iPhone最新情報

iPhone最新情報は、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Appleの最新情報をお届けするITメディアです。

AppleWatchの内容物は?本体、説明書、電源など!実はアレも入ってました。

f:id:starline1201:20150424201237g:plain
AppleWatchをサンタクロースを待つような気持ちで待つ私の元に、ついにクロネコヤマトサンタがやってきました。お兄さんがいつも以上に爽やかに見えたのは気のせいでしょうか。箱のデカさ(細長さ)に驚きつつ、写真撮影!受取後、仕事を終えて、やっと開封の儀に移ることができました。

AppleWatchの箱の中は何が入っているのか?

では、皆さんと一緒に開封の儀を楽しみたいなぁと思うので、箱をひとつひとつ紐解いて行きます。


では、開封していきます。


蓋をオープン!


出すときは慎重に。右。左。


出ました!


矢印のマークの方向へつまみ?を引いていくと…


保護シートがオープン。ここまで厳重に包まれているとは。。


ついに。ついに!MY AppleWatchと初対面です。白が非常に鮮やかで綺麗な黒の画面とよく合っています。裏ぶたの「 WATCH SPORT」の文字がうれしい。


裏を返すと、AppleWatchの簡単な付け方が載っているので、このフィルムを外しつつ、説明に沿ってAppleWatchを付けてみしょう。


ちなみに、横から見ると、こんな感じ。左の丸いボタンは「デジタルクラウン」と呼ばれるもので、従来の時計のねじ回しをデジタル仕様に応用したものになっています。iPhoneとは物理的に異なるボタンなので、慣れるまでに少し時間がかかりそうです。

これは…蓋?


このAppleWatchが入った箱を出した後の外箱の中には、何やら他に何かある模様。蓋かと思ったこれは、薄いのに重要なものが入っていました。


中に入っていたものはこちら。

  • 簡単な取り扱い説明書
  • 規約
  • M/Lバンド

なんと、変えのM/Lバンドが入っていました。

S/MバンドとM/Lバントでは長さが全然違う。


見てお分かりいただけるように、S/MバンドとM/Lバントではだいぶ長さが違います。38mm版だとバンドはS/Mバンドがついてきましたが、それでは短いかな?と思われたら、すぐに交換することができます。

説明書たちの下には、充電器。


さらにこの説明書たちの下には、充電器が内蔵していました。AppleWatchの充電方法は、AppleWatchの文字盤の裏に、写真左の丸いものをくっつけて充電するようになっています。

内容量は盛りだくさん。新しいUIにワクワクです。

ということで、本日届いたAppleWatchの箱の中身は、全て合わせるとこんな感じです。

最初は縦長の筒が届いたので、非常に驚きましたが、Appleらしい洗練された化粧箱で、大満足でした。明日以降、AppleWatchを使ってみた感想を書いていきたいと思います。以上、AppleWatchの内容物についてのご紹介でした。