iPhone最新情報

iPhone最新情報は、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Appleの最新情報をお届けするITメディアです。iPhone8予約に関する最新情報を中心に配信中。

新型「Apple TV 4K」と旧型「Apple TV(第四世代)」どっち買う?AppleTV 4Kで出来ることや、旧型AppleTVと価格比較してみた。

Apple TV 4th gen

iPhone8/8Plusと共に2017年9月13日(日本時間)に発表された新しいAppleTV。今回は、そんな新型機は従来型と何が違うのかをチェックしていきましょう。

おさらい:Apple TVってどんな製品?

AppleTVは、TVやPCモニターのHDMI端子に接続することで、Web上の動画コンテンツ(YouTubeやNetflix、Amazonプライムビデオなど)を楽しんだり、ゲームアプリで遊ぶことのできるセットトップボックスです。

また、iOSデバイスやMacからAirPlay機能を利用することで、自宅のTVにiPhoneやMacの画面を映し出すことも可能なので、Apple製品に囲まれて暮らす方にはとても便利な製品。

他にも多くの機能が搭載されていますが、そのあたりは当サイトの過去記事でも取り上げていますので、そちらをご参照ください。

iphone-news.hatenablog.jp

新型AppleTVの目玉は4K対応

La Keynote de ce soir vous attend sur Apple TV

今回のAppleTVから、いよいよ映像コンテンツが4K画質に対応しました。

4Kとはモニターや画像・映像などの解像度の1つで、従来のHD(720p)やフルHD(1080p)よりも、更に高精細な映像を映し出すことが可能です。

かみ砕いて言うと、TVなどの液晶画面は小さな点(ドット)の集まりで出来ているのですが、この点が従来のフルHDなどよりもより多くなっているので、その分細かいところまでくっきり綺麗に見えるようになったという訳。

従来型のAppleTVは最大でもフルHD画質が限界だったことを考えると、これは大きな進歩と言えるでしょう。

4Kだけじゃない!最新技術のHDRにも対応

解像度がフルHDから4Kに増えただけでも十分高画質になるのですが、今回の新型AppleTVでは、これに加えてHDRという技術も採用しています。

HDRとは、映像ファイルに付いている輝度(明るさ)に関する情報を増やすことで、より自然に近い映像を見れるようにしようという技術のこと。

4Kに加えてHDRにも対応したモニター(TV)が必要にはなりますが、それさえクリアできれば、より高画質な映像を楽しむことが出来ます。

4K HDRをぶん回せ!CPUはA10Xへ

今回のAppleTV 4Kでは、負荷の高い4K HDRビデオの再生や3Dを多用したゲームのプレイをより快適にするため、CPUにA10Xプロセッサを採用しています。

これは、iPad Proの現行製品にも採用されている高性能プロセッサ。

iPhone8/8PlusのA11Bionicプロセッサには及ばないでしょうが、それでも十分高性能なチップなので、今までよりも更に快適に動画やゲームを楽しむことが出来るでしょう。

Apple TV 4Kをフルに活かすにはハードウェアの投資が必要?

Apple TV 4Kの性能をフルに活かすには、やはり接続するモニター(TV)側にも相応の性能が必要となります。

キーワードは「4K HDR対応」。

Apple TV 4K では、より高画質な4K HDRビデオに対応していますが、この高画質動画の再生機能を使うには、モニター側も4K HDRに対応している必要があるのです。例えば下記のようなものが挙げられます。

シャープ 40V型 4K対応 液晶 テレビ HDR対応 高精細4K低反射液晶パネル AQUOS LC-40U40

シャープ 40V型 4K対応 液晶 テレビ HDR対応 高精細4K低反射液晶パネル AQUOS LC-40U40

最近は安価な4Kモニターもかなり増えては来ましたが、HDR対応まで含めると、まだまだ気軽に買える価格とは言いがたいのが現状。

将来のTV買い換えに備えてAppleTVだけ新しくするという手もありますが、当面TVの買い換え予定がないのであれば、引き続き併売されるフルHD対応の先代モデル(Apple TV(第四世代))を購入するのも1つの手でしょう。

新型「Apple TV 4K」と旧型「Apple TV(第四世代)」の価格を比較

Nylon 2007

では、新型「Apple TV 4K」と旧型「Apple TV(第四世代)」で価格はどの程度変わるものなのでしょうか。2017年9月16日現在のApple公式サイトの価格を比較してみましょう。

Apple TV 4K(新) Apple TV(旧)
32GB 19,800円(税別) 15,800円(税別)
64GB 21,800円(税別) なし

AppleTV4Kが発売されるまで、旧型「Apple TV(第四世代)」32GB/64Bモデルの2種類だったのですが、32GBのみになりました。「Apple TV 4K」では32GBモデルと64GBモデルが発売されています。

「Apple TV 4K」の容量の決め方は、ゲームアプリの使用頻度

Apple TV 4Kを購入する前に迷うのが「容量」。Apple TVのストレージには、App storeからダウンロードしたアプリのみが保存される仕様になっています。

アプリの種類によってデータのサイズは異なり、1つのアプリで数百MBから4GBまでと幅広いです。ただ、感覚的には1GB以上あるアプリはあまり多くない印象なので、高度なグラフィックゲームを複数プレイするのでなければ、32GBでも問題ないかと思います。逆に、高度なグラフィックゲームを存分に楽しみたいなら、64GBは必須です。

映画や音楽の視聴がメインであれば、容量は小さくても大丈夫。あくまで「AppleTV用ゲームアプリを大量に使うかどうか」で購入する容量を決めましょう。

32GBで良い場合、新型「Apple TV 4K」と旧型「Apple TV(第四世代)」どっち買う?

64GBにしたい場合は、AppleTV 4K1択です。しかし、32GBモデルを購入する場合、第四世代のAppleTVとAppleTV4Kのどっちがいいのでしょうか。

機能としては、先ほどお伝えした通り、CPUに高性能A10Xプロセッサが搭載された程度で、目に見えて大きな機能としての違いがあるとは言いにくい印象です。

大きく異なるのは、やはり「4Kで視聴できる」という点でしょうか。

加えるなら、内蔵チップが新しくなっているので、Apple TV 4Kの方がApple TV用のOSアップグレードをした時に、チップがより新しいと今後リリースされるOSをインストールした場合にも動作が快適な状態を保ちやすいとも言えます。

4Kと最新内蔵チップに4,000円払うかどうか。あとは、お財布と相談してみてください。

コンテンツの充実にはもう少し時間がかかる?

今回は話題の新型AppleTVについて、従来機との差を中心に取り上げました。最近ではYouTubeが4Kでの配信に対応するなど、高画質配信は拡大傾向にあります。

とはいえ、AppleはiTunesで配信されているHD動画と同価格で4K動画を提供していく方針を示していますが、一部のコンテンツホルダーとは価格を巡って交渉中との報道もあり、コンテンツの充実までは少し時間が掛かるかもしれません。そのあたりが解消すれば、AppleTV 4Kの楽しさは倍増するかもしれません。

これを機に、高性能化したAppleTVと4K HDR対応モニターを揃えて、この秋は自宅で映画を楽しむのも悪くないかもしれませんよ。

また、Appleでは整備済み品コーナーでApple TV(第4世代 / 64GB)を発売しています。新品水準並みの品質を確認したアップル認定製品で、1年間の特別保証が付いているので、安くAppleTVを購入したいという方は、こちらも検討してみてはいかがでしょうか。