iPhone最新情報

iPhone SE/iPhone 7 ・7 Plus / MacBook Air / MacBook / MacBook Pro /iMac/iPad mini / iPad Pro/Apple WatchなどAppleの最新情報をお届けするITメディアです。

ドコモ、iPhone 6s/6s Plus 価格まとめ!ソフトバンク・au・ドコモと本体代金を見比べてみよう。

http://www.flickr.com/photos/69129230@N00/21530326281
*1

ソフトバンク・au・ドコモと本体代金の価格や料金を発表しました。ここでは、ドコモのiPhone6s/iPhone6sプラスの本体価格についてまとめてみます。*2

iPhone6s (4.7インチ/小さい方)を購入予定の方

http://www.flickr.com/photos/29621165@N03/15313863442
photo by Yanki01

1ヶ月あたりの本体代金を、のりかえ(MNP)・新規契約・機種変更の順にまとめました。

iPhone 6sへのりかえ(ソフトバンク/au→docomo)の本体価格。

容量 16GB 64GB 128GB
分割支払金(24回) 3,888円 4,158円 4,158円/月
月々サポート(24か月) -3,456円/月 -3,186円/月 -2,646円/月
実質負担金(24か月) 432円/月 972円/月 1,512円/月

上記ののりかえ(MNP)の価格は、「のりかえボーナス」キャンペーンを適用することによって変わるようです。もし「のりかえボーナス」を適用させた場合、実質負担金(総額)からさらに最大10,800円(税込)値引きになるとのこと。今のところ2015年11月3日(火曜)までの限定キャンペーンとなっているので、予約は早めに。

iPhone 6sを新規契約で購入する際の本体代支払額は?

容量 16GB 64GB 128GB
分割支払金(24回) 3,888円 4,158円 4,158円
月々サポート(24か月) -2,808円 -2,538円 -1,998円
実質負担金(24か月) 1,080円 1,620円 2,160円

iPhone 6sを機種変更(ドコモ→ドコモ)の場合の本体価格は?

容量 16GB 64GB 128GB
分割支払金(24回) 3,888円 4,158円 4,158円
月々サポート(24か月) -2,808円 -2,538円 -1,998円
実質負担金(24か月) 1,080円 1,620円 2,160円

ドコモは新規契約と機種変更と本体代金が同じ額なんですね。ソフトバンク・au・ドコモ3社の中では異質とも言えるかもしれません。ソフトバンク・auは新規契約とのりかえ(MNP)の額が一緒なので、他社からののりかえ(MNP)を重要視するドコモならではの価格と言えるかもしれません。

iPhone 6s Plus(5.5インチ/大きい方)を購入予定の方

http://www.flickr.com/photos/29621165@N03/15127677617
photo by Yanki01

のりかえ(ソフトバンク/au→ドコモ)で申し込んだ場合の価格

容量 16GB 64GB 128GB
分割支払金(24回) 4,158円 4,158円 4,158円
月々サポート(24か月) -3,186円 -2,646円 -2,106円
実質負担金(24か月) 972円 1,512円 2,052円

こちらの価格も「のりかえボーナス」キャンペーンを適用することで、実質負担金の総額から、さらに最大10,800円値引きしてもらえるようです。

iPhone 6s Plusを新規で購入する場合の本体価格は?

容量 16GB 64GB 128GB
分割支払金(24回) 4,158円 4,158円 4,158円
月々サポート(24か月) -2,538円 -1,998円 -1,458円
実質負担金(24か月) 1,620円 2,160円 2,700円

iPhone 6s Plusを機種変更(ドコモ→ドコモ)で購入する場合の本体価格は?

16GB 64GB 128GB
分割支払金(24回) 4,158円 4,158円 4,158円
月々サポート(24か月) -2,538円 -1,998円 -1,458円
実質負担金(24か月) 1,620円 2,160円 2,700円

他社からのりかえ(MNP)る場合、ドコモがiPhone6s、iPhone6s Plusとも、16GB、64GB、128GBの全ての容量において、端末価格が最安だと思います。さらに、キャンペーン適用で実質負担金は値段が違いますが、iPhone 6s Plusがどの容量でも値段が同じなのには驚きを隠せません。これがドコモの本気なのか、それとも記載に誤りがあるのか分かりませんが、ドコモへののりかえを検討されるのも一手かもしれませんね。

ネットワークをみてもドコモが発売日から開始するPREMIUM 4Gは国内最速となる下り最大262.5Mbpsとなっており、auの225Mbps、ソフトバンクの187.5Mbpsと比べて優位に立ちそうだ。*3

今後、ネットワークの速度でも他社を凌ぐdocomo。速度を気にされる方は、機種変更を視野に入れてもいいかもしれません。ちなみに、ソフトバンクの本体価格表も作ったので、まだどの会社で購入するか検討されている方は参考にしてみてくださいね。

以上、「ドコモ、iPhone 6s/6s Plus 価格まとめ!ソフトバンク・au・ドコモと本体代を見比べてみよう。」でした。