りんごあつめ(旧館)

りんごあつめは、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Apple製品の情報をお届けするガジェット系ブログです。たまにAndroidスマホの話題も。

Appleのワークショップ受講レビュー!銀座の"Today at Apple"でワンランク上の知識を無料で入手できました。

Inside the Apple Store, Ginza, Tokyo

Appleの直営店といえば、木で出来たテーブルの上にずらりと並ぶMacやiPad、そしてiPhone発売時の行列など、「店舗」としてのイメージを持つ方が大半だと思います。でも、実はそれだけではないのです。

今回は、「店舗」とは少し違う、「学びの場」としてのApple直営店にスポットを当ててみましょう。

Today at Appleとは?

Today at Appleという名の無料講座

AppleのHPから各直営店の案内を見ていくと、あるページに辿り着きます。

「Today at Apple」と名付けられたそこに表示されているのは、Appleが全国の直営店で展開しているユーザー向けの講座の数々。

内容も「iPhoneの使い方」といった初歩的なものから、「新しいサウンドを作ってみよう」といった本格的なものまで幅広く用意されています。
しかし、何より驚くのが、これらの講座は全て無料で提供されているということ。

初心者向けの講座ならまだしも、ヘビーユーザーやその道のプロが使うアプリの講座などは、本来なら教室にお金を払って学ぶのが当たり前の内容も、Today at Appleなら無料で学ぶことが出来ます。

とはいえ、「本当に無料できちんと教えてくれるの?」と気になってしまうことも事実。

そこで、今回は実際に講座を受けてみることにしました。

Today at Appleの予約方法・流れ

まずはApple公式サイトから講座を予約してよう

Today at Appleの講座は、原則として予約制となっています。

そこで、まずはHPから予約をしてみることにしました(iPhoneやiPadならAppleStoreアプリからも予約できます)。

Today at Appleは、講座内容は全店舗共通ですが、その講座がいつ開講しているかは店舗により異なるので、HPのチェックは欠かせません。

なお、今回は参加できる日が決まっていたので、その日に開催している講座の中から、興味の湧いたものを2つ予約してみました。

予約が完了すると、日程情報などが記載されたメールがAppleから届きます。

その後の予約の確認やキャンセルも、HPやAppleStoreアプリから行えるようになっているので、安心ですね。

いざ予約したApple直営店へ!

いよいよ予約当日、時間より少し前にApple銀座へ辿り着きました。

早速店内に入ってみますが、目に付く範囲内には特に講座の案内表示はありません。

ここで、予約完了メール書かれていた「お店に着いたら近くのスタッフに声を掛けて欲しい」という旨の文言を思い出し、近くの店員さんに声を掛けてみました。

私「あの、(メールを見せながら)これを受けに来たんですけど……」
店員さん「Today at Appleですね!それなら、2階でやっているので、こちらのエレベーターをご利用ください」

さすが、Apple。速攻で答えが返ってきました。

ちなみに、Apple直営店の店員さんは、こちらが困った様子を見せると話しかけなくても寄ってきてくれる事が殆どです。

ちょっとシャイな方も、心配しなくて大丈夫ですよ。

時間になったら会場へ

2階に上がると、エレベーターの前に居た店員さんが声を掛けてくれました。

講座を受けに来たことを告げると、会場は奥の方にあるテーブル(恐らく6〜8人掛け)であること、まだ時間前で別の講座をやっているので、テーブルの近くで待つように教えてくれました。

少し待っていると、前の講座が終了し、私の受講する講座の時間となりました。

担当のスタッフさんが席に座り、マイクでフロアへアナウンスします。

私がテーブルの前に行くと、名前を尋ねられました。

どうやら、スタッフ用のiPod Touchで予約した受講者の名前を確認している様子。

ちなみに、この時点で居ない方は、マイクを使ってフロア中に聞こえる声で呼び出されるので、注意が必要です(笑)。

そして、衝撃の事実に気がつきました。

受講者、私しか居ません。

受講者はたった1人!でもきちんと教えてくれます

スタッフさんによると、もう1人参加者が居るそうなのですが、ちょっと遅れている様子。

という訳で、ひとまずマンツーマンで講座が始まります。

スタッフさん曰く、「今回は参加者が少ないので、質問時間もたっぷり取れると思いますよ〜」とのこと。

想定外のマンツーマンに緊張していた私ですが、よく考えたら、これってものすごくラッキーです。やったね!

