りんごあつめ(旧館)

りんごあつめは、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Apple製品の情報をお届けするガジェット系ブログです。たまにAndroidスマホの話題も。

iPhoneXはスペースグレイとシルバー、どっちのカラー色が在庫入手しやすい?1日でも早くiPhoneXの在庫を手に入れたい方に。

f:id:starline1201:20171024145257p:plain
iPhoneXのカラーバリエーションは「シルバー」と「スペースグレイ」のみ。

在庫不足で慢性的に入手が遅くなりそうなiPhoneX(アイフォーン・テン)ですが、予約をするならスペースグレイとシルバーのどちらの色を選んだほうが早く入手できるのでしょうか?

Apple公式サイトの在庫状況を参考に、在庫にゆとりがあるiPhoneXのカラーについてまとめてみたいと思います。

iPhoneXはスペースグレイとシルバー、どちらが入手しやすい?

早速、Apple公式サイトを見てみると、現時点(2017年10月27日17時時点)での在庫状況は下記の通り。

  • iPhoneXのスペースグレイ色:4~5週間待ち
  • iPhoneXのシルバー色:4~5週間待ち

つまりスペースグレイとシルバー、どちらを選んでも納期に違いはないことになります。

新色が出なかったから?

ではなぜiPhoneXではカラーによって在庫状況が違わないのでしょうか?

これは私が予測するにですが、iPhoneXには新色カラーが追加されなかったため。スペースグレイもシルバーもiPhoneのカラーとしては今までにも出てきたカラーですから、予約が均等に分かれたのではないかと思います。

iPhone Xの注目すべき主な新機能


では、カラーバリエーションだけでなく、iPhone Xの主な新機能をザッとまとめてみましょう!

iPhone Xの新機能1:アニ文字でコミュニケーション

iPhone Xの目玉機能は、何と言っても新しく搭載された顔認証機能のFace IDでしょう。そして、このFace IDを利用した新しいコミュニケーションツール"アニ文字"が生まれたのです。

アニ文字はメッセージを送る際に、今までのスタンプに使われてきたキャラクターと、Face IDでデータとして取り込んだ顔データを重ねて、リアルタイムにキャプチャーすることでキャラクターに表情を与えることができるようになりました。

動画として保存できるので、好きなキャラクターを選んでいろいろな表情をしながら音声付きメッセージを送ってみてはいかがでしょうか。

iPhone Xの新機能2:インカメラでポートレート撮影可能に

iPhone Xは、今まで発売されてきたiPhoneとは全く違うのは、新しいアニ文字だけではありません。

プロのカメラマンが撮影するような被写体はしっかり写っているけど、背景はぼんやりピントが合っていない写真って、どことなく神秘的な美しい仕上がりになっていました。そんな撮影ができるのはiPhone7 PlusとiPhone8 Plusのリアカメラで撮影した写真だけでした。

もちろん、iPhone Xでもポートレート撮影ができますが、実はインカメラでもポートレート撮影ができるのです。そう自撮りの時に背景をぼかして、あたかも誰かに撮影してもらったかのような写真を撮ることができちゃうんです。

リアカメラには、望遠機能と一緒に光学手ぶれ防止機能も搭載しているので、一眼レフなどの高性能なカメラと同じ撮影ができることになりますね。iPhone Xは写真でも十分に満足できるスマートフォンです。

iPhoneの新機能3:OLEDディスプレイが超美しい

iPhone Xに搭載されているディスプレイは、有機ELディスプレイを搭載しています。今までの液晶ディスプレイは、液晶パネルの背後からバックライトを当てることで、画面を表示しています。

有機ELディスプレイは、画面上に小さな素子張り巡らされていて、その一つ一つの素子が発色します。素子を発色させないことで、本物の黒を表現することができるようになりました。写真1枚の表示でも、本当にきれいに色鮮やかな画像を楽しむことができます。

ただし、有機ELディスプレイは焼き付きと呼ばれる現象を引き起こします。同じ画像を長い時間表示させていると、表面の保護ガラスに画像が残ってしまう現象です。まれに家電量販店で展示されているGALAXYシリーズなどが、焼き付き現象を起こしてしまっています。

長時間、同じ画面を表示し続けるのは避けた方が良いのは間違いないかと思いますが、Appleの公式サイトでは、iPhone Xは焼き付きが起こりにくいと発表しているのは、ひとつの安心材料と言えるでしょう。ディスプレイの修理代も結構お高くつくので、iPhoneを労って使ってあげて下さいね。

iPhone X、2018年6月頃に生産終了の噂?

iPhone Xですが、今なら携帯電話会社のキャンペーンやナンバーポータビリティを使うと、とってもお得にゲットすることができます。

「新しいのが出るまでいいや」と思っている人も、次期iPhoneの中で登場すると噂されている廉価モデルとの価格面で競合してしまうため、もしかすると2018年6月頃に生産終了になってしまうといわれています。

しかも、この噂はApple社の動向に詳しい著名な証券アナリストの方が揃って同じことを言っているため、ちょっと信憑性が高いのではないかなんて話題にもなりました。

生産が終わってしまうと、どうしても中古で手に入れるしかなくなったりするので、欲しいと思ったら今すぐゲットしちゃいましょう。

3色目のブラッシュゴールドは2018年に発売?

ちなみにiPhoneXは当初、スペースグレイとシルバーに加え、ブラッシュゴールドという新色が加えられる予定だったという噂があります。

もしこれが本当なら、2018年には新色のiPhoneXが発売になると思うので、そうなったら人気はブラッシュゴールドに集まるのかもしれませんね。

以上「iPhoneXはスペースグレイとシルバー、どっちのカラー色が在庫入手しやすい?1日でも早くiPhoneXの在庫を手に入れたい方に。」でした。