iPhone最新情報

iPhone最新情報は、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Apple製品の情報をお届けするガジェット系のITメディアです。たまにAndroidスマホの話題も。

ドコモのdカードプリペイド、Apple Payへ対応!iPhone7以降の端末で利用可能も、現金でチャージできる場所が少ないのが残念。

f:id:starline1201:20171019160104j:plain
便利なApplePay、dカードプリペイドに対応!
Apple Payというと、基本は対応するクレジットカードを登録して使うものです。

Suicaの登録も可能ですが、それも現金でのチャージは現状で対応できる場所が限られる為、事実上チャージ用クレジットカードの登録が必須。

そんな中、プリペイド派に嬉しいニュースが11月下旬に発表されていたので、ご紹介します。

dカードプリペイドがApple Payに対応!

f:id:starline1201:20171201145141g:plain

dカードプリペイドは、ドコモが提供しているプリペイドカードサービスです。

プリペイドですが、iDや国内外のMasterCard加盟店で利用することができるので、nanacoやWAONのような流通系の電子マネーよりも使い勝手が良いのが特徴。

このdカードプリペイドが、2017年11月20日から日本版Apple Payの対応機種(iPhone7シリーズ以降/AppleWatch Series2以降)でも利用できるようになりました。

同種のプリペイドカードでは、既にauのau WalletプリペイドカードがApple Payに対応していますが、今回dカードプリペイドが対応したことで、ユーザーにとってはApple Payで使うカードの選択肢がさらに増えたことになります。

使いすぎる心配がないのがプリペイド式の利点

dカードプリペイドに限らず、事前チャージ型の電子マネー最大のメリット、それは使いすぎる心配がないということです。

クレジットカードが苦手な方の中には、「ついつい使いすぎてしまいそうで怖い」と感じている方も多いはず。

確かに、TVでもよく「クレジットカードのリボ払いで自己破産した」なんてケースを目にしたりすると、クレカに慣れていない方であればあるほど、そうした恐怖心は強いかもしれません。

でも、プリペイド式であれば事前にチャージした分しか使えないので、毎月の収入を超えて買い物をしてしまうような危機は避けることができます。

ドコモユーザーはdカードGOLDがお得!

プリペイドカードのメリットはご紹介した通りですが、クレジットカードでも大丈夫というドコモユーザー(ドコモの携帯やスマートフォン、ドコモ光を使っている方)には「dカードGOLD」がオススメ。

上記の記事にあるように、還元率は驚きの10%!1ヵ月9,000円ほどdカード GOLDで支払えば、年間10,000円以上のポイントを貯めることができる計算です。お得にスマホ代を節約したい方は、こちらもあわせて検討してみてはいかがでしょうか。

現金でチャージできる場所はそれほど多くない

現在Apple Pay対応している3つのプリペイドカードは、いずれもWeb等を経由したチャージが前提で、現金でチャージ出来る場所は限られています。

少なくとも、カードが使える店舗ならどこでもチャージできるという訳ではないので、注意が必要です。参考までに、各プリペイドカード毎の現金チャージが可能な箇所等を挙げておきます。

Suica
  • モバイルSuicaへのチャージに対応した駅の券売機(Suica互換カード用含む)
  • コンビニ各社(一部を除く)
  • イオン
  • ビックカメラ系列の家電量販店(ビックカメラ・ソフマップ・コジマ)
dカードプリペイド
  • ローソン
au Walletプリペイドカード
  • ローソン
  • auショップ/PiPit

こうしてみると、Suicaが比較的幅広く見えますが、実際の所、駅の券売機でもモバイルSuicaへのチャージに対応したものはまだまだ数が少ないのが現状。

ローソン等でしかチャージできないdカードプリペイドやauWalletプリペイドカードよりはマシですが、現金チャージよりWeb経由のクレカを使ったチャージの方が現実的。

クレカを使いたくない方にとっては、ないよりマシな状態とは思いますが、クレカと同レベルの使い勝手かと問われれば、正直微妙な状態でしょう。

まとめ

applepay

今回、Apple Pay対応になったdカードプリペイド。これを祝して「dカード プリペイド×Apple Pay スタートキャンペーン」を実施中です。

dカード プリペイドの入会特典で1,000円分をプリペイド残高にチャージしてもらえるのに加え、さらにdカード プリペイドを設定したApple Payで合計500円(税込)以上利用すれば、さらに特典として500円分をプリペイド残高にチャージしてもらうことができます。

対象期間は、入会特典が2017年11月20日(月)~2018年1月31日(水)、Apple Pay iD利用キャンペーンは2017年11月20日(月)~2018年2月28日(水)となっています。

特典の進呈時期やキャンペーンの詳細、キャンペーン対象機種については、下記のdカードプリペイドのサイトをご覧ください。

Androidと違い、まだ国内の主要なプリペイド型電子マネーサービスが非対応のApple Pay。

両OSでは色々と条件が異なるので単純比較は出来ませんが、「プリペイド型電子マネーサービスに対応して欲しい」と思うのは、どのApple Pay利用者の多くが感じるところではないでしょうか。

今後はワイヤレス充電の普及でカードポケットの付いたiPhoneケースも減ってくると思われるので、そろそろ非対応の電子マネー各社さんも考えないといけないタイミングかもしれませんね。

以上「ドコモのdカードプリペイド、Apple Payへ対応!iPhone7以降の端末で利用可能も、現金でチャージできる場所が少ないのが残念。」でした。

ちなみに、dポイントカードだけで十分という方は、(先着・数量限定)安室奈美恵オリジナルdポイントカードはいかがでしょうか。下記の記事に入手方法を簡単にまとめました。

2018年9月16日に引退が決まっている安室奈美恵さんの限定グッズもお見逃しなく!