iPhone最新情報

iPhone SE/iPhone 7 ・7 Plus / MacBook Air / MacBook / MacBook Pro /iMac/iPad mini / iPad Pro/Apple WatchなどAppleの最新情報をお届けするITメディアです。

iPhone誕生から10周年!iPhone8はどのような進化をとげ、私たちの生活をさらに大きく変えてくれるのか。

Steve Jobs

2007年1月9日。アップル製品の展示会のひとつ「Macworld Expo 2007」でiPhoneは産声をあげました。

この時のスティーブ・ジョブズの講演はYouTubeで確認することができます。

youtu.be


この講演の中で、ジョブズは、

タッチコントロール付きのワイドスクリーンiPod、画期的な携帯電話、画期的なインターネット通信デバイス」という3つの製品をiPhoneに導入しました。
(引用元:iPhone at ten: the revolution continues - Apple

と発表し、世界中に衝撃を与えました。その様子は当時のニュースで下記のように記されています。

iPhoneの紹介後、基調講演が終わりに近付くと、会場の人々は次々に立ち上がって拍手をし続けた。観客のノリが異常によいため、「Apple信者の集い」と揶揄されることもあるMacworld Expoの基調講演だが、これほどの喝采は珍しい。
(引用元:Macworld Conference&Expo San Francisco

iPhoneは何が画期的だったのか。

iPhone demo

それまでのスマートフォンは、文字入力や本体の操作にQWERTYキーボードを搭載し、画面操作においてはスタイラスペンを使って行う形式が主流でした。しかし、Appleが登場させたiPhoneは、今までのスマートフォンの当たり前だった事をすべて否定し、取り除いてしまったのです。

入力はハードウェアキーボードからソフトウェアキーボードへ、画面操作はスタイラスペンから、画面操作はスタイラスペンから指に代わりました。

しかも、複数の指を同時に認識できるマルチタッチすることが出来る液晶ディスプレイを搭載。インターネットで閲覧している画面を2本の指を使ってピンチインで小さくしたり、ピンチアウトで大きくしたりすることが出来る、今までにないジェスチャーも導入してきました。

これらの操作は、iPhoneだけではなくマルチタッチに対応したスマートフォンに当たり前のように搭載される機能となっています。まさしく多く出回っているスマートフォンの基礎を、iPhoneは作り出したと言っても過言ではないでしょう。

こうして世に送り出されたiPhoneは、毎年画期的なバージョンアップを行ってきました。

2008年から日本でもiPhone発売。

iPhone launch Softbank Omotesando

初代iPhoneは、通信規格の違いにより日本では発売されませんでしたが、翌年に発売されたiPhone3Gは日本国内で使用されているW-CDMAの通信規格を採用していたため、ソフトバンクから販売されました。

当時、爆発的な売れ行きを見せたiPhone3Gは、BNCランキングの「発売直後2日間の携帯電話販売台数シェア」の調査の結果、8GB/16GBモデルを合わせて約45%と言う数値を叩き出しています。

当時まだまだ折りたたみ携帯電話が主流となっていた日本でも、この画期的なiPhoneは熱狂的に受け入れられた様子が見て取れます。

2008年の日本スマートフォン市場は?

実はiPhone3Gが販売されていたころ、国内でもスマートフォンは販売されていました。ですが、このころのスマートフォンはスタイラスペンで画面を操作して、QWERTYキーボードを使って文章を打つと言った使い方の物ばかりです。

今思うと、この頃を境にスマートフォンが次々と登場していった感じがします。今ではiPhoneに唯一対抗できるAndroidスマートフォンは2008年に登場し、携帯電話からスマートフォンへの流れを加速させています。

スマートフォン市場の流れを大きく変えたiPhone。今後は。

iPhone 7 Front

こうして大きく携帯電話の歴史を変えたiPhone。そんな画期的なiPhoneが登場してから、今年で10年という節目の年です。

2017年に発売されるiPhoneは、毎年発売されるiPhoneとは違う「記念的モデル」になる期待が持たれています。しかし、ここ近年のiPhoneは、画期的と言うよりは無難な路線で落ち着いています。

iPhone6からのデザインは似たり寄ったりで斬新さが欠けてしまっていたり、性能も過去のガラケーのようなカメラの画素数をあげたり、内蔵ストレージの容量を増やしたり。メジャーアップデートと言われるモデルであっても、「これ本当にメジャーアップデートなの?」と言わざるを得ないような変化に偏ってきている気がして、個人的には少し残念な気がしています。

もちろん、しっかりと地道な機能向上を続けているiPhoneに満足している方がいらっしゃると思いますし、私もApplePayの日本対応やカメラ機能向上などは非常に素晴らしいと思います。

しかし、次期iPhoneでは、Appleの得意分野とするデザインや、人々の生活を一変させるような技術革新が見たいなと思ってしまいます。

毎年のパターンであれば9月頃のApple発表会で発表されると思われますが、10周年の節目の年に大きな変革があるのか、期待したいところです。

AppleがiPhoneが10周年に際しコメントを発表したので、興味のある方は是非読んでみてくださいね。

www.apple.com

以上「iPhone誕生から10周年!iPhone8はどのような進化をとげ、私たちの生活をさらに大きく変えてくれるのか。」でした。

関連記事

iphone-news.hatenablog.jp

Appleのデザインのこだわりについて書かれた本『アップルのデザイン戦略 カリスマなき後も「愛される理由」』も面白いので、是非どうぞ。