読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhone最新情報

iPhoneSE・iPhone7・iPhone7 Plusを予約・購入する方法や在庫入荷状況に関する記事を掲載。使用感レビューも。更にお得な購入方法や料金プランも解説!

iPhoneの販売台数、10億台目前!激戦のスマホ・タブレット市場で、Appleの戦略は吉と出るか凶と出るか。

f:id:starline1201:20160331130201j:plain

iPhoneSEの発売から1週間が経とうとしていますが、AppleのiPhoneシリーズの販売台数が10億台に近づいていることがわかりました。

今年夏にも10億台突破か。

f:id:starline1201:20160331130236j:plain

CNNによると、

2015年末までの間に8億9600万台のiPhoneが売れた。25日に予定されているアップルの決算発表では、2016年1~3月期のiPhoneの販売台数を5000万台と報告する見通し。これで発売以来の総数は9億4600万台になる。

(引用元:CNN.co.jp : アップルの「iPhone」販売台数、10億台近づく

とのこと。iPhone SEの販売台数次第では、今夏にもiPhoneの販売台数は10億台に達するとみられています。

驚きの少なかったiPhone SE。売れ行きはいまひとつ?

http://www.flickr.com/photos/135518748@N08/25977271305
photo by portalgda

しかし、iPhoneSEの売れ行きを見てみると、米国のiPhone市場全体のわずか0.1%のシェアしか獲得できなかったというニュースも入ってきていることから、順調とは言えない様子。

たしかに、他のiPhoneに比べiPhone5sやiPhone6sと比較すると大きく技術革新が行われたわけではないので、アーリーアダプターと呼ばれる流行に敏感な層には響きにくかったようです。

iPhone SE は小型iPhoneを待ちわびていた人には最高。

私が使ってみた限りでは、悲観するような端末ではなく、iPhone5s以前のiPhoneを使っていた層や小型バッグを利用する頻度の高い女性やジョギングをするランナーの方には非常に重宝する端末だと思います。

しかし、iPhone6s発売半年後に出す端末としては、若干見劣りする端末であるとも言えます。これは私の想像でしかありませんが、このあたりの微妙さがキッカケで消費者のiPhone離れの兆しが見えた時、キャリアも今以上にiPhoneへの依存をやめ、Android端末の販売へ動くのではないかと思うのです。

現在のAppleの戦略は、企業イメージを保てるか。

http://www.flickr.com/photos/41266898@N04/6216021667
photo by atmtx

ティムクック就任以降、2016年度第1四半期の売上高は過去最高の759億ドル、純利益も過去最高の184億ドルになるなど、営業利益は伸びているAppleですが、Apple WatchやiPhoneSEのように、スペック(仕様)を多少変えた製品ラインナップが増え、Apple製品同士で販売競争する姿が目立ちます。

操作が簡単で直感的。「Macを使う人はかっこいい」という広告戦略。教育機関への販売を強め、早い段階でアップルのブランドを認知させる戦略。このようなイメージ戦略が続けられているとはいえ、新鮮味に欠けるのも事実。バージョン違いを展開している限り、その新鮮味は失われていく一方である気がしてしょうがありません。

今年のiPhone7(仮)の発表時に「目新しさ」を提供できるのか、Appleの起死回生を期待したいところです。