iPhone最新情報

iPhone最新情報は、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Apple製品の情報をお届けするガジェット系のITメディアです。たまにAndroidスマホの話題も。

iPad Proと新型9.7インチiPad (2018)の違いとは?スペック・過去iPadとの共通アクセサリなど、気になる情報をまとめてみました。

2018年3月27日発売のiPad
2018年3月27日発売のiPad。今までのiPadと何が違う?
2017年3月27日(現地時間)、Appleはシカゴで行った発表イベント内で、新しいiPadをデビューさせました。

噂情報では廉価版か、はたまたApple Pencil対応版かと様々な噂が流れましたが、その答えは一体どうなったのか?

今回は、事前情報の答え合わせも含めて、この新しいiPadのスペック面を解説していきましょう。

新型iPadの価格:

価格面は無印iPadの後継機種

今回の発表については、事前の噂で、当初は廉価版のいわゆる無印iPadがアップデートされるとみられていました。

その後、Apple Pencil対応説が出てきたことで、当サイトでは9.7inch版iPad Proをベースとした、今のiPad Proと無印iPadの中間価格帯の製品になると予測していたのですが、結果は発表の通り。

なんと、従来の無印iPadから価格据え置きで、各種バージョンアップとApple Pencil対応という驚きの展開となりました。

これから新規でiPadを買ったり、非Pro機から乗り換えを検討されている方には朗報ですが、Apple Pencilを使いたくて高価なiPad Proを買ったという方にとっては、少々納得しがたい気分かもしれませんね。

ちなみに、米国では、教育機関向けに従来の無印iPadよりも更に安い価格で提供される模様。これは、教育市場での他のOSのシェアを大きく奪うことになるかもしれません。

新型iPadのスペック(仕様)

CPUはA10Fusionプロセッサを搭載

今回の新しいiPadでは、CPUが従来のA9(iPhone6s相当)から、1世代新しいA10(iPhone7相当)にバージョンアップされました。

CPUの世代としては、現行のiPad Proに追いついたことになりますが、こちらはグラフィック能力を強化したA10Xプロセッサを搭載しているので、CPUの能力的にはiPad Proの方が上ということになります。

また、6月のWWDCではこのiPad Proも新しくなり、順当に行けばiPhoneX世代のA11Bionicプロセッサ相当の物を積んでくるでしょうから、両者の差が縮まるのも数ヶ月間だけでしょう。

とはいえ、A9からA10に世代交代したことで、処理能力は着実に向上しています。

パワーの必要な処理はiPad ProやiPhoneX、あるいはMacに譲るべきでしょうが、軽い処理であれば特段問題は感じないはず。

特に、Office系アプリやWebブラウジング、電子書籍などでの利用がメインなら、十分な処理能力といえるでしょう。

画面サイズは9.7inchでやや小さめ

iPad Proの12.9inchや10.5inchは、私達が普段の仕事や勉強でよく利用する紙のサイズに近い、あるいはそれより大きくなる為、特に書類を扱うときには重宝します。

一方、従来型の9.7inchの場合、A4用紙よりもだいぶ小さめなので、A4用紙へ印刷することを前提にしているPDFファイルなどを見ようとすると、少々違和感を感じることもあることは事実。

また、iPad Proのように、120Hz対応で滑らかな表示が可能な液晶ディスプレイを搭載している訳でもないので、その点でも気になる方は気になってくると思われます。
この辺りは好みの問題ではありますが、より紙に近い感覚を望む方は、iPad Proの方が良いかもしれませんね。

SmartKeyboardには非対応

iPad Proシリーズの特徴であるSmartKeyboard(iPad Proに取りつけるだけで、すぐにタイピングできるキーボード)については、今回のiPadは非対応となります。これは、SmartKeyboardに対応したコネクターを搭載していない為。

とはいえ、既存のBluetoothキーボードは、AppleのMagicKeyboard2を含めて多くのモデルを使用できるので、実際には大した問題にはならないでしょう。

