読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhone最新情報

iPhoneSE・iPhone7・iPhone7 Plusを予約・購入する方法や在庫入荷状況に関する記事を掲載。使用感レビューも。更にお得な購入方法や料金プランも解説!

新型iPhone SE(32GB・128GB)は今買うべき?16GB・64GBから容量アップしたiPhoneSEを徹底検証してみました。

Ja jūs zinātu cik labi ir atkal lietot NORMĀLA izmēra telefonu 😌👍 #iPhoneSE


2016年春モデルとして登場後、1年を経てマイナーチェンジしたiPhoneSE。今回はそんなiPhone SE(2017モデル)は果たして買いなのか、気になるポイントをチェックしていきます。

そもそもiPhoneSEってどんな端末?

_MG_0711

iPhoneSEは、2016年春モデルとして登場した小型のiPhoneです。

筐体は人気のあったiPhone5sと殆ど同じ物を採用しながらも、内部のハードウェアを6s世代の物に一新することで、「小さいけれどパワフル」なiPhoneを実現しました。

ただし、iPhone6sや6sPlusといった大型iPhoneがメインとすると、こちらはサブの位置づけなので、同世代の6sシリーズと比較しても、一部機能が簡略化・省略されるといった残念ポイントもあります。

最新機能はなくても良いので、コンパクトなiPhoneが欲しいという方にはうってつけといえるでしょう。

容量アップでまだまだ戦える端末に!

2017年春のiPhone SEは、筐体デザインやCPUなどの内部ハードウェアはそのままに、ストレージの容量アップのみが行われました。

従来は16GBと64GBという2種類の容量がありましたが、どちらも価格据え置きのまま容量が2倍にアップ。32GBと128GBという構成になりました。

最近はアプリや画像、動画データの容量が増える傾向にあるので、これから買う方にとっては、この容量アップは嬉しいところ。ストレージ容量だけを見れば、まだまだ十分戦える端末になったと言えるでしょう。

一方、CPUの処理能力は変わらず。

値段据え置きで容量アップという大サービスを行った反面、CPUやRAMといった処理能力に関わる部分は据え置きとなりました。
iPhoneSEは6sと同じ世代のA9というCPUを搭載しているので、性能的には2年前の機種と言って差し支えないでしょう。
そうなると、気になってくるのが「この機種は買いなのか」という点です。

処理能力はすぐに時代遅れになる?

前述の通り、iPhoneSEに採用されているのは、iPhone6sと同じA9チップです。

6sの登場は2015年秋ですから、この記事を書いている2017年3月時点でもうすぐ2年が経過。そろそろ、ユーザーが処理能力の遅さを感じ始めてもおかしくはない時期です。

先日発表された新型iPadにA9チップが搭載されたことから、もう暫くこの世代のデバイスも生き残ると思われますが、OSアップデートが提供されることと「最新のアプリを快適に動かせるか」は別問題。

「電話とメール以外は殆どやらない」という方なら良いかもしれませんが、処理能力を要求されるアプリ(動画編集やゲームなど)を考えている方や「できるだけ長い間サクサク快適に運用したい」という方には、あまりお勧めできないというのが正直なところです。

Apple Payが実店舗で使えない

iPhoneSE搭載のApple Payは、6sなどと同様、機能に大幅な制限があります。

一番大きなデメリットは、街中のお店や駅の改札等で「モバイルSuica」や「iD」「QUICPay」として使えないこと。

特にAndroidやガラケーでこれらのサービスを既に使っているという方には、かなり頭の痛い問題です。でも、解決方法がないわけではありません。

iPhoneSEとAppleWatch series2を組み合わせることで、Apple Payが実店舗でも利用可能となります。

iPhoneSEとAppleWatch series2の両方を揃える以上、出費や充電管理の手間といったデメリットは発生しますが、こうした方法も選択肢の1つです。

まとめ:すぐに買う必要がないなら、秋まで待つのが得策か?

IMG_0119



今回は『容量アップしたiPhone SEは果たして買いなのか?徹底検証』と題して、iPhone SEを買おうかどうか迷っている方向けに、この機種が「買い」なのかを検証してみました。

結論としては、「サイズより操作の快適さを重視するなら、(どうしても今すぐ買う必要がある場合を除き)秋の新型iPhone発表まで待つのが良いのでは?」というところでしょうか。

もちろん、購入時の重要ポイントは人それぞれ。「操作の快適さより持ち運びのし易さの方が大事」という方や「高性能機は自分の使い方では性能過多で……」という方であれば、今のiPhoneSEも十分買いだと思います。

この記事が、買うか見送るか迷っている方の参考になれば幸いです。以上、『新型iPhone SE(32GB・128GB)は今買うべき?16GB・64GBから容量アップしたiPhoneSEを徹底検証してみました。』でした。