iPhone最新情報

iPhone最新情報は、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Appleの最新情報をお届けするITメディアです。iPhone8予約に関する最新情報を中心に配信中。

ドコモ、iPhone7 を値下げ!iPhone7 / iPhone7 Plusが「端末購入サポート」と「月々サポート」の対象端末に追加されました。

f:id:starline1201:20170317164305j:plain
ドコモショップ新宿三丁目店

iPhoneX(iPhone8)でなくても、iPhone7が安く手に入る方法はないかな?と思っていたら、ドコモが思い切った値下げ策に打って出ていました。

iPhone7 / iPhone7 Plusを端末割引が行われる「端末購入サポート」に対応機種に追加、さらに毎月の料金がお得になる「月々サポート」の割引額を増額すると発表しました。

iPhone7だけでなく、Andoroidスマホも新たに対象になったものもあります。例えば、2017年夏モデルの「Xperia™ XZ Premium SO-04J」や「Galaxy S8+ SC03J」「AQUOS R SH-03J」が「月々サポート」の増額対象端末に仲間入り。これはドコモ太っ腹です。(Androidスマホの実質価格は本記事の末尾にあります。)

各々のキャンペーンは、加入できる条件が異なります。ご自分がどちらのキャンペーンを使えるのか確認してみて下さい。

「端末購入サポート」とは?

f:id:starline1201:20170908220334p:plain

では、まず「端末購入サポート」について見ていきましょう。端末購入サポートとは、ドコモが定めた対象端末を購入する際に、一定の割引を行ってくれるというキャンペーンです。割引額は端末によって異なるので、割引額から契約端末を決めるというのも面白いかもしれません。

「端末購入サポート」はiPhoneだけでなく、Androidスマホも対象になっていますが、今回はiPhone端末( iPhone7/iPhone7 Plus/iPhone6s/iPhone6Plus/ iPhoneSE)を表にしてみました。

ちなみに、この中で最新なのは、2016年9月に発売されたiPhone7/iPhone7 Plusです。その他のiPhone6s/iPhone6Plus/ iPhoneSEは、発売時期は異なりますが、ほぼスペックは同等です。

ということを頭に入れた上で、端末割引サポートを利用できる対象者と割引額、解除料を見てみましょう。

iPhone7/iPhone7 Plus
対象機種 対象となるお手続き 割引額(税込) 解除料(税込)
iPhone 7 Plus(32GB) 他社から乗換
契約変更(FOMA→Xi)
67,392円 33,696円
iPhone 7 Plus(128GB) 他社からの乗換
契約変更(FOMA→Xi)
67,392円 33,696円
iPhone 7(32GB) 他社からの乗換
契約変更(FOMA→Xi)
66,744円 33,372円
iPhone 7(128GB) 他社からの乗換
契約変更(FOMA→Xi)
66,744円 33,372円
iPhone 7 Plus(256GB) 他社からの乗換 77,112円 38,556円
iPhone 7(256GB) 他社からの乗換 76,464円 38,232円
iPhone 7 Plus(256GB) 契約変更(FOMA→Xi) 67,392円 33,696円
iPhone 7(256GB) 契約変更(FOMA→Xi) 66,744円 33,372円

iPhone7/iPhone 7 Plusは、MNP(他社からの乗り換え)の場合、全て端末購入サポート対象となっています。

FOMAからXiに乗換の方も、iPhone 7 Plus(256GB)とiPhone 7(256GB)以外は対象となっているので、選択肢は多いと言えますね。

一方で、既存のドコモスマホユーザーが機種変更しようとしても、iPhone7/iPhone7 Plusの「端末購入サポート」は対象外です。下記に掲載しているiPhone6s/iPhone6 plus/iPhoneSEであれば、対象者となるので、そちらを検討するか、本記事中腹部にある「月々サポート」を受けるか2択となります。

ちなみに、iPhone7/iPhone7 Plusといえば、2017年3月に「(PRODUCT)RED Special Edition」という真っ赤な限定色が発売されたばかりですが、これも対象端末とのこと。

まさか今年発売の限定品まで実質的な値下げをするとは驚きです。

iPhone6s/iPhone6Plus
対象機種 対象となるお手続き 割引額(税込) 解除料(税込)
iPhone 6s Plus(32GB) 他社からの乗換
新規契約
機種変更
契約変更(FOMA→Xi)
53,784円 26,892円
iPhone 6s Plus(128GB) 他社からの乗換
新規契約
機種変更
契約変更(FOMA→Xi)
59,616円 29,808円
iPhone 6s(32GB) 他社からの乗換
新規契約
機種変更
契約変更(FOMA→Xi)
54,432円 27,216円
iPhone 6s(128GB) 他社からの乗換
新規契約
機種変更
契約変更(FOMA→Xi)
84,240円 42,120円

ここで面白いのが、販売されているiPHone6sの容量は 16GB/ 32GB/ 64GB/128GBの4種類なのですが、ここで対象となっている端末は、32GBと128GBのモデルのみ。

