iPhone最新情報

iPhone最新情報は、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Appleの最新情報をお届けするITメディアです。iPhone8予約に関する最新情報を中心に配信中。

2017年日本上陸のGoogle Homeで出来ることとは?Google Homeの便利な使い方・日本語対応・発売日・価格など気になることをまとめました。

Google Home tech

コンピューターに音声で指示を出す。かつてはSF映画の中の出来事でしたが、今やそれが現実のものになりつつあります。

今回はそんな「音声認識デバイス」の1つで、日本市場への投入が決まったGoogle Homeについてまとめてみました。

Google Homeってどんなデバイスなの?

Google Homeは、Googleが開発した音声認識機能を活用したアシスタントデバイスです。見た目は単なるBluetoothスピーカーですが、このGoogle Homeに話しかけると、iPhoneでいうSiriのように答えが返ってきます。

例えば、朝起きてすぐに「今日の予定は?」と尋ねれば、「9時から◯◯商事と会議です」といった感じで答えてくれるというわけ。これだけだと「別にiPhoneでSiriを使えば良いのでは?」と考えがちですが、実はそれは大きな間違い。

大事なのは、そう、スピーカーであることなのです。

スマートスピーカーは音声認識と相性抜群

確かに、音声認識システムを”使うだけ”なら、スマートフォンやPCを使った既存のシステムでも事足ります。

しかし、既存のデバイスでは、音声認識を使うために物理的な操作(ボタンを押す等)が必要なケースが少なくありません。iPhoneなら「Hey, Siri」機能を使って声だけでSiriを呼び出す事もできますが、これも「iPhoneがユーザーの声を認識できる位置にある」という最低条件があります。

iPhoneをポケットに入れたままSiriを使いたいなら、現状では相当大声でSiriを呼び出すか、Apple Watchを使わなくてはなりません。

一方のGoogle Homeはスピーカー型となっているので、少なくともポケットから取り出したり、時計に向かって話しかける必要はないのです。自宅で使う前提なら、どちらがスマートかは明らか。スピーカー型デバイスの方が音声認識との相性が良いのです。

Google Homeで出来る主な機能まとめ。

Google Home in a cozy reading nook.

みなさん、Google Homeのことが気になってきましたか?では、そろそろ、このデバイスでできる事をご紹介しましょう。

1:予定の確認

Google Calendarと連携することで、自分の予定を音声で確認することが出来ます。前述したように、朝起きた時に今日の予定を確認することもできるので、まるで秘書をもったかのような感覚を味わえます。

2:電話を掛ける

日本での導入時期は未定ですが、先行してサービスインした米国では、Google Homeだけで電話を掛けることも出来ます。

事前にGoogleコンタクトに友人などの連絡先を同期しておく必要がありますが、Android端末なら標準でGoogleコンタクトとスマートフォンの電話帳が連動している機種も多いので、登録はそれほど苦にはならないでしょう。

もちろん、iPhoneも連絡先の同期をiCloudからGoogleアカウントに切り替えれば、同じように同期可能です。

3:スマート家電を操作する

AppleでもSiriで対応家電を操作する機能がありますが、当然Google Homeも同じような機能を備えています。

これを使えば、使っていない部屋の照明を、その部屋へ行かずに消すなんてことも可能。特に小さなお子さんの居る家庭では、なかなか便利な機能ではないでしょうか?

4:ニュースを流す

Google Homeに話しかけるだけで、最新のニュースをWeb上から検索して読み上げてくれる機能も搭載しています。

これなら、忙しい朝、着替えやメイクをしながら最新ニュースをチェックするなんてことも可能です。もう、電車の中でニュースをチェックするのは時代遅れなのかもしれませんね。

5:覚えてもらう機能

Google Homeは賢いので、例えば物の場所を覚えておいてもらうことも出来ます。どこに何をしまったか忘れがちな方は、この機能を使うととても便利。

利用頻度の低い物は「あれ、どこに入れたっけ?」とか「ここにしまったはずなのに……」ということが起こりがちなので、地味に使える機能ではないでしょうか?

6:もちろん検索やタイマー設定もできます

Google Homeという名の通り、Webを検索する機能も使うことが出来ます。

このほかにも、Siriでおなじみのタイマー設定機能も使えるので、料理をしたり、カップ麺を作る機会が多い方も安心。特に料理中はスマホに触れないことも多いので、音声だけで操作できるのは地味にありがたい機能ですね。

日本での発売日は?

2016年10月5日より予約受付が始まり、2016年11月4日から発売されたGoole Home。この時点では日本での発売はアナウンスされていませんでしたが、2017年5月の「Google I/O 2017」において、2017年夏に日本でもHoole Homeが発売されると発表がありました。

現状では日本語対応していませんが、日本発売にあわせてGoogle Assistantが日本語対応になるそうです。

日本での販売価格は?

アメリカでは129ドルで販売されていますが、日本での販売価格はいくらになるのでしょうか。残念なことに、「Google I/O 2017」では日本での発売価格について発表されませんでした。分かり次第、追記します。

まとめ:これからは音声の時代。

aper-Google-Home

今回は、日本市場への投入が正式に決まったGoogle Homeについて、その基本的な部分をまとめてみました。

この手のデバイスは日本ではまだまだ普及していないのが現状ですが、Google Homeが上陸すれば、対応するスマート家電と合わせて一気に普及していくのではないでしょうか?

ちなみに、先日開催されたGoogleのイベントでは、音声認識機能とジューサーを組み合わせて、指示したジュースを作ってくれるマシンも紹介されていました。

また、先日のWWDC 2017で、噂通りのApple純正Siri搭載スピーカー「HomePod」もお披露目されました。Google Home、HomePod、Amazon Echoの比較は後日することにしますが、技術革新って本当にすごいですね。

コンピューターがアールグレイを淹れてくれる日も、実はもうそこまで来ているのかもしれません。

以上「2017年日本上陸のGoogle Homeで出来ることとは?便利な使い方・日本語対応・発売日・価格など気になることをまとめました。」でした。