りんごあつめ(旧館)

りんごあつめは、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Apple製品の情報をお届けするガジェット系ブログです。たまにAndroidスマホの話題も。

Appleの整備済製品って何?安くiPadやMacBookを買いたいなら、絶対に比較検討すべき入手方法です。

Almost there!

Apple製品を手に入れたいけど、WinやAndroid製品より金額が高くて手が出ないという方の話を聞くことがあります。そんな方にオススメなのが、Apple公式サイトで販売されている「Apple認定整備済製品」。

整備済製品って文字を見る限り、保証は?ちゃんと動作するの?と疑問が残ると思います。そこで、Apple公式サイトで販売されている整備済みの商品について、色々と調べてみました。

Apple認定整備済製品とは:

Apple公式サイトによると、Apple認定整備済製品とは、

店頭商品、返品商品、初期不良品などを修理調整し、新品水準並みの品質を確認したアップル認定製品(カスタマイズ製品を含む)です。

つまり、Apple公認の「数量限定の特価セール品」ともいえる存在なんですね。

どんな商品がApple整備済製品として販売されているの?

Apple整備済製品の一部をご紹介します。*1

製品名 販売開始時期 価格
9.7インチiPad Pro Wi-Fi 32GB 2016年3月発売 ¥50,800
MacBook Pro(13インチ)
2.7GHzデュアルコアIntel i5
Retinaディスプレイモデル
2015年3月発売 ¥99,800

など、他にもたくさんの製品が特別価格で販売されています。

新品水準並みの品質を確認したApple認定製品

がこの価格で購入できるとあって、売り切れるのが早いのも特徴。数量限定なので、購入はお早めに。

iPhoneは販売していないの?

f:id:starline1201:20150819224414j:plain
iPodも整備済品として取り扱っているので、iPhoneの整備済み品を購入出来るのか?と思ったのですが、2018年1月26日時点ではiPhoneのカテゴリーは設けられていません。

2016年からAppleはiPhone下取りを始めました。下取りしたiPhoneをAppleの公式サイトで整備済み製品として販売するのではないかと予測する声もありましたが、今のところまだ整備済み製品としての販売は発表に至っていない状況です。

もしiPhoneを購入したいのであれば、SIMフリーのiPhoneかキャリア(ソフトバンク・au・ドコモ)・中古のiPhoneを購入する必要があります。

中古iPhoneを手に入れる場合、注意しないと何も機能しないiPhoneを購入してしまう可能性があります。上記の記事に損をしない中古iPhoneの購入方法をまとめました。参考にしてみてくださいね。

Apple整備済品の保障内容とは:

AppleCare Protection Plan

いくら安くても、粗悪品は買いたくないですよね。Apple公式サイトだからこそ、保証も充実しています。Apple公式サイトでは補償について、下記のように記載されています。

  • 販売前に厳しい品質基準に沿った整備を実施しています。
  • Appleの1年間の特別保証書をお付けして販売しています。
  • Appleの返品ポリシーが適用されます。
  • AppleCare Protection Planを購入できます。

新品と同じように、Appleの1年間の特別保証書が付いてくる上に、AppleCare Protection Planを購入可能です。さらに、返品ポリシーが適用されるので、不安感は払拭されるのではないでしょうか。

整備済み製品のデメリットまとめ:

Apple公式での販売とあって、保証面は安心できる内容です。一方、整備済製品であるがゆえのデメリットが3点あります。

1:カスタマイズやギフト包装が利用不可

ケースに収めようとすると、USBケーブルとオシレーターが干渉してしまいます。

刻印サービスやギフト包装が基本的にできないようです。

また、メモリなどを増量したい場合は、整備品を購入後に自分でカスタマイズをどこかに依頼する方法をとらなければいけないとのこと。

そのようなカスタマイズが必要ない人にとってしてみると、ありがたい価格なのですが、ハードに使用する人にしてみると、カスタマイズの手間と費用を天秤にかける必要があります。

2:化粧箱が通常購入の箱と違う

Certified Refurbished

Apple製品を購入する際に、ワクワク感を高めてくれるAppleマーク入りの「化粧箱」。

これが、整備済の製品の場合は「Certified Reconditioned Product」と表記が入った茶系の専用箱での配送になるとのこと。

Apple独特の箱を集めているマニアの方などは、ちょっと残念感を味わってしまうかもしれません。

3:同梱されている付属品が異なる場合がある。

Top Layer

同等の製品をご注文いただいた場合でも同根物が異なる場合がありますので、ご注意ください。

と公式サイトに書かれています。

同梱される物は各アイテムの「製品の詳しい情報を見る」をクリックすると確認できるので、購入する際は、希望の付属品が同梱されているかチェックする必要が出てきます。

デメリットの反面、メリットもたくさん。楽しく便利なAppleライフを:


整備済製品を購入するメリットは、ズバリ安いこと。デメリットはあるにせよ、Apple製品を購入する選択肢の中では、お買い得なのは間違いありません。

例えば、先ほど例として挙げた「13インチ MacBook Pro 2.7GHzデュアルコアIntel i5 Retinaディスプレイモデル」は、販売価格¥128,800(税別)のところ、整備済品は¥99,800です。つまり22.5%オフで購入できてしまう計算になります。

また、上述した通り、整備済製品には1年間の保証がついてきます。Amazonやヤフオクなどで中古のApple製品を購入しようと思っても、1年間の保証が付いてこないケースがほどんどです。追加料金を払わずとも1年間のメーカー保証があるというのは大きいですね。

iOS8になってから、iPhone,iPad,MacBookの互換性が高くなり、さらに便利に使いやすくなったので、まだApple製品を購入したことがない方や、費用面で購入を取りやめていた方は、ぜひApple整備製品をチェックしてみてくださいね!

また、毎日新しく商品が追加されるので、本サイトやツイッターでもAppleの整備済製品の最新情報をお知らせしようと思っています。

気になる方は、ぜひ読者登録かTwitterをフォローいただけると嬉しいです。

*1:2017年9月7日時点。価格は全て税別です。