また、セキュリティ上の理由でBluetoothキーボードを使いたくないという方の場合は、

上記のような製品を使えば大丈夫です。

Apple Pencilに対応!

f:id:starline1201:20180330191502j:plain
今回、一番大きなニュースが、このApple Pencilに対応したことです。

Apple Pencilは、元々iPad Pro用に開発された専用タッチペンで、市販のどのタッチペンよりもiPadとの相性が良く、またパームリジェクション機能に対応しているので、Apple Pencilの使用中に手がディスプレイに触れてしまっても、画面上でペン先が思わぬ方向に飛んでしまい事もありません。

充電もLightning接続でiPadと接続すれば、短時間で急速充電することができるので、(iPad側のバッテリーが十分に残っていれば)使いたい時にバッテリー切れなどという残念な事態も回避することが可能。

従来、このApple PencilはiPad Proでしか使えなかった為、どうしても使いたいという方は、作業内容がiPad Proのようなハイスペックを必要としていなかったとしても、高価なiPad Proを購入する必要がありました。

しかし、今回の発表により新しい無印iPadもApple Pencilに対応した為、無理をして高価なiPad Proを購入する必要もなくなります。

既にProを購入済の方は心中穏やかではないでしょうが、これから新しく購入するという方は、安く揃えることが出来るのは大きなメリット。

この春、タブレットを新調する方には、とても良い選択肢になるかもしれません。

各種アクセサリーは無印iPad(第5世代)と共通

今回の新しいiPadですが、どうやら筐体部分は先代の無印iPadと共通化されているようです。

その為、スマートカバーなどのアクセサリー類は、基本的には無印iPad(第5世代)と同じ物を使う事ができます。

ちなみに、Apple製のスマートカバーはiPad Air/Air2とも共通なので、現在こちらのデバイスを使っている方は、今回の新しいiPadに買い換えた後もスマートカバーをそのまま使う事が可能です。

iPad用のスマートカバーは意外と値が張る物なので、これは古参ユーザーにもありがたい仕様といえるでしょう。

ストレージ容量は32GBと128GBの2種類

処理能力などの性能面に加えて気になる部分が、アプリやデータを入れておくストレージの容量。

こちらは、従来と同じく32GBと128GBの2種類となりました。

どちらの容量にするかは使い方によっても違ってきますが、もし迷っているようなら、(予算が許すなら)128GBの方がお勧めです。

実際、私が今使っているiPad Air2(64GB)も、買った当初は64GBで余裕と思っていましたが、最近は大分空き容量が減ってきており、次の買い換え時には128GBを真剣に検討する必要が出てきました。

iPadの場合、AndroidやWindowsタブレットのように、あとからSDカードを追加してストレージを増やすということが出来ませんから、基本的には「大は小を兼ねる」で行くのが良いでしょう。

まとめ:iPad Proと新型iPadの違いはごくわずか!


今回は、発表されたばかりの新しいiPadについて、スペック面を中心に解説してみました。文章だとわかりにくいという方は、こちらのスペック比較表をどうぞ。

従来機から価格据え置きで性能アップ&Apple Pencilに対応させるという、驚異の太っ腹ぶりを見せたApple。

それだけに、今は6月に発表されるであろう新しいiPad Proがどうなってくるのか、そこがとても気になっています。

プロ用のiPad Proに比べ、今回の新型iPadは安いのに使いやすさ抜群であることを考えると、iPad需要を押し上げてくれるタブレットになったと言えるかもしれません。

ただし、急ぎで購入の必要がない方は、今回の新しいiPadの整備済み製品が出た辺りを狙ってみるのがオススメ。

保証もしっかりしてて安価なApple製品が欲しいという人にとっては、Appleの整備済品って良いですよ。詳細については下記の記事にまとめていますので、まだAppleの整備済品を購入したことがないという方は、ぜひ覗いてみてくださいね。

以上「iPad Proと新型9.7インチiPad (2018)の違いとは?スペック・過去iPadとの共通アクセサリなど、気になる情報をまとめてみました。」でした。