りんごあつめ

りんごあつめは、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Apple製品の情報をお届けするガジェット系ブログです。たまにAndroidスマホの話題も。

iPhone6の大きすぎ対策、片手モード「Reachability」の使用方法がわからない。ホームボタンはしっかり押さずに、そっと触れてみよう。

iPhone6プラスは画面サイズが大きいので、画面上部を押そうとすると指が届きません。そのため、「Reachability(リーチビリティ)」という片手で操作したい人向けの機能がついています。

発売当初から「Reachability」の動画が出回る

iPhone6の発売が決まってすぐに、片手モードの動画がで公表され、話題を呼びました。

上記の記事でも書きましたが、この動画を見た方も多いのではないでしょうか。

この動画の通りホームボタンをしてみたけど

あれ?ホームボタンを「カチカチ」と2回押すと、以下のような画面に。
f:id:starline1201:20141008165315p:plain
今、開いているアプリが一覧で見られるようになっていて、これはこれで便利なんですが、今やりたいのはこの操作ではないんですよね。

ソフトに2回タッチ

なぜ上の写真のような写真になってしまったかと言えば、「カチカチ」っと押し込むように2回押してしまったからなんです。

「Reachability」を使いたい場合は、ホームボタンをソフトにタッチしてみて下さい。音がしないように撫でる感じで2回「触れる」ことで、下図のように画面上部の表示が下に降りてきますよ。

f:id:starline1201:20141008170346p:plain

カチッという音がしたら、それは失敗。やり直してみましょう。

片手操作しなくてはいけない時の応急措置

この片手モード「Reachability」を使ってみて思ったのは、どうしても片手でiPhone6を操作しなくてはいけない時の応急措置として、片手モード「Reachability」が用意されているだけだということ。

特にiPhone6プラスは片手で操作しようとすると、落としそうになる、もしくは、手がつりそうになるので、なるべく両手で操作するのが良いですね。

以上「iPhone6の大きすぎ対策、片手モード「Reachability」の使用方法がわからない。ホームボタンはしっかり押さずに、そっと触れてみよう。」でした。