iPhone最新情報

iPhone SE/iPhone 7 ・7 Plus / MacBook Air / MacBook / MacBook Pro /iMac/iPad mini / iPad Pro/Apple WatchなどAppleの最新情報をお届けするITメディアです。

AppleWatchを5日間使った感想まとめ!そのメリットやデメリットなど、AppleWatchで出来ることを徹底解説します。

f:id:starline1201:20150428110000j:plain
人柱となるべくAppleWatch Sport(38mm)を着け続けて6日間。使ってみた感想をつらつら書いてみたいと思います。

AppleWatchのメリット

通知デバイスとして秀逸。

とにかくiPhoneの通知機能と連動したデバイスとして見ると、非常に優秀です。「ん?」と思う程度のさりげないバイブ感が心地いいですし、電話や重要なメール、必要最低限の情報をすぐに確認出来るのが便利。

私の場合、iPhoneでとある情報を確認しようとすると、あれやこれや要らない情報まで確認したくなってしまい、結果として無駄な時間を浪費してしまうことも。仕事に集中するためにモッテコイのアイテムとなりました。iPhoneをかばんに入れっぱなしの楽さは想像以上です。

iPhoneのリモコン・ミニiPhoneとして使える。

カメラや音楽再生をAppleWatchから操作する事が出来ます。自撮棒がなくても、カメラを起動させて3秒後に撮影することも出来るし、音楽も好きなアーティスト・アルバム・プレイリストから選択して音楽を流す事ができます。お料理中に好きな音楽をちょっと離れたiPhoneから再生させてみたら、今まで以上に料理が楽しくなりました。好きな時に好きな音楽を聞ける喜びを再認識した感じ。

充電が意外なほど保つ。

以下の記事にも書きましたが、思っていた以上に充電がもちます。

時間・TODOリスト・Twitterの確認や、運動時間の計測などに使用していますが、それでも17時間以上充電がもっています。購入前はどうせ初号機だから充電は保たないだろうとタカをくくっていた私の惨敗でした。出かける時に着けて寝る前に充電器へ。というサイクルで使っています。

付け心地がちょうどいい。


私が購入したAppleWatch Sportのバンド部分は、耐久性が高く、驚くほどふんわり柔らかいです。専用の高性能フルオロエラストマーという素材で作られているそうなのですが、非常に肌馴染みが良し。しかも、通常の時計とは全く異なりピン型のバックルになっているので、着けていることを忘れそうなくらいフィットしてくれます。

AppleWatchのデメリット

対応アプリが少なめ。

AppleWatch出たてで「アプリ開発頑張れ!」というのも酷な話ですが、対応アプリが少なめです。LINEが対応しているのは、非常にすばらしく、活用出来ています。Facebookメッセンジャーアプリも仕事・プライベート問わず使用頻度が高いので、ぜひ早めに出してほしいです。

反応がワンテンポ遅い。

アジャイルメディア・ネットワーク代表の徳力さんもブログでおっしゃっている通り、レスポンスが思ったより遅いです。

アップルウォッチは電池の問題があるので、通常は画面は消えていて、時計を見る仕草をすると画面が表示されるという仕組みになっているんですが。

この表示が、微妙にワンテンポ遅いんです。

デモで見てる分には気にならない早さだったんですが、自分で使ってみると意外なほどこれがストレスになります。

たしかに、現時刻を確認しようとするとワンテンポ遅れて文字盤が光ります。こういう些細な部分がストレスになるとは思いませんでした。次期AppleWatchではぜひ改善して欲しいなぁ。

あとは、Twitterやカメリオなどのコンテンツを読み込む速度が遅め。遅めと言っても5を数える間には表示される程度のスピード感なんですが、通常iPhoneでコンテンツを見る速度に慣れている方はちょっとストレスに感じてしまうかも。

AppleWatchはiPhoneとBluetooth接続しているので、遅いのは仕方ないと言えば仕方ないですよね。この部分に関しては、AppleWatchの役割が「iPhoneで受け取る情報を簡単に確認すること」と考えると、私が求めていることが違うのかもしれません。なので、便利だと思っていたツイッターなどのコンテンツアプリは現状、あまり使わないのかもしれません。

いくら便利といえども、高い。

http://www.flickr.com/photos/32066106@N06/5726725665
photo by HikingArtist.com

iPhone持っている人じゃないと使えないAppleWatch。電話もメールもLINEも出来ちゃうので、非常に便利。でも、普段はiPhoneを通学・通勤の行き帰りしか使わないよなんて人にしてみたら、全然使う機会がないでしょうし、そんなAppleWatchに42,800円支払うというのは、あまりオススメ出来ません。

ただ、ランニングなどをしている人などには非常に便利なツールになって行くと思います。(ヘルスケア系のアプリはまだ使い途中のため、メリット・デメリットに入れませんでした。)今は運動に役立つ様なアクティビティ系アプリが少ないので、使いにくいのが実情です。でも、ヘルスケア分野でのAppleWatch活用が、今後のネックになってくるんじゃないかと思うので、今後まとめて行きたいと思います。

全体の使用感レビュー総評。

パッと簡単なメッセージを送る。LINEをする。電話をとる。料理中にiTunesの音楽をiPhoneで再生する。その日のタスクをパパッと確認。必要最低限の通知を受け取って、重要な情報を取り逃がさない。そんな必要最低限のことを「iPhoneを取り出さずにする」ことが、大きく日常生活の質を上げることにつながるとは、目から鱗でした。

今後は普段気付かない不健康な行いを診断してくれたり、ランニング・テニス・ゴルフなどのあらゆるヘルスケア分野に役立つアプリがiPhoneの様に出てくるんじゃないかなと思っています。あと、食事をメモれるアプリが出てくれると、かなり良い!iPhoneで写真撮ってログするのも良いんですが、なかなか外食の時は出来なくて、後からメモするの面倒だし忘れちゃうんでよね。それがAppleWatchで出来れば、ダイエットもさらに続きそうなんだけどなぁ。

私にはピッタリだったけれど、生活スタイルによっては「必要ない」ということになるのかもしれません。ぜひこのメリット・デメリットを参考にしていただいて、購入を検討してみてください。

ちなみに、iPhoneがないとAppleWatchは使えません。AppleWatchをご購入予定の方は、iOS 8.2以降を搭載したiPhone 5、iPhone 5c、iPhone 5s、iPhone 6またはiPhone 6 Plusを一緒に用意して下さいね。