りんごあつめ(旧館)

りんごあつめは、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Apple製品の情報をお届けするガジェット系ブログです。たまにAndroidスマホの話題も。

ふるさと納税、iPadやVAIOなど品切れの中、長野県喬木村のエプソンダイレクト製タブレット端末を申し込みました。

Japanese Water-Mill of Jige Furusato Village / 水車小屋

「どうせ納税するなら、自分のふるさとへ寄付したい。」と思い、ふるさと納税サイトを覗いてみました。返礼品は思った以上に種類豊富で、低額の寄付金額でも美味しそうな果物や肉などの特産品が返礼品としてもらえることが判明。

ふるさと納税の受付終了日は本日までですので、気になる方のために簡単にサクッとまとめてみます。

ふるさと納税制度について:

ふるさと納税は年収いくらくらいから出来るのか。

私が最も気になったのはココ。ふるさと納税って、どうせ年収が高い人がやるんでしょ?って思ってました。

しかし、ふるさと納税サイト「ふるなび」の目安を見てみると、下記のように記載されています。(2016年12月31日現在)

寄附者の給与所得 控除上限額 寄附金額の目安
独身または共働きの世帯 300万円 25,000円 27,000円
夫婦(扶養)のみの世帯 300 万円 17,000円 19,000円
夫婦と子供一人の世帯 300万円 10,000円 12,000円
夫婦と子供二人の世帯 300万円 1,000円 3,000円

上記の表は「ふるなび」の目安表から寄附者の給与所得が300万円の世帯の控除限度額と寄付金額目安を抜粋したもの。

控除上限額は年収や家族構成などに応じて異なるものの、私が従来、こんな年収じゃふるさと納税制度は使えないと思っていた給与所得300万円の方でも、充分に寄付できることがわかりました。

つまり私もふるさと納税できちゃうってこと。そう考えると今までなんとも勿体無いことをしていたなぁと後悔してしまうところです。

更に詳しく目安や控除金額について知りたい方は、上記のふるなびサイトの解説をご覧ください。

私が申込んだのは「エプソンダイレクト製10.1型 タブレット」

f:id:starline1201:20161231164329p:plain

そんなこんなで私でもふるさと納税を利用できることがわかったので、私の所得でも申込できてしまう長野県喬木村の返礼品である、「エプソンダイレクト製10.1型 タブレット」を選んでみました。

まぁ本当はゆかりのある地への納税がしたかったのですが、来年早々に引っ越す予定があったり、最近は家で料理が出来る状態ではないので、料理家電や肉・野菜系は難しいという判断になってしまった結果でもあります。

しかし、Apple製品以外のタブレット端末も精力的に試してみたかったので、願ったりかなったり!

エプソンダイレクトのタブレット端末が自宅に到着したら、このサイト上でレビューしてみようと思います。

ふるさと納税が出来るかどうかチェックを

ということでふるさと納税の受付は今日12月31日まで!

ただ何となく納税するより、自分が納税したい地を決めて、その土地から返礼品をもらうことで、今まで知らなかったものが見えてくるかもしれませんよ。

税金の勉強に、ふるさと納税を活用してみてはいかがでしょうか。

以上「ふるさと納税、iPadやVAIOなど品切れの中、長野県喬木村のエプソンダイレクト製タブレット端末を申し込みました。」でした。

参考リンク

私もふるさと納税で家電やらパソコンやらを貰ってみたいという方は下記記事も参考に。家電やパソコンが貰える自治体の情報をまとめています。

iphone-news.hatenablog.jp