こんなに顕著に在庫が余ってるんですかね?不思議です。

それはさておき、XiからXiの機種変更者はiPhone7の端末購入サポートを受けられないのは残念と言えますが、iPhone6s/iPhone6sPlusは選び放題。最新機種じゃなくてもいいけど、iPhoneSEはサイズが小さくて苦手という方にオススメ。

iPhoneSE
対象機種 対象となるお手続き 割引額(税込) 解除料(税込)
iPhone SE(16GB) 他社からのお乗りかえ
新規契約
機種変更
契約変更(FOMA→Xi)
41,472円 20,736円

iPhoneSEも対象者が幅広いですね。iPhoneSEはiPhone5sとほぼ同じサイズでiPhone6sとほぼ同等のスペックを持っているので、小さいサイズのスマホが好みの方にぴったりです。

iPhone SEについては在庫が少なくなってきているという噂もあるので、検討している場合はお早めに。

割引額返還(解除料)に注意。

端末購入サポートについては、割引額返還(解除料)が2年の定期契約の解約金とは別に発生するので、ココは注意しておく必要があります。

例えば、iPhone7(32GB)は端末購入サポートの割引額が66,744円(税込)ですが、適用条件から外れた場合に解除料金が発生します。その場合の解除料は、上記の表の通り33,372円(税込)となります。

しかし、この端末購入サポートとは別に、2年の定期契約の解約金は9,500円(税抜)も存在しています。

では、この場合、いつ解約すれば解約料がかからないのでしょうか?

「端末購入サポート」の解除料発生は12ヶ月未満。

解除料が発生する場合は12ヶ月未満での機種変更・回線解約をされた場合になりますので、規定期間以上使えば、解除料の発生はありません。

また、2年定期契約の解約料に関しては、24ヶ月以内の回線解約や定期契約なしのプランへ変更せず、機種変更のみ行えば、解除料が発生する事はありません。

つまり、端末代金のみに限定して言えば、12ヶ月以上使えば解除料が発生しないということ。「今年1年は端末を変える予定ないわー」という方は、大丈夫ですね。

「月々サポート」とは?

f:id:starline1201:20170908220300p:plain

「月々サポート」とは、最大24か月間、機種ごとに設定した一定額を毎月のご利用料金から割引くサービスです。2017年9月1日(金曜)から、機種変更(Xi →Xi)する方を対象に、iPhone 7(32/128/256GB)、iPhone 7 Plus(32/128/256GB)が月々サポート対象となりました。

先ほどの「端末購入サポート」ではiPhone7を選べなかったXiからXiへの機種変更者も、月々サポートならiPhone7を選ぶ事ができます。

月々サポート対応機種
iPhone 7 Plus 256GB/128GB/32GB
iPhone 7 32GB/128GB/256GB
iPhone SE 32GB/64GB/128GB
iPhone 6 Plus 16GB/64GB/128GB
iPhone 6 16GB/128GB

よくよく見るとわかるのですが、端末購入サポートで選択できていたiPhone6s/iPhone6sPlus、iPhone SE(16GB)は月々サポートの対象端末には入っていません。

なぜこんなにも複雑怪奇なのかわかりませんが、決まっているものは仕方がないので、目当ての端末とご自分の契約状況とにらめっこして、お得な端末を選んでくださいね。

2017年夏モデルAndroidスマホも一部値下がり。

iPhoneの他にも、2017年夏モデルのAndroidも「端末購入サポート」「月々サポート」の対象端末に追加されています。

契約条件は端末によって異なるものの、ケータイ Watchの計算によると、Androidスマホの実質価格は下記の通り。

実質価格(24回の合計)の値下がりは、「Xperia XZs SO-03J」が3万2400円から2万5920円になったほか、「Galaxy S8+ SC-03J」が6万4800円から5万8968円に、「Xperia XZ Premium SO-04J」が4万5360円から3万9528円に、「AQUOS R SH-03J」が3万2400円から2万5920円になるなどしている。
(引用元:ドコモオンラインショップ、iPhone 7がMNPで1万5552円~ - ケータイ Watch

ドコモオンラインショップは、よく分からない事がチャットですぐ質問できる。

f:id:starline1201:20170908221453p:plain
今まで「最新スマホは予算的にむずかしいなぁ」と思っていた方も、これは購入のチャンス。ドコモオンラインショップのチャット機能があり、気になったことや疑問に思った事をその場ですぐ聞けちゃいます。しかも、オンラインショップ限定で機種変更する場合、XiからXiへの契約事務手数料無料(通常:手数料2,000円)!

料金プランはちょっと見ただけでは理解できない!という方でも、チャットなら仕事の合間に聞けるので、ワザワザ店舗に行く手間も時間も必要ありません。上記のドコモ公式サイトで「端末購入サポート」&「月々サポート」の詳細も掲載されていますので、検討してみてくださいね。

以上「ドコモ、iPhone7 を値下げ!iPhone7 / iPhone7 Plusが「端末購入サポート」と「月々サポート」の対象端末に追加されました。」でした。