りんごあつめ(旧館)

りんごあつめは、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Apple製品の情報をお届けするガジェット系ブログです。たまにAndroidスマホの話題も。

iPhone XのApple Payの使い方は?SuicaやクレジットカードをApple Payに登録して使うには慣れが必要

iPhoneXかiPhone8のどちらを購入しようか考えている場合、Apple Payの使い勝手も気になるところかと思います。

そこで今回は、iPhoneXとiPhone8のApple Payを使って思った、使い勝手をレビューしてみます。

ロック画面からApple Payを呼び出す方法・iPhone8/8 Plus編

iPhone8/8 PlusやiPhone Xのどちらでも、ロック状態からApple Payをすぐに利用できる操作があります。ホームボタンを搭載しているモデルなら、画面が消えている状態からホームボタンを素早くダブルクリックしてください。

すると画面には、iPhoneに登録されているクレジットカードやSuicaなどを選択する画面が表示されます。

次に支払いに使用するカードを選んで、Touch IDで認証を済ませると画面に”リーダーにかざしてください”と表示されます。

あとは店員にSuica・iD・QUICPayなど、支払いに使用するカードを伝えてカードリーダーにかざすだけです。

ちなみに、ホームボタンをダブルクリックする指がTouch IDに登録されている指の場合、ダブルクリックしている時にTouch IDによる認証が完了してしまうのでカードリーダーにかざすだけ決済完了です。

ロック画面でApple Payを呼び出す操作・iPhone X編

ホームボタンを搭載していないiPhone Xで、ロック状態からApple Payを呼び出す操作はサイドボタンを2回ダブルクリックします。

すると、カードを選ぶ画面が表示されるので支払いに使用するカードを選び、ディスプレイを見つめるだけでFace IDの認証が終わり”リーダーにかざしてください”と表示されます。後は店員に支払いするカードの種類を伝えて決済するだけです。

ちなみに画面を見ながらサイドボタンをダブルクリックしても、再度Face IDを起動させているせいかTouch IDの時も本当に少しだけ遅い感じがするという印象です。

私はさほど気になりませんが、毎日激混みのコンビニでお弁当を買っていて、数秒でも遅いのは嫌だと思われるのでしたら、iPhone8などのホームボタンがあるモデルを選ぶほうがいいかもしれません。

Suicaは認証をしなくても改札や自動販売機で買い物可能

SuicaはTouch IDやFace IDの認証をしなくても、改札を通ることも自動販売機やコンビニエンスストアの支払いに利用することができます。

これはSuicaを、認証をしなくても利用できるエクスプレス設定がされているからです。

クレジットカード系はエクスプレス設定をする事ができませんが、Suicaは改札を通るたび認証していては面倒になってしまうため、このような設定ができたのかしれませんね。

Suicaを複数枚Apple Payに登録しても利用可能。

Suicaを複数枚Apple Payに登録することも可能です。ただし、最初に Wallet アプリに追加した Suica 1枚のみが自動的にエクスプレスカードとして設定されるので、注意が必要です。

特に改札を通過する場合にエクスプレスカードとして設定していないと、毎回指紋認証か顔認証が必要となり、非常に不便です。電車やバスで利用する可能性の高いSuicaをエクスプレスカードとして登楼しておきましょう。

登録方法は、iPhoneの場合、[設定] >[Wallet と Apple Pay]の順にタップします。その後、[エクスプレスカード]を選択し、新たにエクプレスカードにしたい Suica を選択。その後、Face ID、Touch ID、またはパスコードで認証すればOKです。

Suicaをエクスプレス設定で利用できない場合がある。

ただし、注意が必要なのはSuicaをエクスプレス設定で利用できない場合があるということ。

通常ApplePay上のSuicaを使う時は、エクスプレス設定しておくことで、Touch IDや Face IDでロック解除せずとも使用できます。

しかし、お店のSuica端末が「マルチ」の場合、つまり、お店の読取機が他のQUICPayやiDも読み取れるような状況にあると、Suicaをエクスプレス設定で利用できないことがあるようです。

iPhone7・iPhone8などのTouch ID搭載モデルでも同じで、タリーズなどの決済端末とかよく引っかかることがあります。

反面、駅やバスのSuica決済機はSuicaしか読み取れないので、Face iDは不要。

ただし、どこの世界にも例外が存在するようで、決済端末もSuica以外読み取れるはずだけど、エクスプレス設定のままSuicaを使えた(Face IDも不要)という場合もありました。

どういう仕組みかわからないのですが、おそらく決済機を作ってるメーカーに寄る仕様としか言いようがない状況です。

「もしかしたらFace ID でロック解除しないといけないかもしれない」と心構えを持ってApple Payで決済を行えば、慌てずに済むでしょう。

支払いのタイミングは?

支払う際にどのタイミングで認証を済ませてしまえば良いか迷ってしまう場合は、店員に”○○円になります”って言われた直後が一番いいと思います。

実際にレジで値段を打ってもらっている時に、認証を済ませて待っていたことがありますが、画面が消えてしまうと、またApple Payを呼び出すところからになってしまいます。

であれば、店員の”○○円になります”の言葉でApple Payを呼び出し認証しながら”iD”でとか、“QUICPayで”とか言えばOKです。あとはタッチセンサーにiPhoneをかざして決済終了。

小銭を数えたり、お釣りを財布にしまったりすることなく買い物が済ませられるって本当に便利です。あまりにも便利すぎるので癖になっちゃいますよ。

まとめ:Apple Pay使いやすさ対決は、iPhone8に軍配!

残念なことに、現状のiPhone XのApple Payは、個人的に直感的に使いにくく、iPhone8のApple Payの方が使いやすいという印象です。

もちろん、iPhone7をずっと使い続けていたので、指紋認証に慣れてしまっただけなのかもしれません。

Face IDに関しては別途記事にしますが、使いにくい場面もチラホラ。

今後は改良が加えられていくと思いますが、当面は慣れている指紋認証で良いのであれば、iPhone8をオススメします。

以上「iPhone XのApple Payの使い方は?SuicaやクレジットカードをApple Payに登録して使うには慣れが必要」でした。