読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhone最新情報

iPhoneSE・iPhone7・iPhone7 Plusを予約・購入する方法や在庫入荷状況に関する記事を掲載。使用感レビューも。更にお得な購入方法や料金プランも解説!

iPadアプリで本格的な音楽制作!プロミュージシャンがiPadやMacを使った楽曲制作フローを解説してくれました。

http://www.flickr.com/photos/24926669@N07/2426828473
photo by raneko

先月、エレファントカシマシやSuperflyでも活躍中のミュージシャン、ヒラマミキオさんの音楽イベントがAppleStore表参道で行われました。仕事の途中だったので触りしか聞けませんでしたが、ヒラマさんが実際にギター片手にアプリの紹介をしていたので、今回は紹介されていたアプリをまとめます。

音楽制作をiPadで、いつでもどこでも。

http://www.flickr.com/photos/73115625@N00/5469195863
photo by DavidDMuir

アプリ紹介の前に、ヒラマさんが普段どんな感じで制作しているのかを少し紹介していただきました。音楽制作はMacで行う方をよく見かけるのですが、iPadでも制作するって結構メカラウロコです。

ヒラマさん曰く「友達の娘さんがiPhoneで音楽を作っていたのに触発されたんですよね。実際にiPhoneやiPadで制作してみると、Macを立ち上げたり、アプリを入れたりするのが大変だなぁと思ったときに制作を中断するんじゃなくて、iPadで気軽に頭に浮かんだものを貯めておく。そうすると、Macで制作するときに役立ちますしね。音楽を作るスピード感を求める時は、iPadが最適な制作ツールです。」とおっしゃっていました。

気分に合わせて使う機材を変えるって手法は音楽制作だけでなく、制作の仕事なら当てはまるなぁと妙に納得。

音楽制作に便利なアプリ

http://www.flickr.com/photos/95601478@N00/44243654
photo by Derek K. Miller

さて、ここからアプリの紹介です。実際にギターなどを用いながら、音楽制作の現場でどのようなアプリが使われているのか説明していただきました。

GarageBand(ガレージバンド)

http://www.flickr.com/photos/13107811@N08/11446661803
photo by Atsushi Boulder

ガレージバンドにギターをつないで、ガレージバンド内のピアノやギターで音作りをすることが出来ます。iPad、iPhone、iPod touch用の標準アプリとして最初から入っている無料の音楽制作アプリながら、その高機能さが魅力。ヒラマさんも実際に使って音作りをしているそうです。

  • Positive Grid「BIAS AMP」


ギターアンプを自分で設計できるのが特徴的なアプリです。

  1. 実際のギターアンプを「サンプリング」する機能(Mac)
  2. iPad・iPhone・Macに対応
  3. iOSとMacOS で互換あり

アンプをかなり細かく作り込めるのは、本当に便利だなと思いました。アメリカやイギリスの電源もあったりして、ヒラマさんもご自分でギターを弾いて使いながら、その充実度にかなり驚かれていましたよ(笑)実際のアンプは結構高いので、無茶がしにくいのが難点。しかし、アプリなら色々と試すことができて、経済面でも重宝しそうですね。

Positive Grid「BIAS pedal」

このアプリは、上記のBIAS Ampと同じ動作原理で働いているようです。回路、トランジスターを調整し、オリジナルのファズ、ディストーション、オーバードライブ、ブースター・ペダルを作ることができます。10月末に出たばかりなので、ヒラマさんも使ったことがなかったようですが、「こんなのも出たんですねぇ。」と感心している様子でした。

  1. ディストーションペダルをパーツから作る
  2. 実際のペダルを接続し、キャラクターをサンプリングする機能(Mac)
  3. 世界中にタップひとつで共有

実際に踏めるペダルも併せて発売される…予定とのことなので、制作するのがさらに楽しくなりそうです。

BIAS Pedal

BIAS Pedal

  • Positive Grid Inc
  • ミュージック
  • 無料

使っている周辺機器

途中で帰らなくてはいけなくなってしまったので、1つしか聞けませんでした。。残念。ただ、下記のApogee ONE for iPad & Macは、音楽制作する方なら非常に重宝するものだと思いますよ。

Apogee ONE for iPad & Mac

http://www.flickr.com/photos/40979696@N02/9255145385
photo by jakubswiadek

Apogee Electronics (アポジー)は、創業30周年(1985年〜)を迎えるオーディオエンジンまで開発するアメリカのオーディオインターフェイスメーカー。このApogeeが手がける「Apogee ONE for iPad & Mac」は、本体にマイクが内蔵されていて、歌詞はもちろん、アコギの録音も良い音で撮れるそう。本体サイズが小さいので、旅先でも持ち歩けるのが良いそうです。たしかに、ライブを頻繁に行っていたりして移動が多いと、持ち運びが簡単かどうかも重要視されるところですよね。

  1. oneはマイク・ギター・シンセなどをダイレクトで接続できる。
  2. 本体に高音質マイクが内蔵
  3. iPad・iPhone・Macに対応
  4. iTunesをより高音質で再生(良い音で聴くのにも使える)
  5. 192khz.24bitに対応

これはApple公式オンラインストアで購入できるので、音楽に携わっている方へのプレゼントにも良いかもしれません。

ここで帰らなくてはいけなくなってしまったのですが、音楽系のアプリには全く触れたことがなかったので、非常に新鮮な経験となりました。以上、「iPadアプリで本格的な音楽制作!プロミュージシャンのヒラマミキオさんのトークショーで、実際にiPadやMacを使った楽曲制作フローを見てきました。」でした。