iPhone最新情報

iPhone最新情報は、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Apple製品の情報をお届けするガジェット系のITメディアです。たまにAndroidスマホの話題も。

iPhoneのバッテリーを交換する費用・方法は?iPhoneバッテリー減り早い問題に、Appleが期間限定でバッテリー交換代金値下げ。

iPhone7plus & iPhone6s

先日発覚したiPhoneの性能低下問題で、Appleは旧機種のiPhoneのバッテリーを割引価格で交換することを発表しました。

この情報は、当初海外での対応内容のみ発表されていましたが、日本のユーザー向けにも同じような施策が提供されることとなったので、今回はそれを詳しくご紹介します。

海外では割引価格でバッテリー交換が可能に。

iPhone7までのiPhoneでは、バッテリーの劣化によりiPhoneの性能が低下する場合がある。

この話題は、IT業界の動きが少ない年末年始にも関わらず、ニュースサイトを賑わせたのは皆さんもご存じの通り。

さらに、「Appleは古い端末の性能を意図的に低下させ、新しいiPhoneを買わせようとしているのではないか?」といった憶測が拡がってしまったことから、急遽Appleが性能低下の意図について説明をするに至りました。

その際、合わせて発表されたのが、iPhoneのバッテリーの割引価格での交換サービス。

米国内では29ドルでiPhone6以降の機種のバッテリーを交換するという内容でしたが、日本ではどのようになっているのでしょうか?

日本では3,200円でバッテリーの交換が可能

さて、気になる日本の対応ですが、こちらも米国に合わせて割引価格でのバッテリー交換に応じることとなりました。

Appleは、バッテリーの交換が必要なiPhone 6以降をお持ちの方全員に対して、保証対象外のiPhoneのバッテリー交換の金額を8,800円から5,600円減額し、3,200円とします。この対応は2018年12月まで全世界で継続します。
(引用元:iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて - Apple(日本)

気になるお値段は、3,200円也。

通常の保証対象外の交換費用は8,800円ですから、半額以下の出血大サービスと言えます。

2018年12月までの期間限定ではありますが、対象となる機種をお持ちの方は、この機会にバッテリーを交換してしまうのも良い方法かもしれませんね。

対象機種はiPhone6以降のiPhone

今回バッテリー交換の割引が受けられるのは、iPhone6以降の機種となります。
具体的には、以下の通り。

バッテリー交換割引サービスの対象機種

  • iPhone6/6Plus
  • iPhone6s/6sPlus
  • iPhoneSE
  • iPhone7/7Plus
  • iPhone8/8Plus
  • iPhoneX

Appleの発表文で「バッテリーの交換が必要なiPhone 6以降をお持ちの方全員に対して〜」と明記されていることから、最新のiPhoneXも含めて、かなり多くのiPhoneを対象としていることがわかります。

iPhone8/8PlusやXのような(少なくとも現時点では)性能低下の対象とならない機種でも交換可能としているのは、1年という長期の割引期間があることを見越しての対応なのかもしれませんね。

劣化前のバッテリーでも交換できるの?

そもそも、iPhoneの性能低下が起きるのは、バッテリーの能力が劣化により低下した場合です。

ということは、バッテリーの性能が低下していなければ、割引価格での交換は受けられないということになります。

しかし、この点でもAppleは割と太っ腹な対応をしているようです。

複数のメディアの報道によると、Appleは本来なら劣化した状態のバッテリーのみを交換対象とするところ、実際には劣化がなくてもユーザーの希望があれば交換に応じているとのこと。

恐らくは、現場がユーザーからのクレームで混乱したり、さらなる憶測が流れてAppleのイメージダウンに繋がることを避ける狙いがあるのでしょう。

交換サービスは混雑するので注意が必要

Genuises at work

今回のiPhoneのバッテリー交換は、実店舗なら全国のApple直営店(Geniusbar)と正規サービスプロバイダで申し込むことができます。

ただし、元々これらの窓口は修理の受付などで混雑していることが多いので、ふらっと立ち寄ってサクッと交換……となるケースは少ないでしょう。

Geniusbarだけでなく、多くの正規サービスプロバイダは事前に来店予約をすることが出来るので、きちんと予約を済ませてからお店に出向くのがお勧め。

また、現時点ではバッテリーの在庫不足といった話はあまり聞きませんが、iPhone6sのバッテリー無償交換の時のように、交換用バッテリーが在庫不足となるケースも考えられます。

そうしたことも考えると、交換希望の方は早めに出掛けておくのが良いかもしれませんね。

ちなみに、私のiPhone8Plusはまだ新品同然で急ぐ必要はないので、割引期間の終わりが近くなってから、のんびり交換しようかなと思っています。

全国のApple直営店(Geniusbar)と正規サービスプロバイダで交換を希望される方は、下記のApple公式サイトで近くの実店舗を検索して予約してから修理に行かれることをオススメします。

以上「iPhoneのバッテリーを交換する費用・方法は?iPhoneバッテリー減り早い問題に、Appleが期間限定でバッテリー交換代金値下げ。」でした。