iPhone最新情報

iPhone最新情報は、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Appleの最新情報をお届けするITメディアです。iPhone8予約に関する最新情報を中心に配信中。

iPhone8、iPhoneXは防水?IP67等級とは何かから、iPhone7・iPhone8・iPhoneXの防水機能まで徹底比較。

Jordan in the waves


iPhone7が防水ではなく耐水という話は以前書いたのですが、iPhone8、iPhoneXは防水になったのでしょうか?どのような場面で使うことが可能かもあわせて、まとめてみました。

iPhone7、iPhone8、iPHoneXの耐水性能比較

Appleの公式サイトを確認してみたところ、

iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています。

と記載されています。直接店舗の人にも聞いてみたのですが、耐水性能に関しては違いはなく、iPhone 7、iPhone 8、iPhone Xどれも同じ耐水性能となっています。

iPhone7・iPHone8・iPhoneXの「IP67等級」とは?

iPhone 7以降のモデルには「IP67等級」という耐水性能が備わっています。これの耐水性能は、「粉塵が内部に侵入せず、一定の水圧で一定時間(30分間)水中に浸かっても有害な影響がないという水準を満たしているもの」という意味があり、水中に一定時間使っても利用できる基準を満たしているよということです。

どんな場面なら大丈夫?お風呂や雨の中は?

「一定の水圧で一定時間(30分間)水中に浸かっても有害な影響がない」ということを切り取ると、例えば、お風呂や雨の中などで30分程度使うというのであれば、水没は免れることができそうです。

今まではお風呂の蒸気でiPhoneが水没した!って話は結構あったので、これは朗報です。お風呂の中でHuluなどの動画配信サービスなどを気軽に見ることができますね。

あとは、水をかぶるアトラクション「スプラッシュサンダーマウンテン」や「ストームライダー」などで濡れても大丈夫かな?飛ばされないようにする方に注意しないとですけどね(笑)

充電には注意が必要

ただし、Appleの公式サイトには『防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。』*1と記載されています。充電の仕方には注意が必要です。

防水機能では大きな違いがなかったiPhone7とiPhone8。では、主にどこが進化したのでしょうか。

iPhone7とiPhone8の主な変更点

ワイヤレス充電(Qi充電器)

f:id:starline1201:20170913060720p:plain

iPhone 8から新たにワイヤレス充電(Qi充電器)に対応しました。ワイヤレス充電については、下記の記事をどうぞ。

iphone-news.hatenablog.jp

寝る前に置くだけで充電できるようになるなんて夢のようです。毎日のコード地獄から解放されます。

容量

f:id:starline1201:20170914213934p:plain

Apple公式サイトで発売されているiPhone7・iPhone8の容量を参考にしていますが、iPHone7が32GB/128GBとなったのに比べ、iPhone8は64GB/256GBとなっています。

ドコモ・ソフトバンク・auで発売されているiPHone7の容量は少し異なるので、この辺は注意が必要です。

高速充電に対応

iPhone8は、30分で最大50%充電出来る高速充電に対応しています。

A11 Bionicチップ

f:id:starline1201:20170914141602p:plain

iPHone8はA11 Bionicチップ。iPhone7ではA10 Fusionチップとなっています。チップの性能がどこまで上がったのかについては、下記の記事に詳しくまとめましたが、誤解を恐れずに言うなら、速度上がった!MacBookと同じくらい性能よくなった!って感じです。

iphone-news.hatenablog.jp

あまりに古いiPHoneを使っていると、OSのアップデートで激重になったりするので、これを機会に変えるのも手かと思います。

大きさ、重さはほとんど変わらない。

大きさは、縦横高さともに0.2mm程度しか変わりません。重さは10g、iPhone8の方が重くなりました。敏感に重さを気にされる方でければ、誤差の範囲と言えるでしょう。

カメラ機能が進化

f:id:starline1201:20170913232203p:plain

iPhone8は、LEDフラッシュがスローシンクロに対応したのに加え、4K動画撮影は新たに60pにも対応しました。自撮りがさらに楽しくなること間違いなし。

以上、主な違いをザックリまとめてみました。もちろん性能はiPhone7<iPhone8<iPhoneXの順で良いのですが、価格を比較すると、安いならiPhone7でも良いという方もいらっしゃると思います。もしくは、価格は高くても良いなら、最も高スペックなiPhoneXを待つというのも手かもしれません。

予算と自分が使いたいスペックとのバランスを考えて、目的に合ったiPhoneを選んで下さいね。

以上「iPhone8、iPhoneXは防水?IP67等級とは何かから、iPhone7・iPhone8・iPhoneXの防水機能まで徹底比較。」でした。