iPhone最新情報

iPhone SE/iPhone 7 ・7 Plus / MacBook Air / MacBook / MacBook Pro /iMac/iPad mini / iPad Pro/Apple WatchなどAppleの最新情報をお届けするITメディアです。

「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」対象機種だったので、iPhone6sのバッテリー交換プログラムを利用してみた〜申し込み編

iPhone 6s configurar-cambiar la sensibilidad del 3D Touch

先日、Appleから『iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム』について発表されました。

この件は以前当サイトでも下記記事で取り上げました。

私の持っているiPhone6sも調べてみると、ちょうど(?)私のiPhone6sが交換対象になっていたので、今回は実際にバッテリーを交換してもらった時の様子を2回に分けてレポートしたいと思います。

『iPhone6sバッテリー交換プログラム』って何?

正式には『iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム』というもので、症状は以下の通りです。

症状などは上記のページに掲載されているので、ここでの説明は省略します。

iPhone6sが交換できる場所は?

Genius Bar

残念ながらバッテリー交換対象となってしまった方は、以下のいずれかの方法でバッテリーを交換を申し込めます。

Apple直営店(Genius bar)へ持ち込む

仙台、銀座、渋谷、表参道、名古屋栄、心斎橋、福岡天神の各Apple直営店で、バッテリー交換を行うことが出来ます。

ただし、平日でもかなり混み合っているので、Appleのサポート窓口で事前に予約を取っておきましょう。(飛び込みだと、満員で受付そのものをしてもらえないこともあります。)

Apple正規サービスプロバイダーへ持ち込む

Apple直営店以外にも、Apple正規の修理や交換を行ってくれるお店があります。それが「正規サービスプロバイダー」。

全国各地に多くの店舗があり、AppleのHPから近くのお店を探すことができます。ただし、こちらも直営店同様混み合っていることが多いので注意が必要。

Apple HPや同社のサポート窓口から予約することもできるので、前もって予約してから出向くのがおすすめです。

Appleのサポートページから宅配交換を申し込む

対応店舗が近くになかったり、時間の都合でお店に行けないという場合は、Appleのサポート窓口から宅配便を使った交換を申し込むことができます。

注意が必要なのは、上記の窓口や店舗以外では、交換どころか受付すらしてもらえないこと。

意外と知られていないのですが、多くの携帯ショップや家電量販店は「正規サービスプロバイダー」になっていないので、iPhoneを売ることはできても、修理受付をすることはできないのです。

でも大丈夫!前述のAppleサポート窓口へ問い合わせると、近くの対応店舗の紹介や可能なら予約まで取ってくれます。せっかくですから、どんどん活用しちゃいましょう。

交換までの流れ

ここでは、実際に私が体験した「正規サービスプロバイダーに出向いて交換するケース」についてご紹介します。

概要(この記事では3までご紹介します)
  1. 自分のiPhone6sが交換対象のロットかどうか調べる
  2. 店舗を予約する
  3. 店舗に出向いて交換プログラムに申し込む(この日は交換できないので注意!)
  4. バッテリー入荷連絡(ここで交換作業の予約)
  5. iPhoneのバックアップを取る
  6. 店舗に出向いてバッテリー交換を受ける

1.自分のiPhone6sが交換対象のロットかどうか調べる

まずは、自分のiPhoneが交換対象となっているか確認します。

こちらの告知ページ内に入力フォームがあるので、そこにiPhoneのシリアル番号を入れて送信ボタンを押すだけ。5分もあれば十分です。

シリアルナンバーのチェック方法

1.ホーム画面から【設定】をタップ
2.【一般】に進む
3.【情報】をタップ
表示された一覧の中に【シリアル番号】というが項目があります。

シリアルを長押ししていると【コピー】というメニューが出るので、ここでコピーしたものを前述のチェックフォームにペーストすると楽ですよ。

2.店舗を予約する

次は交換作業を行ってくれるお店に予約を入れます。私はAppleのサイトから近くの正規サービスプロバイダを探して予約しましたが、面倒な方はサポート窓口に電話orチャットして、お店探しと予約をやってもらうのが確実です。

3.予約当日 店舗に出向いて交換プログラムに申し込む

予約当日になったら、時間に気をつけてお店に向かいます。店員さんに確認すると、今回の交換プログラム開始によってバッテリーが品薄になっているため、申し込み当日の交換はできないとの回答。

そこで、この日はiPhoneの事前チェック(他に要修理箇所があると、それを直さないとバッテリー交換できないため)を受け、交換プログラムの申し込み書類を書いて終了となりました。

というわけで、今回はここまで。次回はいよいよバッテリーの交換作業に入ります。同じように「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」対象機種になってしまった方への参考になれば幸いです。

以上「「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」対象機種だったので、iPhone6sのバッテリー交換プログラムを利用してみた〜申し込み編」でした。

追記:

「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」対象機種だったので、iPhone6sのバッテリー交換プログラムを利用してみた〜交換編 - iPhone最新情報

AppleストアでiPhone6sのバッテリー交換してきた後編記事を公開しました。

バッテリー交換にかかった時間や交換前に気をつけたいことをまとめています。