iPhone最新情報

iPhone最新情報は、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Appleの最新情報をお届けするITメディアです。iPhone8予約に関する最新情報を中心に配信中。

ロジクールのiPadmini4キーボードが超便利!iPadmini4専用 Bluetoothキーボードカバー「Logicool CANVAS ik0772」を使ってみた感想。

f:id:starline1201:20170427114621j:plain

以前購入したiPadmini4を快適に使ってはいたものの、フリック入力での文字入力は長時間作業するには不向きだということに気付き始めました(遅い?w)。(iPadmini4のレビューについては、下記の記事を参照してください。)

そこで今回は、モバイルデバイスで人気を博しているロジクールのキーボードに絞って、iPadmini4専用キーボードを選んでみました。キーボードを選ぶにあたって考えた条件や、結果的に購入した「Logicool CANVAS ik0772」をレビューします。

Logicool CANVAS ik0772を選んだ理由。

今回、私が考えたiPadmini4のキーボード選択条件はこちら。

  1. キーボードとケースが一体型なので持ち運びに便利。
  2. キーピッチ(キーとキーの間隔)が広く入力作業が捗る。
  3. 乾電池式ではなくバッテリー内蔵型。

まず重要視したのがキーボードがケース一体型であること。iPadmini4を頻繁に持ち歩いているので、キーボード一体型じゃないと「あ!今日キーボード忘れちゃったよ…。仕事効率悪くなっちゃうな。」という事態が起こってしまう可能性が高いためです。

また、安いキーボードの中には、キーピッチが狭く、非常に文字が打ちにくい商品もあります。プライベートなメール返信やウェブサイト閲覧程度しか使わないのであれば別の話ですが、私の場合は仕事でもキーボードを使わなければいけないので、キーピッチが広いことは非常に重要でした。

充電の仕方に関しては好みが分かれるところかと思いますが、私は充電できるタイプの方が好きなので、今回は充電できるものを探しました。

1:キーボードとケースが一体型

f:id:starline1201:20170427101411j:plain

最初キーボード単体で購入も検討したのですがiPadmini 4のサイズなら一体型のキーボードケースの方が持ち歩きやテキスト作業がはかどります。

2:キーピッチが広く入力がしやすい。

f:id:starline1201:20170427114539j:plain

キーピッチは16mmとタッチタイピングすると違和感なくスムーズに入力可能。上のファクションキーが少し小さいので、慣れが必要です。

3:乾電池式ではなくバッテリー内蔵型なので経済的

キーボードを使う環境にも左右されますがバッテリー稼働時間が最大6ヶ月と長期間使用でき、側面のMicroUSB端子で充電します。

上記以外の条件として、チャタリング現象が起きにくいことも条件の1つでした(チャタリングとは、1文字入力する際に「つつつつつ」などと勝手に複数回文字が入力されてしまうことを言います。)。ただ、これに関しては使ってみないと分からないし、ハードだけの問題でもないところがあるので、条件には入れていません。

ただ、チャタリング現象が頻発する商品であっては困るので、事前に「Logicool CANVAS ik0772 チャタリング」と検索しました。しかし、チャタリング現象が頻発しているような検索結果が得られなかったので、Logicool CANVAS ik0772に決めました。

覚えておくと便利なショートカット集

私がiPadを使う上で駆使しているのが、ショトカっとキーです。これを使うのと使わないのでは、入力速度に大きな差が出てきます。

下記は私がよく使用しているショートカットキーです。まだiPadでショートカットキーを使ったことがない方は、ぜひトライしてみてくださいね。

エスケープ 「fn」 + □(スペース右横)
バックスペース 「fn」 +「 delete」
キーボード(英数字)切り替え 「fn」 +「4」 で任意のキーボードを選択
スクリーンショット 「fn」 + 「6」
アプリ切り替え 「fn」 + 「cmb」 + 「tab」
ホーム画面 □(Home)キー(スペース右横)
起動アプリ一覧 「fn」 + 「スペース」

「Logicool CANVAS ik0772」のメリット。

「Logicool CANVAS ik0772」最大のメリットは、何と言っても文字入力がしやすい点です。

テンキーとテンキーの間隔も絶妙で、非常に入力しやすい!プライベートでも仕事でもiPad mini 4を使いこなしたいなら必須ですね。Bluetoothとの連携もスムーズですぐに使えるのもポイントが高いです。

「Logicool CANVAS ik0772」のデメリット。

f:id:starline1201:20170429131332j:plain

上記画像はiPadmini4を装着した時の総重量なのですが、キーボード一体型ケースは持ち運びの際の重量が当然ながら重くなります。高ストレスになるというほどではありませんが、少し気になるところです。

また、キーボード配列がUSキー配列のみなのでJISキー配列版も市販してほしかったというのが正直な感想ですね。

欲張り過ぎかもしれませんが、カラーバリエーションがブラック1色のみなので、ホワイトモデルを出すなど、多色展開すればもっと面白い商品になると思います。

さらに、重さ・USキー配列・単色展開のわりに、価格が高めなのが気になります。12,800円(2017年5月30日現在オンライン価格)なので、購入する際は非常に悩みました。

iPadmini4にぴったりのキーボード「Logicool CANVAS ik0772」。

f:id:starline1201:20170427114621j:plain

上記のようなデメリットはあるものの、iPadmini4を使い込む上で「Logicool CANVAS ik0772」は必須だと再確認しました。今のところ、チャタリング現象も起きず、入力のしやすさは抜群です。「Logicool CANVAS ik0772」を購入して後悔は全くしていませんし、iPadmini4を使いこなせるようになって感動すらしています。

思い切って買ってよかったので、iPadmini4専用 Bluetoothキーボードカバーの購入を検討されている方は、参考にしてみてくださいね。「Logicool CANVAS ik0772」のより詳しいスペック(仕様)については、下記Amazonなどの情報を参照してください。

Logicool ロジクール iK0772 Bluetooth キーボードケース for iPad mini 4 Ik0772bk

Logicool ロジクール iK0772 Bluetooth キーボードケース for iPad mini 4 Ik0772bk

以上「ロジクールのiPadmini4キーボードが超便利!iPadmini4専用 Bluetoothキーボードカバー「Logicool CANVAS ik0772」を使ってみた感想。」でした。
まだiPadmini4を購入していない方は、iPadmini4の選び方に関する情報をまとめてありますので、こちらも参考にしてくださいね。

まずはデータ容量。これを決めないと始まりません。

さらに、iPadは持ち運びのサイズや重さも重要な選択ポイント。使いにくいと、購入してからお蔵入りしてしまう率が高くなるので、慎重に選びましょう。