今回選んだのは、「Quick Start」という、アプリやデバイスの基本的な使い方などを学ぶ講座の1つ。

今回の教材はAppleの無料アプリ「Music Memos」

今回使うのは、Appleが出している無料アプリ「Music Memos」です。

このアプリは、作曲をする人向けに機能を強化したボイスレコーダーアプリなのですが、私はイマイチ使い方が分からず、この時点でiPhoneのストレージを無駄に占拠するだけになっていました。

そんな状況を変えることが出来たら良いなと、そんな思いで選んだのです。

テンポの良い説明に思わず夢中に!

この講座では、テーブルに据え付けたモニターにスタッフさんのiPhoneの画面を映し、実際のアプリの動きを見ながら操作方法を学ぶスタイルでした。

早速、画面を見ながら説明を聞きつつ、自分のiPhoneでも同じように試してみます。

スタッフさんの説明のテンポが丁度良いので、説明の合間合間で、その都度自分のiPhoneを操作することが出来ます。

また、スタッフさんも説明に終始する訳ではなく、きちんとこちらの様子を伺いながら進めてくれますし、受講者が操作に失敗して上手くいかない時は、そっと手を差し伸べてくれます。

こうした一連の流れから、Appleが講座を担当するスタッフさんに対して、かなり高レベルな教育を行っていることが感じられました。

話し方も「先生」というより「ちょっと詳しいお兄さん」といったカジュアルな雰囲気なので、こちらも話しかけやすく、質問も気軽にすることが出来たのは大きなポイント。

普通のPC教室などでは、なかなかこうはいかないという方も多いのではないでしょうか?

突っ込んだ使い方もしっかりと教えてくれます

Quick Startに分類される講座は、所要時間約30分と短めです。

当然、教わる内容も自ずと限られてくるのですが、その中できちんとワンポイント上の使い方も教えてくれるのが嬉しいところ。

今回の講座でも、声の録音という基本操作だけでなく、ベースやドラムの音を自動で付けたり、録音したメロディーのコードを自動判別する機能の使い方など、パッと見ただけでは気付かないような機能まで教えて貰うことができました。

Appleの製品は、ハードもソフトも説明書を見ずに使えるのが長所なのですが、それは同時に「細かい機能が埋もれてしまいがち」という弱点も抱えています。

私がMusic Memosをストレージの肥やしにしてしまっていたのも、結局はこの「便利な機能を見付けられなかった」ところにあるわけで、その点で非常に有意義な30分を過ごすことが出来ました。

今後は、このアプリも積極的に使って行けそうです。

Today at Appleの講座の難易度は?

基本は初心者向けだけど…

Quick Startと名の付く講座は、基本的には、そのアプリの使い方を知らない初心者の方でも対応出来るような内容となっています。

ただし、一部専門的な分野を扱うアプリの場合、その分野についての基礎知識が必要となることもあるので注意が必要です。

例えば、今回のMusic Memosでは、「ベースやドラムの音を自動で付加する機能」や「メロディーからコードを自動判別する機能」が紹介されていますが、バンドにおけるベース・ドラムの役割やコード(和音)についての基礎知識がなければ、スタッフさんの説明を十分に理解できなかった可能性も否定できません。

受ける前から考えすぎて動けなくなることも良くないのですが、一応、そうしたケースもあり得るということは頭に入れておいた方が良いでしょう。

ちなみに、講座を受けてみて自分の思っていた内容と違った場合は、自分の希望を伝えて、それに近い講座を案内してもらうことも出来ます。
スタッフさんも嫌な顔一つせず、笑顔で対応してくれるので、気軽に聞いてみるのがオススメです。

まとめ:Apple直営店をフル活用するなら、Today at Appleを受講しよう

今回は、「Appleのワークショップ受講レビュー!銀座の"Today at Apple"でワンランク上の知識を無料で入手できました。」と題して、Apple直営店の講座を体験してみた感想をご紹介しました。

Apple直営店が近くにあったり、旅行の途中で時間がある方は、ぜひ寄ってみてくださいね。普段商品を購入する時に見られない場所を見ることができるチャンスなので、Apple好きだけでなくても楽しめる時間になるんじゃないかなと思います。

ちなみに、今回はMusic Memosの講座以外に、別の講座も受講してみました。そちらの様子はPart.2としてまとめる予定ですので、良かったら読んでみてくださいね。

お持ちのApple製品でやりたいことがある方や知りたいことがある方は、ぜひApple公式のワークショップで解決しちゃうかもしれません。下記の公式サイトで探してみてくださいね。

以上「Appleのワークショップ受講レビュー!銀座の"Today at Apple"でワンランク上の知識を無料で入手できました。」でした。