iPhone最新情報

iPhone最新情報は、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Appleの最新情報をお届けするITメディアです。

2017年春、ドコモ学割はいつから?子どもに携帯電話を持たせたい方に、分かりにくい学割の料金プランを解説。

2017年のdocomo学割サービスは、月々の割引期間が1年間と短めになっています。しかし、ドコモが提供するdポイントで還元するなど、期間短縮を穴埋めするプランとなっているようです。

では、2017年春のドコモ学割について、見ていきましょう。

ドコモの学割2017は、いつから開始?

まず気になるのは、学割がいつから開始になるかという点ですが、実はすでに2017年1月20日から始まっています。ちなみに、学割のキャンペーン終了は2017年5月30日まで。

5月になってから検討しようと思ってると、新学期の忙しさで忘れてしまう可能性が高いので、ゆっくり検討できる時期にやっておいた方が良いですよ。

2017年3月1日までの申込で、ゴチ4もゲット。

2017年3月1日(水)までに学割への加入で最大4回、ローソンやマクドナルドのお得な特別クーポンを手に入れることも出来ます。

特典を受けるためには、学割加入とdポイントクラブ加入、dポイントカード等の保有が条件ではありますが、ドコモユーザーであれば、dポイントを加盟店(ローソンやマクドナルドなど)で使うために必要な作業なので、この機会に行っておきましょう。

では、肝心のドコモの学割はどのような内容なのでしょうか。

2017年版ドコモ学割の内容は?

ドコモが提供する学割では、月の利用料金が1,500円となる割引サービスが最大で1年間受けられるという内容になっています。

料金の内訳は、パケホーダイライトとウェブ使用料、パケットのシェア料から毎月1,000円の割引が適用されるので合計1,500円となります。

ちょっと適用条件が複雑となっていますが、今までFOMA契約で利用されていた方は、Xi契約への変更と、対象となるパケットパックへの加入で「はじめてスマホ割」も適用することができます。

FOMAユーザーはXi契約が条件。

OMG OMG MY OWN DOCOMO SIM

今までFOMA契約だった方も、Xi契約でカケホーダイかカケホーダイライトに加入と25歳以下という条件で、学割を受けることができます。

子供にiPhoneやスマートフォンをはじめて持たせた場合、ドコモの学割とはじめてスマホ割が適用された1,700円が割引額となるので、1年間は毎月の利用料金を800円と抑えることが出来ます。

カケホーダイの場合、さらにU25応援割が加わるので、2,000円から使うことができます。この場合でもはじめてスマホ割が適用されるので、800円と最大で1年間は非常に低い月額料金で利用できます。

ただし、この金額の中には、データ定額などの料金は含まれていません。データ量は家族とシェアすることが前提となっており、適用の条件としてシェアプランへの加入が必須です。

データ量をシェアすることを条件として、低い金額で利用できるサービス内容となっています。

既にカケホーダイとパケット定額サービスのパケあえるを契約している場合は、データ定額20GB、30GB、データシェアパック50、100のどれかに入っている場合、割引サービスの対象となる、dポイントで最大12,000円分がプレゼントされます。

直接、料金の割引ではありませんが、毎月1,000ポイントずつのdポイント(用途限定)がもらえるので、トータル12,000円分のお得になるというわけです。

固定回線がドコモ光なら、さらにお得。

docomo wifi

自宅のインターネット回線をドコモが提供するドコモ光にまとめると、年間最大で6,000円から38,400円の割引が適用さます。

さらに、ドコモを長年利用されている方については「ずっとドコモ割」で年間最大1,200円から30,000円もの割引を受けられる合わせ技となっています。

今まで、ドコモでFOMA契約だった人も、中学生や高校生になった子供にスマートフォンを渡す両親も、社会人になって新規でiPhoneやスマートフォンを持とうと思う人も、25歳まで割引を受けられるのは安心と言えるでしょう。

料金シュミレーターを使って、自分の使い方に合ったプランを選ぼう。

下記のドコモ公式サイトにある料金シュミレーターで、学割の料金算出をすることも可能です。月額のスマホ代を調べたい方は活用してみてくださいね。

以上「2017年春、ドコモ学割はいつから?子どもに携帯電話を持たせたい方に、分かりにくい学割の料金プランを解説。」