の中で(PRODUCT)REDを用意するのはiPod touchなどiPodシリーズの役割でした。

それが昨年から急にiPhoneでの発売になり、今年もiPhone8シリーズでの発売の噂が出ていることで、私個人としては、今後iPod touchのアップデートが遅くなる(あるいはされなくなる)のではないかと心配しています。

現行のiPod touchはiPhone6世代のハードウェア構成なので、64bit対応はしていますが、そろそろ世代交代したいところ。

ただ、AppleはiPhoneやiPad Proをtouch IDからFace IDへ移行させたいでしょうから、そうなると未だtouch IDすら非搭載のiPod touchを今後どうしていくのかは、Appleとしても悩みどころなのかもしれませんね。

廉価版iPadのように、とりあえずtouch IDに対応させるのか、Face IDのパーツの価格が下がってきてから新しい筐体デザインのiPodを登場させるのか、はたまたこのまま「音楽プレーヤー」として割り切ってしまうのか。

Appleの判断に注目したいところです。

iPhoneXには赤色verはないの?

今回の発表で1つ気になるのが、(PRODUCT)REDが用意されるのはiPhone8と8Plusのみとされている点。

iPhoneXについては、(PRODUCT)RED仕様は用意されず、対応アクセサリーに(PRODUCT)RED版を追加する形となりました。

シリコンケース

こちらはiPhoneX用シリコンケース。外側は手触りの良いシリコンケースですが、内側には柔らかなマイクロファイバーの裏地加工が施されています。そのままワイヤレスで充電できる優れものです。

レザーケース

こっちは渋めの赤がカッコイイ、iPhoneX用レザーケース。

まぁ、考えてみれば、新型iPhone発表まで残り半年というこのタイミングで、iPhone8/8PlusとiPhoneXの3機種に新色を発表するのは、流石のAppleといえども厳しいところでしょう。

かといって、販売価格の高いiPhoneXだけに用意してしまうと、(PRODUCT)REDの趣旨もあり、各方面から「高額な製品にだけ(PRODUCT)REDを採用するのはどうなんだ?」といった反発を招く可能性もあり得ます。

そうしたリスクも考えると、iPhone8/8Plusのみにこのカラーを用意するというのも、企業としては妥当な選択といえるでしょう。

買いたいけどiPhoneはちょっとという方には……

さて、買うだけで社会貢献も出来る(PRODUCT)REDのApple製品ですが、まだiPhoneの買い換えタイミングではない方にとっては、買いたくても手を出しづらい部分があることは事実。

でも、安心してください。Appleの(PRODUCT)RED採用製品は、何もiPhoneやiPod touchだけではないのです。
アクセサリー購入でも寄付できる。そう、Appleならね。

iPhoneケース(レザー・シリコン)

Appleでは各iPhoneに合わせたレザーやシリコン製のケースを販売していますが、この中には(PRODUCT)REDを採用した製品も用意されています。

実は、私が使っているiPhone8Plus用のレザーケースも、その1つ。これを使えば、あなたのiPhoneも(PRODUCT)RED仕様に早変わりです!

iPad用Smart Cover

iPadのスリープ解除が自動で出来る、便利な製品がSmart Cover。このアクセサリーにも、(PRODUCT)REDバージョンが用意されています。

現行のiPad各シリーズ(無印・mini・Pro)用の物が売られているので、iPadをお使いの方はこちらもお勧めです。

AppleWatch用バンド

AppleWatch用のバンドの中にも、(PRODUCT)REDの物があります。

色合い的にフォーマルな場所では使いづらいかもしれませんが、プライベートの場面ではばっちり使えるカラーなので、AppleWatchを使っている方はこちらも1本如何でしょう?

iPhone8(PRODUCT)REDを実際に見た感想

友人がiPhone8レッドを購入したので、実物を見せてもらった。

f:id:starline1201:20180415211305j:plain
背面にAppleロゴと「iPhone (PRODUCT) RED」の文字
友人が「iPhone6sが壊れてしまって、赤いiPhone8即買いしたんだよー」というので、早速iPhone8(PRODUCT)REDの実機を見せてもらいました!

うおお。かっこいい。思った以上にカッコイイ!!

f:id:starline1201:20180415213922j:plain
iPhone8(PRODUCT)RED のベゼル部分はブラック
背面の紅色に近い渋めの赤色に、画面の周りが黒いというのが、もう堪らなくカッコイイ。黒と赤のコントラストが際立つ、凛と美しいiPhoneとなっています。*1

赤色とビールがよく映えるデザイン

f:id:starline1201:20180415212052j:plain
ビールとiPhone8(PRODUCT)RED
iPhone8(PRODUCT)REDとビール。これまたよく合う!

iPhone8(PRODUCT)REDは、赤系やパキッとした色合いの持ち物が多い方や、自分のイメージを「カッコイイ系」にしたい方にオススメのモデルです。

ただ、今回のカラーは、淡く柔らかいイメージとは対極にあります。パステルカラー系の淡い色の持ち物が多い方は、今回のレッドではなく、2017年9月に発売されたゴールドやシルバーの方が似合うでしょう。

まとめ:iPhone8/8Plusはいつ、どこで買えるの?

今回は、ネット上の最新情報を基に、iPhone8/8Plusの(PRODUCT)RED発売や、Appleの(PRODUCT)RED採用製品についてご紹介しました。

iPhone8/8Plusの予約開始時期・購入場所まとめ

  • 価格:78,800円から
  • ストレージ容量:64GBまたは256GB(既存のiPhone8シリーズと同様)
  • 予約開始:4月10日21時30分(日本時間)〜
  • 店頭販売開始:2018年4月13日(金)発売予定

Appleオンラインストアでの予約開始、並びにApple直営店での店頭販売開始は上記の日程となります。

ソフトバンク・au・ドコモはすでに予約開始しているので、いち早く手に入れたい方は、下記の公式サイトから予約してください。

購入するだけで簡単に社会貢献できますので、この春のiPhoneや各種アクセサリーの買い換え候補に、是非検討してみてくださいね!

以上「赤いiPhone8と8Plusが登場!PRODUCT REDのiPhone8と8Plusが購入できる場所・予約(購入)開始時期は?」でした。

*1:ベゼル部分の写真は、友人の個人情報保護のため、画面は私が合成しました。