読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhone最新情報

iPhoneSE・iPhone7・iPhone7 Plusを予約・購入する方法や在庫入荷状況に関する記事を掲載。使用感レビューも。更にお得な購入方法や料金プランも解説!

iPhoneだけで会計できる店はどこ?Apple Payが使えるお店とApple Payの注意点をまとめてみました。

Apple Pay-Londres

iPhone7シリーズで日本初上陸となったApple Pay。便利なのはわかったけど、一体どこで使えるの?そんな疑問にお答えします。

Apple Payの決済方法には2種類ある

applepay_1

iPhone7シリーズのApple Payには、大きく分けて2種類の決済方法があります。

1:Suica

ご存知、交通系ICカードのSuicaです。

こちらは、iPhone7内部に登録したSuicaに、クレジットカードもしくは現金を使って金額をチャージし、それを利用することができます。

iPhone7内にSuicaを登録するのに少し戸惑うかもしれませんが、そんな時はコチラをどうぞ。

2:クレジットカード決済(iD/QUICPay)

Apple Pay対応のクレジットカードをiPhone7に登録して使う方法です。利用した代金は、後日クレジットカード会社からユーザーへ請求されます。

Apple Payが使えるのはiPhone7だけ?

applepay

冒頭に「iPhone7シリーズのApple Payには」と前置きしたのには訳があります。Apple PayはiPhone7以降の端末のみ搭載されていると誤解されがちですが、iPhone7以前のiPhoneやApple Watch Series 1、iPadでも利用することはできます。

しかし、Apple公式サイトによると、その利用範囲は各端末によって異なります。

製品 交通機関 店舗 アプリケーション内 ウェブ上
日本国内で販売された
iPhone 7、iPhone 7 Plus*
利用可能 利用可能 利用可能 利用可能
iPhone 6s、iPhone 6s Plus、
iPhone 6、iPhone 6 Plus
iPhone SE
× × 利用可能 利用可能
日本国内で販売され、iPhone 5以降とペアリングした
Apple Watch Series 2
利用可能 利用可能 利用可能 ×
iPhone 5以降とペアリングした
Apple Watch Series 1とApple Watch(第1世代)
× × 利用可能 ×
iPad Pro、iPad Air 2、
iPad mini 4、iPad mini 3
× × 利用可能 利用可能
2012年以降に発売されたMacのモデル × × × 利用可能

つまり、交通機関と店舗での支払いにApple Payを使用したい場合は、日本国内で販売されたiPhone 7、iPhone 7 Plus、またはApple Watch Series 2が必要ということなんです。

私も実際にiPhoneSEのWalletアプリにSuicaを登録してみたところ、しっかり登録できました。ただ、このiPhone SEに登録したSuicaでは改札を通ることはできません。

iPhoneを改札にかざして運賃を支払いたいのであれば、iPhone 7、iPhone 7 Plusを購入しましょう。

Apple Pay内のSuicaが使える場所と注意点

早く次のスイスイしたい #applepay #suica #iphone #applewatch #あと3日

Apple PayにはSuicaもクレジットカードも登録でき、利用できることがわかったところで、使える場所や使う際の注意点を理解しておきましょう。

Apple Pay内のSuicaが使える場所

Apple Pay版Suicaが使えるのは、主に次の場所です。

1:Suicaに対応した交通機関

Apple Payとはいえ中身はSuicaなので、基本的にSuicaが使える鉄道やバス、タクシーなどの公共交通機関は、同じように使うことができます。

また、PASMOやICOCAなど、Suicaと互換性のある交通系ICカードのサービスエリアでも、同様に利用することが可能です。(ただし、互換エリアについては定期券の発行などに制限があります。)

2:大手のコンビニエンスストア・駅構内の売店や自販機など

日本の大手コンビニは殆どの店舗でSuicaを利用できるので、Apple Pay版Suicaも当然使うことができます。

Apple Pay内のSuicaを使う場合の注意点

ただし、コンビニでは後述のクレジットカードを使ったApple Payも利用可能です。Apple Pay 内の Suicaで決済したい場合は、店員さんに「Suicaで支払います」と伝えましょう。

