iPhone最新情報

iPhone SE/iPhone 7 ・7 Plus / MacBook Air / MacBook / MacBook Pro /iMac/iPad mini / iPad Pro/Apple WatchなどAppleの最新情報をお届けするITメディアです。

発売予定の次期iPhone、名称はiPhone7じゃない?今すぐ買替えを検討しているなら、iPhoneSEやiPhone6sが妥当かも。

iPhone 7 Front

新型iPhoneの情報がどんどん出ていますが、ここに来て新しい情報が入ってきました。それは、iPhone7となるべき端末が「iPhone7」という名前にならず、別の名前に変更されるのではないかという話です。本来であれば、2016年に販売されるものは「iPhone7」となると思われていました。しかし、その名前が変更されることによって、iPhone7が先送りされるような形になるようです。

新しい端末はマイナーチェンジ程度のため、別の名称か。

iPhone 7/7PRO 3d models

新しい端末は、あまり変更されるポイントが少ないことを想定し、別の名称に変更して販売されるのではないかと見られています。iPhoneSEのように、数字を利用するのではなく、英語を利用して端末の名前を使う可能性が指摘されています。一方で、メージャーチェンジとなるiPhone7として販売されるものは、2017年になるとされています。これによって、販売される端末は、画期的な変更をしないかぎり数字を持ちいらないのではないかという意見も出ています。

現状で判明しているのは、防水能力の大幅な向上と、イヤホン部分を別の端末と併用できるような部品に切り替えている程度です。次期iPhoneの機能に関する詳細は下記の記事を参照してください。

それ以外に、端末の大きさが変更されるなどの新機能を搭載するなどの情報がないため、変更点が乏しいために「iPhone7」としないのではないかと予想されています。

画期的な変更まで、iPhone名に数字を使わない主義?

Apple CEO Tim Cook

もしこの情報が正しいとすれば、次に販売されるものはiPhoneSEクラスの端末となる可能性が高いため、正直変更されているポイントは少ないでしょう。これをiPhone7と命名するには変化が乏しいことを考えると、Appleの方針に合わないのかなと思います。そのため、画期的な変更をするまで、数字を使わない方法は良いのではないかと思います。

もっと画期的に変更して、「これぞiPhone」と言えるような端末にならないと、数字を利用する場面は訪れないと思います。もし既存のiPhoneから大幅に変更された箇所がないiPhoneをiPhone7として販売されると、Appleファンからも不評を買うことにつながり、Appleとして大打撃を受ける可能性がありますからね。

iPhone6の改良版なら「iPhone6+英字」?

iPhone SE Space Gray

現在出ている情報に加え、iPhone7の名称見送り。これらを総合的に考えると、iPhone6sなどのように、端末の番号はiPhone6として、別の名称を付けるのではないかと思われます。iPhone5sやiPhone5cのように、別の名前をつけておき、事実上iPhone6の改良版ですという名前に変えてしまうのも、悪くないのではと思います。

ただ、iPhone6sは既に販売されて使われているので、iPhoneSEのように端末は似ているけど、実質別商品扱いになってしまうかもしれません。iPhoneを近々買い替えたいと思っている方には悩ましいニュースですが、新技術が何かしら投入されることは確実なので、待てるのであれば今秋の新型iPhoneに注目したいところです。

今使っているiPhoneの損傷が激しいから早く変えたいというのであれば、現在発売されているiPhoneSEやiPhone6sなどを購入するのもアリかなと思います。私はiPhoneSEを使っていますが、結構使い心地はいいですよ。

以上、「次期iPhoneの名称はiPhone7じゃない?今すぐ買替えを検討しているなら、iPhoneSEやiPhone6sが妥当かも。」でした。