りんごあつめ(旧館)

りんごあつめは、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Apple製品の情報をお届けするガジェット系ブログです。たまにAndroidスマホの話題も。

iPhone8のカラーバリエーションはどれがいい?選択可能な全3色(シルバー、ゴールド、スペースグレー)の色合いを比較してみた。

f:id:starline1201:20170913092929p:plain

2017年9月13日(日本時間:9月12日)に発表された、新型iPhone「iPhone8(アイフォーン・エイト)」

今回はこのiPhone8にはどのようなカラーバリエーションがあるのかについて詳しくまとめてみたいと思います。iPhone8を予約する予定だという方は是非、予約開始日までにどの色を選ぶかを決めておいてくださいね。

iPhone8のカラーバリエーション

f:id:starline1201:20170913085837p:plain
iPhone8のカラーバリエーションは?

早速、iPhone8 / iPhone8 Plus予約時に選択可能な色を見てみましょう。

シルバー

f:id:starline1201:20170913223927p:plain

スペースグレイ

f:id:starline1201:20170913225618p:plain

スペースグレイって何色だよ!って人は、こちらの記事をどうぞ。

iPhone6のスペースグレイの色をPhotoshopで抽出してみました。(ネタ記事ですw)

ゴールド

f:id:starline1201:20170913223558p:plain

ただiPhone8はiPhone7とは異なり、背面がガラス仕上げで出来たスマートフォン。従来のiPhoneと同じ色名が付けられていたとしても、色合いについてはかなり異なる感じがあります。

たとえば、iPhone8のゴールド色については従来の色合いから随分と変化があって、すこしやんわりとした感じがあるように思うのは私だけではないはず。実際に私はゴールドを購入しました。

仕事の時、どんなテーブルに置いても優しい表情を見せてくれるゴールドに非常に満足しています。

レッド(赤)NEW!!

f:id:starline1201:20180410002936j:plain

ついにでました!2018年4月13日から発売開始です。ローズゴールドやジェットブラックといった色を選択可能だったiPhone7と比べて、iPhone8は選べる色が少ない!と嘆いていただけに、「ベゼル黒×背面カラー赤」がかっこよすぎます!

実際にRED EDITION を使ってみた感想を下記の記事にまとめたので、実際に外で見るとどんな感じが知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてくださいね。

通常版と新色「(PRODUCT)RED」Special Editionの違い

2018年4月13日に発売されたiPhone8/8 Plusのニューカラー「(PRODUCT)RED」Special Editionですが、すでに発売されているiPhone8/8 Plusとどのような違いがあるのか、ちょっと気になったので調べ見ましょう。

スペック

通常盤のiPhone8/8 Plusが発売されてから半年が経過しているため、ニューカラーというだけではなく、スペックでも変化があるのか期待してしまうかもしれません。

その期待もむなしく内蔵されているストレージ容量は64GBと256GB、サイズや重さ、バッテリーでの稼働時間、画面サイズや搭載されているCPU、カメラの画素数など2017年に発売された通常版iPhone8/8 Plusと変わりがありません。

アプリ

PRODUCT RED Special Editionだからといって、特別に用意されているアプリケーションはありません。iPhoneは種類が豊富なアプリをApp Storeからインストールして利用することができるので、標準アプリ以外は用意されていません。

スペックだけではなく、同梱されている付属品にも変化はありません。箱とニューカラーに、REDが追加されただけといっても過言ではありません。

iPhone以外のPRODUCT RED商品も登場

f:id:starline1201:20180410003024j:plain
AppleはPRODUCT REDを通して、「世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)」に売上金の一部を直接寄付できるようになっています。昔からiPhoneケースや、iPad用Smart CoverやBeats製品など、様々な商品もPRODUCT REDに寄付できる商品として販売されています。

在庫も潤沢でApple Storeでも明日には出荷できるので、1〜2日で届くでしょう。家電量販店でも在庫は潤沢にあるため、在庫表などを店頭に出す必要もなく当日持ち帰りできるというポスターが掲示されています。

iPhone8/8 PlusのPRODUCT RED Special Editionは買うべき?

販売価格もiPhone8/8 Plusの他のカラーモデルと変わらないので、これからiPhoneを購入しようと考えているならPRODUCT REDを購入しましょう。その理由は前述した通り、手に入りにくくなるからです。て

手に入りやすい今の時期なら欲しい内蔵ストレージサイズを選ぶこともできるし、SIMフリーモデルをゲットできるチャンスが今しかないのです。

Apple Watchを持っている人は、ベルト部分が発売されているので、iPhoneと合わせてオシャレに使うのもいいかもしれませんね。

iPhone8/8 Plus RED Special Editionの料金は?

スペックや付属品に違いがないことを考えると、販売価格に差が出ないということになります。実際にiPhone8/8 PlusとRED Special Editionの価格差がありません。同じ価格でゲットできるなら、RED Special Editionの方がいいかもしれません。

昨年発売されたiPhone7/7 PlusのRED Special Editionは、その年に発売されたiPhone8/8 Plusが決まった時に販売が終了となりました。それ以降、欲しくてもApple Storeではラインナップにはなく、携帯電話会社や家電量販店でも在庫限りの販売となってしまいます。その理由から、少しでも欲しいと感じたら間違いなく購入するようにしましょう。

iPhone8カラー、選ぶのに迷った時の指標:

実際にiPhone8の全カラーを見た感想を、下記の表にまとめました!

シルバー 最もベーシックなカラー。プライベートでもビジネスシーンでも使えるのが良い。
ゴールド 背面の「薄い桜色」と側面のアルミ「ローズゴールド」がマッチ。大人のピンクという印象。
スペースグレイ ブラックに近い灰色。シックな印象派におすすめ。
「(PRODUCT)RED」Special Edition(赤) 表の黒と背面の赤のコントラストが素晴らしく魅力的なモデル。カッコよさを追求するならコレ1択!

スペースグレイ・カラーついてもiPhone7のジェットブラックのようなかっこよさを感じるため、流石、デザインにこだわわるiPhoneならでは。iPhone8のカラーバリエーションについては過去と同じ色名であったとしても、良い意味で裏切られる仕上がりになっていますね。

月額の携帯料金を調べる方法

iPhone8のの詳細情報は、各社の公式サイトで確認できます。各社のオンラインショップで予約すると、オンラインショップ特典(頭金0円だったり、事務手数料が特別価格だったり…会社によって異なります)が受けられます。スマホ料金が予約前にわかる料金シミュレータもあるので、活用してみてくださいね。

以上「iPhone8のカラーバリエーションはどれがいい?選択可能な全3色(シルバー、ゴールド、スペースグレー)の色合いを比較してみた。」でした。当サイトではiPhone8の実物を入手次第、またこの記事に追記をする形でiPhone7やiPhone6sとのカラーの違いを紹介をさせてもらえればなと思います。