Apple Pay内のクレジットカード(iD/QUICPay)が使える場所と注意点

Apple Pay、アプデしたら設定画面があったけど、あいぽん6Sでは使えないんだよね…^_^; #applepay

クレカ決済は「iD」「QUICPay」の2種類

Apple Payに登録したクレジットカードは、ご利用のカード発行会社により、「iD」と「QUICPay」カードとしてApple Payに登録されます。

この「iD」や「QUICPay」は、クレジットカードをSuicaのようなタッチ式カードとして使えるようにする規格です。iPhoneやAppleWatchに、プラスチックカードのような磁気ストライプを付けるわけにはいきませんので、こうした方法を使っているというわけ。

「iD」と「QUICPay」は殆どサービスエリアが同じですが、どちらか一方しか対応していないお店もあるので、自分の登録したカードがどちらに分類されているか、Apple Payの画面上できちんと確認しておくようにしましょう。

Apple Pay内のクレジットカードが使える場所

大手のコンビニエンスストア・スーパー等

これに関しては、かなり多くの店舗が該当します。2017年2月6日現在、Apple公式サイトに表記されているのは下記の通りです。

  • APITA
  • ピアゴ
  • イオン
  • エッソ・モービル・ゼネラル
  • ENEOS
  • 日本交通
  • すき家
  • ソフマップ
  • コジマ
  • ビックカメラ
  • ヨドバシカメラ
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ローソン
  • サークルケーサンクス
  • マツモトキヨシ(予定)
  • ユニクロ(予定)

公式サイトによると、上記の大手のコンビニやスーパーはiDとQUICPayの両方に対応しているようです。そのため、Apple Pay利用者側で、決済するクレジットカードが「iD」なのか「QUICPay」なのかを把握しておく必要があります。

登録クレジットカードの「iD」「QUICPay」判別法。

とりあえず入れられるクレカを入れてみる。SuicaなくてもSuicaアプリで仮想Suica発行できる。#ApplePay

豆知識になりますが、「iD」か「QUICPay」かの判別方法は簡単。iPhoneにクレジットカードを取り込んだ際に、クレジットカードの画像が表示されます。そのクレジットカードの券面に「iD」であれば「iD」のロゴマークが表示され、「QUICPay」であれば、「QUICPay」のロゴマークが表示されます。

上記写真、右側のPontaクレジットカードの券面右側に「QUICPay」のロゴマークが見えますね。このように、登録したクレジットカードに「iD」か「QUICPay」のロゴマークが表示されます。

支払い前に「Wallet」アプリを立ち上げて、取り込んだクレジットカードの券面を確認しておきましょう。

Apple PayのiDやQUICPayで決済すれば、クレジットカード決済時に必要なサインや暗証番号入力も不要になるので便利ですよ。

Apple Pay内のクレジットカードを使う際の注意事項

利用してみると便利すぎて手放せなくなるApple Payですが、同じApple Payに複数のカードを登録してある場合は、店員さんにどの決済方法(Suica/iD/QUICPay)を利用するか告げる必要が出てきます。

さらに、Apple Pay で複数枚クレジットカードを登録している場合、「Wallet」アプリ内の最下部に表示されているクレジットカードで決済されるように設定されています。

もし用途によって決済時に使用するカードを変えたい場合は、「Wallet」アプリ内で決済に使いたいクレジットカードを画面に表示させておきましょう。その上で、必ずiDやQUICPayといった具体的なサービス名を告げるようにしましょう。

(「Apple Payで支払います」と言えば決済できるケースもありますが、確実に素早く決済したいのであれば、iDとQUICPayのどちらを使うか明確に伝えた方が良いでしょう。)

iD/QUICPay非対応店では使えないので注意!

Apple Payのクレジットカードが使えるお店は、iDやQUICPayの対応箇所のみです。

クレジットカード対応店舗でも、iDやQUICPayの設備(決済端末)を設置していないお店もあります。そのようなお店ではApplePayが使えず、従来通りプラスチックカードを使って決済することになるので、注意が必要です。

まとめ:ApplePayは、お財布をサポートする便利ツール。

applepay_1

今回はApple Payを利用できる場所と注意点についてまとめてみましたが、如何だったでしょうか。

現時点では、残念ながらお財布を完全に代替するには至っていないApple Payですが、お財布を取り出す回数を減らす便利ツールという意味では、十分な完成度となっていると思います。

対応機種をお持ちの方は、この機会に是非Apple Payを活用してみてくださいね。

以上、『iPhoneだけで会計できる店はどこ?Apple Payが使えるお店とApple Payの注意点をまとめてみました。』でした。