読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhone最新情報

iPhoneSE・iPhone7・iPhone7 Plusを予約・購入する方法や在庫入荷状況に関する記事を掲載。使用感レビューも。更にお得な購入方法や料金プランも解説!

2017年のApple初売り開始日はいつから?内容は?Apple公式サイトの初売りの値引率は?気になることをマルッと調べてみた。

本日、2017年のApple初売りを開催することがApple公式サイトで発表されました!2014年以来となるApple公式サイトでの2017年初売りは、何時何分からなのか。どんな商品が初売りに並ぶのか。

今日はApple公式サイトでの初売りについて、気になることを調べてみました。

まず2017年のApple初売りの特設サイトを見てみたいという方は、上記のURLからどうぞ。

初売り実施は、Apple公式サイトと実店舗で開催!

Applemanía :) En AppleStore de Ginza, Tokio Momento geek del #epvjapon

上記のApple公式サイトの初売り特設サイトを見てみると、下記のような記載があります。

お正月が待ちきれない。
1月2日はAppleの初売り。このサイトとお近くのApple Storeで開催します。素敵な一年を始める準備をしませんか。

つまり、Appleの初売りは実店舗だけでなく、Apple公式サイトでも開催することが明言されています。

また、「初売りが開催される実店舗」がどこにあたるのか、明確には記載されていません。銀座・渋谷・表参道・仙台一番町・名古屋栄・福岡天神・心斎橋のアップルストアで初売りがあると思います。

1点不明なのは、「Apple Watch at Isetan Shinjuku」でも初売りが行われるのかどうかという点です。「Apple Watch at Isetan Shinjuku」に関しては、店舗に初売りがあるかどうか確認してから追記します。

2014年のApple公式サイトでの初売りの割引率は?

Apple初売りの割引方法は、これまで2通りありました。

1つは、2013年の「割引額表示スタイル」。「表示価格=割引価格」となっているので、それを購入するという方法です。例えば、iPadを購入する場合、「元値は34,800円、今日だけ32,400円!2,400円OFF」と書かれているので、購入者は32,400円を支払えば良いわけです。

2つめは、2014年の初売りで行われた「ギフトカード還元スタイル」。購入する際は割引された値段ではなく通常価格を支払います。商品購入後に割引分の金額を「Apple Store ギフトカード」で還元されるという方法がとられました。

先ほどの例で言えば、「元値は34,800円、今日だけ32,400円!」と書かれていても、お支払いの際には34,800円を支払い、購入後に2,400円分の「Apple Store ギフトカード」が登録メールアドレスに送られてくるという仕組みです。

割引表示スタイル(2013年) 割引価格を表示価格にしている。何%割り引かれているのか分かりやすく、購入するだけで恩恵が受けられるので、購入者の手間は全くない。
ギフトカード還元スタイル(2014年) 登録メールアドレスに割引額分のギフトカードが送られてくる。メールアドレスの登録など、購入者の手間やギフトカードの使い忘れなどのデメリットあり。

Appleとしては、還元したギフトカードを再度Apple製品の購入時に使ってくれることで、Appleの販売が促進する狙いがあったのでしょう。

今年はどちらの割引方式になるのか分かりませんが、どの家電量販店でもAppleストア(実店舗)でも割引してもらえることは皆無と言っても過言ではないくらい割引に対して厳しいAppleなので、初売りは貴重な存在と言えるでしょう。

割引率は最高50.5%。2014年の初売り対象商品とその内容は?

2014年における、Apple公式サイトの初売りを参考に割引率を算出してみました。その結果、最大50.5%の割引率でした。実質半額になったのは、1,980円が1,000円引きになったLightningケーブルです。使う頻度が半端ない1品なだけに、これは購入しても良いかも。(最近は他社製品のLightningケーブルの方が頑丈な気もしますけどね。)

この他にも、iPad Air (16GB)が7,500円(14.5%)OFF、iMac (21.5インチ 2.7GHz)が15,000円(10.8%)OFF、MacBook Air (11インチ 128GB)が15,000円 (15.2%)OFFになっていたりと、普段では考えられないほどお得になっています。

製品名 元値 割引価格
(Apple Storeギフトカード)
値引率
Lightningケーブル 1,980円 1,000円 50.5%
iPad Air (16GB/Wi-Fiモデル) 51,800円 7,500円 14.5%
iMac (21.5インチ 2.7GHz) 138,800円 15,000円 10.8%
MacBook Air (11インチ 128GB) 98,800円 15,000円 15.2%
MacBook Pro Retina (13インチ 128GB) 134,800円 15,000円 11.1%

この他にもApple TVやApple純正アクセサリーまで値引きになっているので、2017年も上記と同様の対象商品が初売りとして特別価格になると期待できます。

もちろん、Apple整備済品を視野に入れている方であれば迷う価格ではあるかと思いますが、完全新品を手に入れるのであれば、この機会を逃してはいけません。

セール期間は2017年1月2日のみ。何時から何時までなのか?

Apple Store

2017年のApple初売りは2017年1月2日のみ。1日限りの初売りセールとなっています。

気になるのはスタート時間ですが、2016年12月26日現在、記載はありません。2014年の通りであれば、Apple公式サイトの初売りは、1月2日10時から23時59分まで。Appleもサーバーがダウンしないとも限らないので、アクセスはお早めに。

特別価格でApple製品が購入できる、またとないチャンス!1日限りなので、気になる商品がある方は、Apple公式サイトを覗いてみてはいかがでしょうか。

以上「2017年のApple初売り開始日はいつから?内容は?Apple公式サイトの初売りの値引率は?気になることをマルッと調べてみた。」でした。

Apple初売りに関する豆知識:

本文には書かなかった、ちょっとしたApple初売りに関する豆知識をご紹介します。

2014年以来のApple公式サイト初売り開催!

2014年までApple公式サイトの初売りが開催されていたのですが、2015年以降はApple公式サイトでの初売りは開催されていませんでした。

2015年と2016年は、なぜApple公式サイトでの初売りがなくなってしまったのでしょうか。それは、Apple公式の発表がないので、理由は定かではありません。

円安の影響とするニュースサイトがあったりするのですが、2014年年末のドル円は2016年末のドル円相場と大きく変わる訳ではないので、円安は関係なかったのかもしれませんね。

行列の揉め事防止の策は取られたのか?

また、2016年に関しては、実店舗で行われる「Lucky Bag(ラッキーバッグ)」すら発売されませんでした。これはAppleユーザーには悲しい知らせとなったのですが、この理由として、Apple店舗前にできた行列に関する問題が原因だったのではないかと言われています。

実際に何度かAppleストア前の行列に並んでいる方に取材させていただいたことがあるのですが、近年では転売屋の数が年々多くなり、iPhone6の際には、Appleストア銀座前の行列に並んでいた中国人グループが横入りして、警察が出動するまでの騒ぎになっていました。

このようなイメージを払拭するためなのか、打開策を模索するためなのか、2016年はラッキーバッグの販売は行われませんでした。2017年は実店舗の初売りも再開されるということで、このあたりの対策は強化されたのではないかと期待しています。

何はともあれ、2017年のApple初売りが実店舗でもApple公式サイトでも開催されるのは、ユーザーとして嬉しい限りです。私も1月2日はApple公式サイトの初売りに参加しようと思います。

関連記事

Apple表参道に行って、実店舗とApple公式サイトでの初売り内容が異なるのか、聞いて来ました。

Apple実店舗でApple製品をお得に買えるのか?と疑問をお持ちの方は、上記の記事をどうぞ!