読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhone最新情報

iPhoneSE・iPhone7・iPhone7 Plusを予約・購入する方法や在庫入荷状況に関する記事を掲載。使用感レビューも。更にお得な購入方法や料金プランも解説!

開発費・交通費・宿泊費支給の「サイボウズ・ラボユース生」がすごい!神制度サイボウズ・ラボユースにあなたも応募してみては?

Cybozu Labs 01

はてなブックマークで人気になっていたTogetterまとめに目が留まったので、よく調べてみると、スーパークリエイターの卵たちの教育の一環で行われていたものだったようです。さらに調べてみると、その「スーパークリエイターの卵たち」の優遇もスーパーだったんです。

開発に興味がある方は、ぜひ最後まで目を通してみてください。

プラレールで半加算器を構築する謎の試みがツイートされる。

まずはサイボーズのTeppei Sato(@teppeis)さんのツイートを見て下さい。

何を言っているのか、さっぱり分からないw

半加算器とは?

調べてみると『加算器』とは、つまり、計算器の足し算部分だけの装置、もっと言うと「電卓の+だけを行う仕組み」のことのようです。

このプラレールで組み上げている『半加算器』とは「2進数で表された、2つの数を足して計算する装置」のことらしい。

<例>
10進数で表されている3を、2進数で表すと11となる。
つまり、3 は 11 と表すことができる。

3 + 3 = 6 は、半加算で表すと、
11 + 11 = 110 と表すことができる。

プラレールの半加算器は、写真のみでどのような仕組みでなのか分かりませんが、「11 + 11 = 110」のような計算できる装置ということみたいです。(と理解したのですが、違ってたら教えてやってください…。)

この取り組みは、Teppei Sato(@teppeis)さんによると「第5期サイボウズ・ラボユース」によるもので、第6期も募集中だそうです。


サイボウズ・ラボ ユースとは。

Cybozu Labs

今回のプラレール半加算器を手がけた「サイボウズ・ラボユース」とはどのようなものなのでしょうか。

サイボウズ・ラボユースとは、日本の若手エンジニアの発掘と育成を目指す機会を提供する場として2011年に設立されました。

各自が選んだテーマで開発し、サイボウズ・ラボのメンバーがそのサポートを行います(メンター)。 開発物はオープンソースで公開することが条件で本人に帰属するのが特徴です。
(引用元:「第5期サイボウズ・ラボユース成果報告会」開催 - Cybozu Inside Out | サイボウズエンジニアのブログ

サイボーズ・ラボとは。

そもそも、「サイボウズ・ラボユース」をサポートする「サイボウズ・ラボ」とは、どのような集団なのでしょうか。

サイボーズ・ラボとは、 東証1部のソフトウェア開発会社「サイボウズ」の研究開発部門のこと。公式サイトによると、『次世代の製品・サービスの基盤となる技術を中長期視点で研究開発しています。*1』と書かれています。

ITメディアによると、サイボーズ・ラボのメンツがすごそう。

 IPAから「天才プログラマ/スーパークリエータ」として認定された国内トップクラスの技術者が次々とサイボウズ・ラボに入社し、メディアでも大きく取り上げられることになった。しかし、メンバーはあくまでも少数精鋭。畑氏の厳しい目利きにパスした、本当にその分野でトップクラスの技術者しか採用されなかった。
(引用元:挑戦者たちの履歴書(46):スーパーエンジニア集団=サイボウズ・ラボを設立 - ITmedia エンタープライズ

まさにスーパークリエーター集団なんですね。そんなプロ集団の支援を受けられる「サイボウズ・ラボユース生」の待遇が、これまたすごいんです。

開発費・交通費・宿泊費支給の「サイボウズ・ラボユース生」の待遇。

公式サイトを読み進めていくと、サイボウズ・ラボユース生の

コース1:サイボウズ・ラボユース生【選考あり】
対象:中卒以上(大学生・院生・未就業者の方も応募できます)

個人のソフトウェア研究開発プロジェクトを会社が応援する制度です。
年間103万円を上限(※1)にサイボウズが奨励金を支払います。
(個別に契約を結ぶ、開発時間に応じた報酬です)
関東近郊在住(東京日本橋まで通えること)を条件としています。
(在宅による遠隔地からの参加も考慮いたします)
サイボウズ・ラボ社員が直接指導いたします。
(サイボウズLiveによるオンライン指導もあります)
中間発表会・成果発表会の場で途中成果を報告していただきます。
交通費・宿泊費は規程により別途支給します。
(※1)学生が親の扶養を外れない程度の金額を想定しています

(引用元:サイボウズ・ラボ:サイボウズ・ラボユース:募集要項

開発費・交通費・宿泊費が支給されて、さらにサイボウズ・ラボの社員が直接指導してくれるなんて、エンジニアに興味のある方にとってしてみたら天国ですね。『2016年4月18日(月)~ 通年募集』とのこと。選考がどの程度厳しいのかわかりませんが、興味がある方は参加してみてはどうでしょうか。

ラボユース生への登竜門「サイボウズ・ラボユース研究生」もあるので、興味がある方はこちらをどうぞ。

小難しいことだけじゃなく、プラレールのような取り組みもしているっていうのが良いですね。

マリオメーカー学会なるものも存在!

Mario Maker

サイボウズとは全く関係ないのですが、今回のプラレールのマリオメーカーバージョンがあるようだったので、調べてみたらnikoniko動画に面白い動画があがっていました。

マリオメーカー学会とは。

マリオメーカー学会 (MMPS、 Mario Maker Physical Society) とは、Wii U専用ソフトであるスーパーマリオメーカーの研究者が所属しているとされる架空の団体である。
(引用元:マリオメーカー学会とは (マリオメーカーガッカイとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

ゲームソフト「マリオメーカー」を使って、色々な研究をしている架空の団体だそうで、私も名前は聞いた事はありますが、動画は視聴した事がありませんでした。しかし、動画を見てみると、これが面白い。

プラレールではなく、マリオメーカーバージョンの半加算器なんですが、2進数と加算器の話がさっぱり分からなくても、とても理解しやすく編集されてますし、視覚的にも面白いので、ぜひご視聴ください。

www.nicovideo.jp

ブロックを壊し数字を入力して、ノコノコが通るルートを調整することで、コインの獲得数が計算式の答えになると問いう仕組みだそうです。プラレールにしろ、マリオメーカーにしろ、こんな使い方があるなんて、知識って素晴らしいですね。

以上「開発費・交通費・宿泊費支給の「サイボウズ・ラボユース生」がすごい!神制度サイボウズ・ラボユースにあなたも応募してみては?」でした。