iPhone最新情報

iPhone最新情報は、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Appleの最新情報をお届けするITメディアです。iPhone8予約に関する最新情報を中心に配信中。

Appleスペシャルイベント2017、開催日決定!新社屋内のスティーブ・ジョブズ・シアターで日本時間9月13日午前2時からスタート!

f:id:starline1201:20170901130723p:plain
iPhone8などが発表される予定のApple新作発表会はいつなんだ!と期待しすぎて憤慨寸前だったのですが、やっと発表日が公表されました。

(タイトルの日時がアメリカでの発表会日時になっていて紛らわしいとのご指摘をいただいたので、日本時間へ変更いたしました。)

iPhone8発表予定のAppleスペシャルイベント、いつ開催?

Apple主催のスペシャルイベントは、現地時間9月12日午前10時(日本では9月13日午前2時)から開催されます。忘れないようにカレンダーに登録しておきましょう。

特に今年はiPhone生誕10周年を飾るアニバーサーリーイヤーであるため、どのようなサプライズがあるか期待が集まっています。

期待はやっぱりiPhone8の登場だ!

毎年開催されているAppleのスペシャルイベントですが、近年では8月にリークされた情報通りのデザイン、スペックを持ったiPhoneが発売されるといった状況が続いています。

リークされる情報源がFoxconnなど有力なサプライヤーだったりするため、今までリークされてきた情報のなかに、次期iPhoneとなるデザインや情報が含まれている可能性は否定できません。

2017年4月の段階で、下記のようなFoxconnの工場で撮影された可能性が高い設計図などの情報が出ていました。

iphone-news.hatenablog.jp

発売日についてですが、次期iPhoneはTouch IDの搭載に関する技術的な問題や、部品調達の遅れから発売が遅れるのではないかといわれていました。そのため発表は9月12日であっても発売がかなり先になってしまうという見方もされています。できればすでに量産体制に入っていて、9月中に発売されることに期待したいところですね。

iPhone以外の製品でも、今回のイベントでLTE通信機能を搭載したApple Watch Series3が発表されるのではないかといわれています。iPhoneがなくても通信ができるApple Watchはいったいどのような利用方法ができるのでしょうか。

これらすべての思いが解決する日が、ついにやってきます。

iPhoneの発表、どこで行われる?

今回、Appleスペシャルイベントの会場に選ばれたのは、Appleの新社屋に新設された約1,000人を収容できる「スティーブ・ジョブズ・シアター」です。

こちらも最近急ピッチで建設が進んでいることが、インターネットでも取り上げられていて、2017年2月にティムクックが上記のように言及していました。これは予想されていた場所でもあったので、はじめからイベントが開催にあわせて建設されていたのかもしれませんね。

こけら落としがiPhone生誕10周年となる発表イベントに、スティーブ・ジョブズの名前がつけられた場所で開催されるのも、何か特別な意味があるのかもと思うと、胸が熱くなるのは私だけでしょうか。

イベント告知サイトに掲載されているロゴの意味は?

f:id:starline1201:20170901130723p:plain

iPhone発表のイベント開催の通知には、必ずポスターのような画像がついてきます。(今回は上図のように、背景色は白一色に統一され、Appleのロゴマークが青・赤・白の3種類に塗られています。)

実は、この画像の中に発表される次期iPhoneの情報が隠れているという噂が持ち上がっていたので、過去のiPhoneデザインとAppleスペシャルイベントの関係性を考えてみました。

過去のiPhoneとスペシャルイベントの関係性を考察

iPhone5c/5s:

iPhone5c/5s発表会のAppleイベントページは、水玉のカラフルなデザインでした。それまでのiPhoneは、白と黒を基調とした色が採用されてきましたが、そのiPhone5cは、パステルカラー調のグリーン、イエロー、ピンク、ブルー、ホワイトの多色展開となりました。とてもカラフルなカラーリングで登場しています。

iPhone6:

iPhone6については9月9日と、同じ数字が2つ並ぶ日でした。iPhone6から2台がリリースされるようになったのは、いうまでもありません。

iPhone7:

昨年発売されたiPhone7のイベント開催通知に合わせて公開されたロゴデザインは、背景は黒でAppleのロゴマークの上側だけを大小入り混じったカラフルなドットで表現されていました。

このロゴマークを発売されたiPhone7に当てはめて考えてみると、背景の黒は、iPhone7/7 Plusからニューカラーとして登場したブラック/ジェットブラックのことだったと想像できます。

また、ロゴマークの「葉っぱの部分でドットが集まっている箇所」をスピーカーグリルやライトニングコネクターとして見た場合、左上側の少し離れた位置にある薄く消えかかった大きなドットは、まるでイヤホンジャックのように見えます。

そう考えると、このロゴマークはiPhone7のイヤホンジャックが廃止されることを表していたのかもしれません。

このように、イベント開催案内にあるイベント用のロゴデザインには、その年に発売されるiPhoneの特徴となる情報が隠されています。

すでにインターネットでは、イベント用ロゴデザインからiPhone8は顔認証機能がつくなどの深読みが始まっています。

競馬のサイン理論みたいな話ではありますが、こういった連想ゲームをするのもAppleスペシャルイベントの楽しみ方の1つだと思いますよ。

今年のAppleスペシャルイベントページとiPhone8との関係性はどうなる?

今年のイベントについて公開されているサイトを見ると、3色のカラーが使われたAppleのロゴマークが掲載されています。

もしかすると、次期iPhoneは3色から選択するということでしょうか?それとも、Touch IDのことか、次期iPhoneは3色で登場するという可能性を示唆しているのかもしれません。

では、iPhone8 Proの発表日や豆知識がわかったところで、iPhone8の発表が予定されているAppleスペシャルイベントの中継を見る方法をおさらいしておきましょう。

Appleスペシャルイベントの中継、どうやって見るの?

Appleスペシャルイベントは、iPhoneやiPadからも閲覧できますが、Windows10でEdgeなら閲覧することができます。

日本で視聴する場合は、かなり遅い時間帯での閲覧となるので、体調管理にはくれぐれもご注意ください。

視聴方法については、下記の記事にも詳しく記載しました。

iphone-news.hatenablog.jp

発表会時代は2時間ほどと長丁場ですので、ご自身の見やすい視聴環境を整えて視聴するのがオススメですよ。CMも入らないので、発表前にトイレを済ませておくのもお忘れなく。

以上「Appleスペシャルイベント2017、開催日決定!新社屋内のスティーブ・ジョブズ・シアターで日本時間9月13日午前2時からスタート!」でした。