iPhone最新情報

iPhone最新情報は、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Appleの最新情報をお届けするITメディアです。iPhone8予約に関する最新情報を中心に配信中。

ソフトバンク・docomo・au、新型iPad Proの予約開始日時を発表!例年の在庫状況から、256GB・512GBの予約が困難になると予想されます。

f:id:starline1201:20170607084917j:plain

WWDC2017で発表された新iPad Pro。12.9インチも10.5インチも内蔵ストレージを64GBに底上げし、前モデルよりもさらに高速処理できるCPUを搭載してきました。そんなiPad Proですが、ようやく大手携帯電話会社のサイトに予約や販売価格についての情報が掲載されました。

携帯電話各社、6月7日から予約開始!

6月6日の午前2時から開催されたWWDCの中で、AppleはiPad Proの最新版を発表しました。すでにApple Storeでは予約受付を開始しています。詳しくは下記の記事をどうぞ。

そして、携帯電話各社からも、予約開始について発表されました。docomo、au、ソフトバンクともに、6月7日からオンラインショップとiPad取扱店舗で予約受付を開始するとのことです。

ドコモ

株式会社NTTドコモは、アップル社の新しい10.5インチiPad Proと新しい12.9インチiPad ProをiPad取扱いドコモ販売店の店頭およびドコモホームページ(オンラインショップ)にて発売いたします。
発売に先立ち、6月7日(水曜)より10.5インチiPad Proと12.9インチiPad Proの予約受付を行います。*1

ソフトバンク

ソフトバンクは、新しい 10.5インチiPad Pro と 12.9インチiPad Pro を発売します。発売に先立ち、2017年6月7日(水)よりソフトバンクの iPad 取り扱い店およびオンラインショップで予約の受け付けを開始します。*2

au(KDDI)

KDDI、沖縄セルラーは、アップル社の新しい10.5インチiPad Proと新しい12.9インチiPad Proを、iPad取扱店およびauオンラインショップにて発売いたします。
発売に先立ち、6月7日 (水) より10.5インチiPad Proと12.9インチiPad Proの予約受付を行います。
auオンラインショップでのご予約およびWEB予約は午前9時より、店頭でのご予約は営業開始時間より受付を開始します。*3

では、発売された後の在庫状況は、例年どうなっているのでしょうか。

在庫状況は?

さて予約ですが今までの経験からすると、64GBなら店頭でも早い段階で在庫が潤沢になって、入手しやすくなると思われます。毎年Appleが新製品を出すと、決まって品薄になって入手が難しくなるのが大容量モデルです。

過去に発売されたiPad miniの時も、大容量モデルを店頭で予約された方のなかには3か月以上も待たされたという話を聞いたことがあります。

そうならないためにも、大容量モデルはオンラインショップで予約するようにしましょう。

またはApple Storeで発売されている、セルラー版のiPad Proを手に入れるのもいいかもしれませんね。セルラー版はSIMフリー版のことなので、格安SIMを契約して新型iPad Proで利用するという方法もお得でいいかもしれません。

予約開始はいいけど、発売日はいつなの?

f:id:starline1201:20170607085325p:plain

発売日については明確に発表されていませんが、Apple Storeで買う寸前まで操作してみると目安となる出荷日が表示されます。それを見たところ、2017年6月7日の時点では上図のように「本日ご注文のお届け予定日:2017/06/14」と表示されます。(配送先を東京にしてみた結果)

来週に発売されるということのようです。明確な発売日については公表されていませんが、とにかく最短で入手するとしたら今すぐApple Storeで予約を入れた方がいいかもしれません。

携帯電話会社での購入を考えているのなら、6月7日から予約開始で来週中には発売となる予想です。これはApple Storeが来週には出荷が始まるからという理由でしかありません。ただし、在庫があればの話なのでその点は要注意ですね。

結局のところ発売日は、ちょっとわからないけど来週であることは間違いがなさそうです。

販売価格はソフトバンクとauが発表

ソフトバンクとauからは、2つのiPad Proの販売価格と割引額をホームページに掲載しました。docomoから発売されるiPad Proについては、価格などの詳細が執筆時点では発表されていません。公開後、追記します。

10.5インチのiPad Pro(64GB)の販売価格について

執筆時にホームページで公開された価格は、ソフトバンクが総額91,440円でした。auは総額89,640円でソフトバンクより、安く販売されることになります。

この金額から携帯電話会社が割引サービスを適用するため、どのくらいの割引になるかを確認します。ソフトバンクは毎月2,655円の割引が24回適用されるので割引総額は2年間で63,720円です。

auの場合は、毎月2,515円の割引が24回適用されるので、割引総額は60,360円となります。

ということは、ソフトバンクで支払う実質負担額は毎月1,155円で総額が27,720円となり、auは毎月が1,220円で実質負担額は29,280円となります。ちょっと価格差が出てしまっていますが、24回払いで毎月の負担を抑えて購入できることを考えると、携帯電話会社で購入する方がお得なのかもしれませんね。

12.9インチのiPad Pro(64GB)の販売価格について

もう一つのiPad Proの販売価格も見てみましょう。総額についてはソフトバンクが109,800円、auは106,920円となっています。タブレットで10万円を超えてしまうと、さすがにノートパソコンやMacBookなどの型落ちモデルを購入する方も出てくるかもしれませんね。

Appleの整備済製品の中には、MacBookAirなど多数出品されています。カスタマイズ品があることもあるので、整備済製品の価格とスペックと見比べてから、購入するのも賢い選択でしょう。

携帯電話会社の割引の金額は、ソフトバンクが毎月2,700円の24回適用となるので割引総額64,800円、auは10.5インチのiPad Proと同じ割引額なので毎月2,515円の24回、割引総額が60,360円となります。

実質負担金はいくら?

一番気になる実質負担額は、ソフトバンクが毎月1,875円で総額が45,000円、auは毎月1,940円で総額が46,560円で購入したことになります。

さらに256GB、512GBモデルにもなればそれなりの価格がかかることを、覚悟しておかないといけないようですね。

まとめ:オンラインショップを開いて、予約日時を待つのが吉。並びながらがベスト。

f:id:starline1201:20170606144455j:plain

iPad Proのストレージ容量が軒並み底上げされています。9.7インチの頃は32GBが一番下位のモデルでした。しかし、今回64GBになっても手ごろな価格でゲットできるので買おうか買うまいか、悩んでしまいますね。

ノートパソコンと同等の作業をこなす、iPad Proなら大満足間違いないでしょう。あとは月額料金を抑えて手頃な価格で手に入れる方法もあるので、一度ショップの店員やオンラインショップのチャット機能を使って確認してから購入するようにしましょうね。

より詳しい情報については、下記の各社公式サイトをご覧ください。

以上「ソフトバンク・docomo・au、新型iPad Proの予約開始日時を発表!例年の在庫状況から、256GB・512GBの予約が困難になると予想されます。」でした。

新型iPadProのスペックをシッカリ把握できてますか?

WWDC2017で発表されたiPadProの詳細をご存知ですか?特に大容量モデルは良いお値段なので、サッと買ってしまっては後悔する可能性があります。

iphone-news.hatenablog.jp

上記の記事で、新規iPadProのサイズや特徴などをまとめていますので、まだ新型iPadProの詳細が分からないという方は読んでみてくださいね。