iPhone最新情報

iPhone SE/iPhone 7 ・7 Plus / MacBook Air / MacBook / MacBook Pro /iMac/iPad mini / iPad Pro/Apple WatchなどAppleの最新情報をお届けするITメディアです。

『アップルのデザイン戦略 カリスマなき後も「愛される理由」』。Appleのこだわりは私の想像の遥か上を行くものでした。

http://www.flickr.com/photos/51035749109@N01/6910438691
photo by afagen

1週間ほどブログをおやすみしている間、読書に勤しんでいました。その時出会ったのが『アップルのデザイン戦略 カリスマなき後も「愛される理由」』。発売から販売台数を伸ばしているiPhoneなどApple製品を細かく分解し、製品をパッと見ただけでは理解できないAppleのデザインに対するこだわりを分かりやすく解説している1冊です。

アップルのデザイン戦略 カリスマなき後も「愛される理由」

アップルのデザイン戦略 カリスマなき後も「愛される理由」

Apple製品の「中身」のこだわりを、分解して解説。

http://www.flickr.com/photos/30013612@N03/14921488790
photo by LoKan Sardari


例年9月に発売されるiPhoneですが、本書ではiPhone5以降の製品を分解、解説しています。Appleはアプリやインターフェイスなどのソフトなくして語ることができないと思いますが、ハード(製品そのもの)だけを取ってもこれだけのこだわりがあるというのは目からウロコでした。

ソフト面の話はほとんど書かれていないので、内容が物足りないと思う人もいるかもしれませんが、Web上で見るiPhone本体の中身バラバラ画像をここまで分かりやすく解説しているものは少ない気がします。

特に驚いたのは「化粧箱」のデザインに込められたこだわりに関する部分。ブランド戦略の要になってるんじゃないのか?と思うほど、化粧箱にAppleのこだわりが詰まっており、本書では丁寧に解説されています。

Appleには整備済み品という新中古に匹敵する商品がオンラインショップ上で販売されているのですが、それには新品を買うときについてくる化粧箱ではない整備済製品専用の箱で商品が送られてきます。Apple好きの中には化粧箱を楽しみにしている人も多く、Appleの整備済み品をあえて買わないという人もいるのもうなづけます。

また、本書にはiPhone5の初期ロットの細かい傷などの不良箇所についても言及されていたり、Appleのライバル会社とのデータ比較もされています。Apple製品に関心のある方は、1度手に取ってもらいたい内容です。

Appleの強さはファブレスにあり?

http://www.flickr.com/photos/8973304@N05/8532881376
photo by @J_Martu

本書を読んで、あらためてAppleのデザインに対するこだわりに驚きましたが、ここまで完成度の高い製品を生み出せる原動力はどこにあるのでしょうか。Apppe製品がここまで完成度の高いものになった背景の1つに、Appleがファブレス企業であることがあるのではないかと思います。ファブレスとは、

自社で生産設備を持たず、外部の協力企業に100%生産委託しているメーカーのこと。*1

みなさんが知っている企業で言えば、任天堂やダイドードリンコなんかがそれにあたります。商品の企画・設計・開発はAppleが行い、製造をシャープなどの協力会社に任せています。*2

ファブレス形態は情報漏えいなどのリスクがありますが、Appleはこの情報漏えいさえも消費者の「ワクワク感」を引き出す要素の1つとして、上手く利用しているように思えます。それも本書に掲載されているようなこだわり抜いた製品があるからこそ出来ることなのかもしれません。

そして、日本企業がスマートフォン市場で遅れをとっている理由も、このあたりにあるのではないでしょうか。

下記の記事では、半導体の設計製造関係と似ている、雑誌の設計製造を例にしてわかりやすく解説しているので、半導体関連株を購入してみたいという方は理解されていた方が良いかもしれません。今後は、この辺のAppleの戦略についても詳しく調査してみたいなぁ。

ジョブズ亡き後の成長が心配されていたApple。その心配を払拭してくれるような内容の『アップルのデザイン戦略 カリスマなき後も「愛される理由」』でした。パッと見ただけでは想像も出来ないApple製品のこだわりを、是非感じてみてくださいね。

ちなみに、本書はKindle版も販売されています。しかし、電子書籍フォーマット規格が間違っているのか、かなり読みにくいというレビューがAmazonに報告されているので、購入される方は紙媒体をお勧めします。

アップルのデザイン戦略 カリスマなき後も「愛される理由」

アップルのデザイン戦略 カリスマなき後も「愛される理由」