iPhone最新情報

iPhone最新情報は、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Appleの最新情報をお届けするITメディアです。iPhone8予約に関する最新情報を中心に配信中。

2017年iPhoneは3モデル!?iPhone7s・iPhone7s Plus・iPhone8の液晶画面・大きさなど、スペックを比較してみた。

iPhone 8 model

ついにAppleスペシャルイベントの開催日が公表されました。このイベントで次期iPhoneが発表されることは、ほぼ間違いないでしょう。

しかも今年は、前年に発売されたモデルのマイナーチェンジ版に当たるiPhone7s/7s Plusと、10周年記念モデルのiPhone8の3台がリリースされるといわれています。

そこで、発表前ではありますが、この3モデルがどのようなスペックになるのか、リーク情報をもとにまとめてみました。もう知ってるよ!という方も、間違いがないか見てやってください。

iPhone8とiPhone7s/7s Plusを比較してみた。

iPhone 8 model

リーク情報をベースに、同時に発表されるiPhone8とiPhone7s/7s Plusを比較してみたいと思います。

液晶画面の違い

まず液晶ディスプレイについてですが、前モデルと同様にiPhone7s/7s Plusは、4.7インチと5.5インチのLED液晶が搭載されるようです。解像度についても前モデルと同じで変更はないといわれています。

全画面がすべて液晶ディスプレイになるため、iPhone8の液晶画面のサイズは5.8インチと予想されています。これは、今までのiPhoneの中でも最も大きい画面サイズですね。また、iPhone8は、iPhone初の有機ELディスプレイ搭載モデルようです。

画面下部はホームボタンがなくなり「ファンクションエリア」が登場

解像度も2,800✕1,242ピクセルになるのですが、ホームボタンがなくなってしまうこともあり画面下部にはファンクションエリアと言うものが用意されるようです。このファンクションエリア分は、通常のコンテンツ表示には利用できないのが特徴。

リークされた情報によると、iPhone8は5.15インチのディスプレイと同等の表示スペースとなるようです。そうなった場合の解像度は「2,436✕1,125」となり、解像度についても、iPhone8はiPhoneの中で一番高精細なモデルになります。

iPhone7s/7s PlusとiPhone7/7Plusの大きさを比較


本体サイズについては、iPhone7s/7s Plusも前モデルから少しだけ大きくなる可能性があることが分かりました。それはワイヤレス充電に対応するためらしく、もしかするとガラス素材の筐体に、強度を持たせるための手段なのかもしれません。

iPhoneManiaによると、大きさはiPhone7が高さ138.3mm、幅67.1mm、厚さ7.1mmに対して、iPhone7sは高さ138.44mm、幅67.26mm、厚さ7.21mmとなるようです。

iPhone7s Plusについても、情報がリークされていてiPhone7 Plusは高さ158.2mm、幅77.9mm、厚さ7.3mmでしたが、iPhone7s Plusは高さ158.37mm、幅78.1mm、厚さ7.41mmと、どちらの機種でもごく僅かですが大きくなるようです。

モデル名 高さ 厚さ
iPhone7(小さい方) 138.3mm 67.1mm 7.1mm
iPhone7s
(2017年発売予定の小さい方)
138.44mm 67.26mm 7.21mm
モデル名 高さ 厚さ
iPhone7 Plus(大きい方) 158.2mm 77.9mm 7.3mm
iPhone7s Plus
(2017年発売予定の大きい方)
158.37mm 78.1mm 7.41mm

(引用元:iPhoneMania:https://iphone-mania.jp/news-179654/

ごく僅かでもサイズが変わってしまうと、今まで使っていたケースとかは流用するのは難しいかもしれませんね。

iPhone8についてはさまざまな情報が飛び交っていますが、海外で数多くのリーク情報を公開している有名なベンジャミン・ジェスキン氏は、下記のようにTwitterで公表しています。これによると、iPhone8は、高さ143.4mm、幅70.77mm、厚さが7.51mmになるようです。

サイズとしてはiPhone7s(小さい)>iPhone8(中くらい)>iPhone7s Plus(大きい)という感じになるようですね。

CPUの性能は?

気になるiPhone7s/7s Plus/8に搭載されるCPUですが、iPhone8には最新版となるA11チップが搭載されるのではないかといわれていますが、iPhone7s/7s Plusについては前モデルと同じA10チップが搭載されるといわれています。

このリーク情報についても、ベンジャミン・ジェスキン氏がTwitterを通して公開している情報です。

そう考えると、iPhone7s/7s Plusの目玉となる機能はワイヤレス充電機能であり、それ以外は前モデルとあまり変わらない可能性が考えられます。やはりマイナーチェンジ版である以上は、あまり大きな変化が加えられることはないと見られます。

性能差がありすぎると、売行きが偏る傾向。

あまり性能差がありすぎると、過去に発売されたiPhone5c/5sの時と同じ現象が発生しかねません。あの時も、iPhone5sは在庫が枯渇して予約している人でもなかなか入手することが難しかったのですが、それと対照的にiPhone5cは在庫が有り余っていたといわれています。この時も性能に大きな違いがありました。

iPhone5cは前モデルのiPhone5と同じCPUを搭載し、スペックも大きく変更されることがありませんでした。それに引き換えiPhone5sは、Touch IDの搭載やCPUのスペックアップなどがあり、デザインもアルミニウム筐体を引き継ぎ、カラーリングもシルバー、スペースグレイ、ゴールドと新色を登場させたモデルでもあったため、人気が集中してしまったのです。

これと同じことが、今年は起きてしまう恐れがありますね。そうなると、iPhone8は製造における部品の不足で生産台数も充分ではないと言われていることから、発表前からiPhone7s/7sPlusに比べ、iPhone8は入手が困難であることが予想されます。

いよいよ披露される2017年のiPhone3モデル!

f:id:starline1201:20170901130723p:plain

あと数日で、2017年に発売されるiPhoneの姿を拝見することができます。ここ近年ではリークされたiPhone情報と、ほぼ同じデザインや機能を持ったiPhoneがリリースされています。それはiPhone SEにも当てはまります。

そう考えると、iPhone8は今、インターネットでリークされているデザインがほぼそのまま発売される確率が非常に高いと言えるのではないでしょうか。

また、デザインだけでなく、スペックも上記の通りであるとすれば、夢のようなハイスペックなiPhoneが登場することになります。

そして、今まで見てきた機能は、すでに別のスマートフォンで実現している機能ばかりであることにも注目したいところです。他のスマートフォンができてiPhoneにできない理由はないでしょう。

現地時間9月12日午前10時に開催されるAppleスペシャルイベントで、しっかりリーク情報と発表される正式な情報を見比べましょうね。

以上「2017年のiPhoneは3モデル!?iPhone7s・iPhone7s Plus・iPhone8のスペックを比較してみた。」でした。