りんごあつめ

りんごあつめNEWSは、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Apple製品の情報をお届けするガジェット系ブログです。たまにAndroidスマホの話題も。

iPhone 11やiPhone11Proで人気の色はどれ?話題になってるカラーなど、最新iPhoneのカラーバリエーションを画像付きでまとめてみた。

f:id:starline1201:20190912065632j:plain
以前は白と黒だけのシンプルさだったiPhoneも、今ではさまざまなカラーを選べるようになりました。

それは、今年の新型iPhone11シリーズでも変わりません。

今回は、そんなiPhone11/11Pro/11Pro Maxのカラーバリエーションについて、詳しくご紹介したいと思います。*1

iPhone11とProシリーズで異なるカラーバリエーション

iPhone11とiPhone11Pro/Pro MaxはCPUなどの基本性能こそ一緒ですが、カラーバリエーションは全く別になっています。

2018年のiPhoneと今年の新型iPhoneの違いなど、機能的な違いを知りたい方は下記の記事を読んでみてくださいね。

さて、色の話に戻りますが、標準機となるiPhone11は全部で6色、iPhone11 ProとiPhone11 Pro Maxは少し少なめの4色です。

iPhone11 iPhone11 Pro/Pro Max
カラー ブラック、グリーン、イエロー、パープル、 (PRODUCT)RED、ホワイト ゴールド、スペースグレイ、シルバー、ミッドナイトグリーン

こう見ると、昨年発売されたiPhoneと変化があるのかな?と気になるところ。

わかりやすいように、昨年のiPhoneXR/XS/XS Maxと比較してみました。

iPhoneXR/XS/XS MaxとiPhone11シリーズのカラバリ比較

昨年発売のiPhoneXR/XS/XS Maxと比べると、

2018年→2019年 カラーバリエーションの変化
iPhone XR→iPhone11 色数は変化なし(全6色)
iPhone XS/XS Max→11Pro/Pro Max 1色追加(3色→4色)

となっており、高級仕様の機種により力が入っていることがわかります。

通常、カラーが増えるとその分製造効率が落ちるので、むやみやたらに増やすべきではありません(ジョブズ時代が1〜2色体制だったのも、シンプルさに加え、この辺りの理由があります)。

それが分かっていながらあえて色を増やしたということは、Appleはそれだけ売れると自信を持っている裏付けと言えるでしょう。

iPhone11シリーズの全10色を徹底解説!

それでは、ここからは実際に各カラーについてご紹介していきたいと思います。

iPhone11

f:id:starline1201:20190912070357j:plain

まずは一番多くのユーザーさんが手にするであろう、iPhone11からご紹介します。

ホワイト

f:id:starline1201:20190923125723p:plain
オーソドックスだが、ケースとの色合わせが楽しめる。
ホワイトはiPhone3GS(2009年発売)で初めて採用された伝統的なカラーです。

一端姿を消していた期間もありましたが、iPhone8/8Plus/Xで復活した後は、毎年何かしらの形で採用されています。

iPhone11のホワイトは、他に挿し色のない白1色になっているのが面白いところ。ケースを付ける場合でも、ケース側の色と合わせやすいのがメリットです。

ブラック

f:id:starline1201:20190923125729p:plain
ビジネスなどフォーマルな場でもその場に馴染んでくれる。
ブラックはホワイトより1世代古く、iPhone3G(2008年発売)の頃から使われているカラーです。

一時期はスペースグレイ系に置き換えられていましたが、iPhone7(ジェットブラック)で復活し、発売直後争奪戦になったのは記憶に新しいところ。

目立ちにくいフォーマルにも使えるカラーなので、ビジネスからプライベートまで幅広く対応できる人気のカラーです。

イエロー

f:id:starline1201:20190923125744p:plain
iPhoneXRのイエローより少し落ち着いた
イエローは昨年のiPhoneXRから継続して採用されているカラー。

新色のように思いがちですが、実はiPhone5c(2013年発売)で一度使われているので、覚えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

iPhoneXRのイエローはビビットな原色系のイメージでしたが、iPhone11では少し落ち着いた白っぽい黄色になっています。

この辺りは好みが分かれるところですが、透明ケースと合わせるなら主張の強いiPhone XR、他のカラーのケースと合わせるなら淡めのiPhone 11と考えると良いでしょう。

グリーン

f:id:starline1201:20190923125735p:plain
爽やかな印象を受けるiPhone11のグリーン
落ち着いた雰囲気の漂うグリーンはiPhone5c以来の採用で、iPhone XRにはないカラーです。

イエロー同様淡い色合いとなっているので、性別・年齢を問わず選びやすい色と言えます。

ただし、ケースの色によっては合う合わないがはっきり分かれるので、購入前にチェックしておいた方が良いでしょう。

パープル

f:id:starline1201:20190923125750p:plain
ラベンダーカラーとしても良かったのでは?というほど優しい紫
パープルはiPhone11で初めて採用された完全新色です。

紫を名乗ってはいますが、色合いとしてはラベンダーやすみれ色に近い印象。男性でも違和感はありませんが、どちらかというと女性向けかなというイメージです。

グリーンと同様、こちらもケースによって色の合う合わないがはっきり出るので、組み合わせには注意した方が良いでしょう。

(PRODUCT)RED

f:id:starline1201:20190923125717p:plain
AIDSとの戦いを支援できる(PRODUCT)RED。
最後にご紹介する(PRODUCT)REDは、iPhoneXRから引き続き採用されている赤一色のデザインです。

