りんごあつめ(旧館)

りんごあつめは、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Apple製品の情報をお届けするガジェット系ブログです。たまにAndroidスマホの話題も。

Apple公式サイトで販売が終了してしまったiPhone7のレッド色は、NTTドコモやソフトバンクショップ経由ならまだ購入可能です。

f:id:starline1201:20170321221848p:plain
iPhone7(RED Special Edition)、かっこよかったのに…

2017年9月12日の新型iPhone発表とともに、Apple公式サイトから忽然と消えてしまったiPhone7の赤色ver(RED Special Edition)。

以前からAppleは、世界エイズ・結核・マラリヤ対策基金への支援を行ってきました。iPhone7(RED Special Edition)は、そのシンボルカラーとなるREDを採用したiPhone史上初めてのカラーモデルだったのです。

iPhone7/7 Plusは、iPhone6/6 Plus以降大きくデザイン変更ない中、Plusモデルにデュアルレンズカメラが搭載され、ポートレート撮影ができるようになるなど注目を浴びました。

そのiPhone7/7 Plusも昨年発売されたiPhone8/8 PlusとiPhone Xにより、一部のモデルはスペックの変更、そしてREDモデルは販売終了となってしまいました。

ですが、今までのiPhoneにないカラーモデルであったため、購入しなかった事を後悔。今からでも遅くないと、販売されているところを調査してみました。

大手キャリア経由ならまだ在庫ある?

SIMフリー版でなくてもいいのであればソフトバンクやauなどの大手キャリア経由で購入をするのもひとつの手。まだレッドのiPhone7が残っているか調べてみました。

ソフトバンク (softbank)

2018年2月8日現在、ソフトバンク公式オンラインショップでは (PRODUCT)REDのiPhone7/7 Plusの表示がなくなっていました。

在庫がなくなったために表示をやめたのか、Appleの生産終了に伴う形で販売を終了したのかは不明です。

もしかすると再販売する可能性もあるので、ソフトバンクで (PRODUCT)REDのiPhone7/7 Plusを購入したい方は、上記の公式サイトを時々のぞいてみてください。

au(えーゆー)

au(KDDI)でも確認してみましょう。

2018年2月8日現在、ソフトバンクと同様に (PRODUCT)REDの表示がありませんでした。こちらも再販売される可能性もありますので、auで (PRODUCT)REDのiPhone7が欲しい方は、時折り見てみてくださいね。

ドコモ(docomo)

では、ドコモではどうでしょうか。

2018年2月8日現在、ドコモショップで確認したところ「販売終了」の文字が掲載されていました。他のカラーについても在庫なしの文字がチラホラあったので、レッド以外の色も在庫が少なくなっているようです。

2017年9月13日20時28分現在、ソフトバンク・ドコモ・au3社の上記オンラインショップで、iPhone7(レッド)がまだ販売されていることを確認できました。

もちろんiPhone8やiPhoneX発表にあわせて、NTTドコモなどでは実質的なiPhone7の値下げを実行しているので、レッド色のiPhone7を購入するのに都合がいい環境が揃っているということも出来そう(詳しくはこちら)。

iPhone7レッドの在庫が在庫がなくなってしまったのは悲しいですが、iPhone7が手頃な値段で買えるのに変わりはありません。

では、大手携帯会社3社以外に、どこで購入することができるのでしょうか。

iPhone7/7 PlusのREDモデルの入手方法を調査

2017年9月にひっそりと販売を終了していたiPhone7/7 PlusのREDモデルを入手するには、中古スマートフォンを販売している店舗に行くか、一部格安SIM事業者で販売される事があるので公式サイトを毎日チェックするようにするしかないでしょう。

中古のiPhone7/7 Plusを購入するときは、以下の注意点に気をつけてくださいね。

さて、実際に販売しているところはあるのか、有名な中古スマートフォン販売店を、チェックしてみました。

iPhone7レッドを購入できる場所まとめ

ノジマオンライン

数多くの中古スマートフォンを取り扱っているノジマオンラインなら、高確率で手に入るかもしれません。さっそくノジマオンラインのページで、中古iPhoneをチェックしてみました。すると、在庫があとわずか(3/19時点)となっていました。中古の場合は早いもの順になってしまうので、思い立ったら即行動が鉄則かもしれませんね。

イオシス

ちょっと変わったスマートフォンや、入手困難なモデルなど幅広く取り扱っているのがイオシスです。しかもイオシスのサイトをチェックしていると、一部の商品紹介で「SIMロック解除済」と掲載されていました。

お目当てのiPhone7/7 Plusレッドモデルも、SIMロック解除済みで販売されていました。(3/19時点)

SIMロック解除済となっていた場合、今使っている携帯電話会社を気にせず利用することができます。格安SIM事業者を利用することもできます。

本来であれば、一括で購入するか購入から100日を経過(分割購入の場合)した時に、原則SIMロック解除をすることができます。これは携帯電話会社が販売していたiPhoneに限定された条件で、中古で購入したモデルには適用されません。

あとから「SIMロックを解除すればいいや」といって、SIMロックのかかったモデルを購入してしまうと、予定通りにいかないかもしれませんね。

ヤフオク

オークションサイトならSIMフリー版やSIMロック解除されたモデル、内蔵ストレージ容量も128GBや256GBなど、価格を見なければ自分が欲しいと思ったREDモデルが手に入る可能性が一番高いかもしれません。中にはちょっと訳あり品や液晶ディスプレイが割れてしまったジャンクなどもあり、修理をすれば使えるようなモデルまで販売されています。

大手オークションサイトなら、安心して購入することできますね。

楽天市場

iPhone7のREDモデルを検索しても、iPhoneケースの方が出てきてしまうのですが、ごく稀に掘り出し物を掘り当てることがあります。中古でも使用感も傷などもない状態の極上品や未使用品が出展されていることがあります。内蔵ストレージモデルも揃っている可能性もあるので、チェックして見ましょう。

どうしてもiPhone7のREDモデルを手に入れたいと考えている方は、楽天市場やヤフーショッピングなどのオンラインショッピングサイトを、チェックしておきましょう。案外すぐに見つかるかもしれませんね。実際に、チェックして見たら未使用品が見つかりましたよ。(3/20時点)

まとめ:iPhone7(RED Special Edition)はまだ手に入るチャンスあり!

販売が終わり手にすることができないと思っていたiPhone7/7 PlusのREDモデルを、未使用品を入手することも可能性としてあることや、古でも傷などが少ない極上品モデルを手にできるチャンスがまだまだあるってことが調べて見てわかりました。

どうしても欲しいと思う人は、早い者勝ちの世界なので見つけたと思ったらすぐに購入してしまいましょう。

Apple公式サイト以外でも販売が終了してしまったiPhone7のレッド色。NTTドコモやソフトバンクショップ経由で他のカラーであれば、まだ購入可能なので、Apple公式サイトもあわせてご確認ください。だいぶiPhone7が安くなっていますよ。

以上「Apple公式サイトで販売が終了してしまったiPhone7のレッド色は、NTTドコモやソフトバンクショップ経由ならまだ購入可能です。」でした。