iPhone最新情報

iPhone SE/iPhone 7 ・7 Plus / MacBook Air / MacBook / MacBook Pro /iMac/iPad mini / iPad Pro/Apple WatchなどAppleの最新情報をお届けするITメディアです。

GPS追跡機器の重さ、大きさはどれくらい?実際にレンタルしてGPSの重さとサイズを計測してみた。

iPhoneなどのスマホやパソコン・携帯電話から位置情報を確認できるGPS追跡機器。車・バイク・自転車のどれにつけるにしても小さくて軽い方が良いように思えます。そこで、実際にレンタルしてGPS追跡機器の重さ、大きさを測ってみました。

バイクや自転車への設置は小型がオススメ。


今回は袋にGPS追跡機器を入れて使うことを想定して、超小型タイプ「JIS-2000」をレンタル。GPSレンタル会社は色々あったんだけど、今後、旦那さんに浮気されることを想定して浮気調査GPS発信機のレンタル専門店「ムセンショップ仙台」でレンタルしてみました。いや、私は独身なんで、まずそこからどうにかしろよって話は棚に上げておきます。

今回は2種類のGPS追跡機器のうち超小型タイプ「JIS-2000」をレンタルしましたが、追跡期間が長期に渡る可能性がある場合は、充電時間が長い長時間タイプ「JIS-4000」がオススメです。公式サイトによる大きさや重さなどを表にしてみました。

長時間タイプ(JIS-4000) 超小型タイプ(JIS-2000)
サイズ 71x54x21mm 59x46x14mm
重量 109g 48g
バッテリー継続時間
待機状態
30分間隔で検索
10分間隔で検索
連続検索

90日間
40日間(1920回)
20日間(2880回)
2.7日間(4000回)

20日間
10日間(480回)
5日間(720回)
0.7日間(1000回)
バッテリー残量表示 可能 可能
自動検索 可能 可能
現在位置検索 可能 可能
GoogleMap表示 可能 可能
ストリートビュー 可能 可能
GPS設置可能 車・バイク・自転車
位置精度 数m以内 数m以内

では、実際にレンタルして、重さや大きさを測ってみた結果はどうだったのでしょうか。

思った以上に小さくて軽い。ただし、厚みアリ。

レンタルを申し込んでから即日発送していただき、翌日には届きました。そこで計測してみると、縦横のサイズはお守りサイズ。これはありがたい。

ただ、お守りに入れようと思ったところ、GPS追跡機器の厚みが思った以上にあり、お守りに入れることはかないませんでした。これはやっぱり、車体にテープと磁石でつける方が現実的なようです。

持った感じは、とても軽い。

実際に計測してみたところ、60gと表示されました。公式サイトに記載されている重さとは異なりますが、60gでもかなり軽く、カバンの中に入れていても全く気になる重さではありませんでした。

iPhoneなどのスマートフォン・携帯・パソコンから24時間、位置情報を把握できる!

このGPS自体を悪用するのは、言うまでもなくご法度ですが、浮気調査や社員の行動調査に威力を発揮します。社員に社用車のガソリン代を請求された時、かなり怪しい額を請求されたことはありませんか?そんな時のためにも、このGPS追跡機器は威力を発揮します。その他、介護や子供の安全確保にも役立ちます。

今回使ってみて、設定をしっかりすれば位置情報は少ない誤差で把握できるとわかりました。それについては、また別途記事にしますが、使い勝手がかなり良かったのは確か。専用ソフトなしだから、家のパソコンはもちろん携帯電話やスマートフォンで24時間位置情報を把握することができます。インターネットがつながる端末であればOKというわけ。しかも、GoogleMapやストリートビューで直感的にどのあたりにいるのかがわかるというのも、安いGPSロガーではなかなか付属していない機能なので、明確に位置情報を把握したい方にはオススメです。

「GPS追跡機器って使い勝手はどうなんだろう?」と思っている方は、まずは5日レンタルしてみてはいかがでしょうか?

以上、「GPS追跡機器の重さ、大きさはどれくらい?実際にレンタルしてGPSの重さとサイズを計測してみた。」でした。