この(PRODUCT)REDは売上の一部が専用の基金に寄付され、エイズ等の対策に利用されるというもので、Appleはかなり以前から様々な自社製品で(PRODUCT)RED仕様のものを用意しています。

iPhoneでは例年春頃に前年発売のフラグシップ機に新カラーとして追加するパターンになっていたのですが、iPhoneXRからは秋の発売時点で(PRODUCT)REDが用意されるようになりました。

私も今回はこちらを選びましたが、やはり赤一色は他のカラーにはない格好良さがありますね。

ただ、他のカラーと同じく背面(ガラス面)の色がやや淡めなので、クリアケースを使うよりは、別のカラーのケースと組み合わせた方がより格好良く見えると思います。

iPhone11Pro/Pro Max

f:id:starline1201:20190912072726j:plain
洗練された落ち着きを持つiPhone 11 Proシリーズ
続いてはPro向けにカメラ機能などを強化したiPhone11 Pro/Pro Maxです。

こちらは従来のカラーをそのまま残しつつ、新たに1色追加した4色展開となっています。

シルバー

f:id:starline1201:20190923145921p:plain
実質ホワイトとも思える色合い。
iPhone5(2012年発売)で従来のホワイトを置き換えるように登場したのが、このシルバー。以来7年間、iPhoneのフラグシップ機()には欠かさず採用されているカラーです。

ただし、実際にはシルバーというよりホワイトといった方が良さそうな色合いなので、この辺りは意見が分かれるところでしょう。

逆に言えば、ケース側と色の相性が出にくいので、迷ったらこの色にしておくというのもアリでしょう。

スペースグレイ

f:id:starline1201:20190923145911p:plain
黒系iPhoneが好みなら、スペースグレイがおすすめ。
iPhone5s(2013年発売)で初採用され、その後一端消滅したものの、iPhone8/8Plusで再び返り咲いたのがこちらのカラー。

iPhone11Pro/Pro Maxでは落ち着いた雰囲気の高級感ある色合いとなっており、黒系のカラーを使いたい方にはぴったりの選択肢です。

ただし、例年iPhoneの中古売却価格でスペースグレイは不利になる傾向にあるので、使用後に中古店等への売却を考えている方は注意した方が良いでしょう。

ゴールド

f:id:starline1201:20190923145856p:plain
少しマットな印象に変化したゴールド。
初採用はiPhone6s(2015年発売)と比較的新しいものの、毎回安定した人気を得ているのがゴールドです。

iPhone11Pro/Pro Maxでは背面のガラス部分が磨りガラスになった為、先代のXS/XS Maxと比べ反射の少ない色合いに変化しました。

一方で本体の縁の部分はキラリと輝く処理がなされており、両者のコントラストが違いを引き立てるのはAppleらしいデザイン。

ケースの隙間からキラリと覗く高級感を重視する方にオススメのカラーです。

ミッドナイトグリーン

f:id:starline1201:20190923145928p:plain
初めて発表された新色!最新モデルを主張したいならこの色。
iPhone11のパープル同様、こちらも過去のiPhoneでは採用歴のない完全新色となります。

私はiPhone11 Pro MAXでこちらの色を選択。やっぱり新色が出ると試したくなってしまうのは何なんでしょうね。

この色を一言で言うと、ミリタリーカラー。戦争映画などで兵隊が来ている緑の迷彩服のような色をイメージして頂くと、わかりやすいのではないかと思います。

さらに、iPhone11Pro/Pro Max最大の特徴である3眼カメラと合わせると、有名ロボットアニメのメカにそっくりということで、アニメファンの間でも話題沸騰中のカラーです。

ただし、新色ということで、今後の中古売却価格がどうなるかは全くの未知数。スペースグレイと同様、他のカラーより不利になる可能性もあるので、売却を想定している方は避けた方が安全かもしれません。

まとめ:カラー数増加で選ぶのがより楽しみに。

f:id:starline1201:20190912065715j:plain
自分の日常をアゲてくれるカラーを選ぼう。

iPhone11が6色、Proシリーズが4色と過去最多のカラー数となった今年のiPhoneですが、色が増えると選択肢が増える反面、選びづらくなるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

もし、特にカラーにこだわりがないなら、中古市場でも人気のあるゴールドや(PRODUCT)REDを選ぶのが個人的にはオススメです。

また、ケースを先に選んで、それに合う色を選ぶというのも良い方法だと思います。

一度買うと、ほとんどの方が2年は付き合うiPhoneですから、この機会に徹底的に悩んでみるのもアリではないでしょうか?

以上「iPhone 11やiPhone11Proで人気の色はどれ?話題になってるカラーなど、最新iPhoneのカラーバリエーションを画像付きでまとめてみた。」でした。

ホームボタンがあるiPhoneが良いなら…

ちなみに、iPhone X(2017年発売)からFaceIDという顔認証システムが採用されているiPhone。

iPhoneのロック解除やアプリ購入など様々な場面で使われるため、「Face IDが使いにくい!」という声がしばしば見られます。

そんな方に根強い人気なのがホームボタンが付いているiPhone。ホームボタンが付いていることで、「Touch ID」という指紋認証を使うことができます。

最新機種でなくても良いから、指紋認証を使いたいという方は、下記の記事を参考にホームボタン付きのiPhoneを購入してくださいね。

iphone-news.hatenablog.jp

*1:All Photos:Apple