iPhone最新情報

iPhone最新情報は、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Appleの最新情報をお届けするITメディアです。iPhone8予約に関する最新情報を中心に配信中。

御嶽山噴火を捉えた決死の写真。遺された家族に与える思いが哀しい。iPhone6のカメラ性能が上がっても非常事態を撮らず逃げて欲しいです。

http://www.flickr.com/photos/80201610@N00/142027425
photo by nagano1220

今朝読んだ御嶽山の記事の中に、亡くなった野口泉水さんの妻、弘美さんの言葉がありました。

写真なんか撮っていないで逃げて欲しかった

HUFFPOSTによると、弘美さんはこの写真を公開した理由を以下のように話しているそうです。

弘美さんは「噴火の写真なんか撮っていないで逃げてほしかった。でも、命がけで撮った迫力ある写真だから、みんなに見てもらいたい」

「噴火の写真なんか撮っていないで逃げて。」きっと私だったら、同じことを言ってしまうだろうなと思います。

携帯のカメラ性能の向上がもたらすもの

iPhone6をはじめ、携帯の性能は以前に比べて格段に上がりました。そのおかげで、“一億総記者”“一億総カメラマン”時代などと言われるほど、スマホさえあれば撮影したその場でTwitterやFacebookなどに送信し、自分に起きたことを全世界へ配信することが出来る様になったと言えます。

この記事で取り上げられている様に、事件や事故の記録や対応策を練ることにもスマートフォンのカメラは活躍しています。山で遭難したが、スマホを使って自分で連絡したなんてニュースも耳にします。

でも、今回の様に身の危機を感じた時は、写真を撮ってTwitterに投稿したりして、事件の情報供給することより先に、自分の命を最優先に逃げてほしいですね。

ソフトバンクをはじめ、携帯各社で支援措置を開始

ソフトバンクでは、以下のような支援措置をとっています。もし、周りに御嶽山噴火に被災された方がいらっしゃいましたら、お伝えいただければと思います。


御嶽山噴火の影響に伴う支援措置について | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ

犠牲者のご冥福を心からお祈り申し上げます。

※本ブログはソフトバンク公式とは何の関係もありません。個人的に今回の災害について思ったことを述べ、ソフトバンクなどで支援措置が取られていることを記載しました。ご了承ください。

【追記】

この記事内で、

この医師が検視した犠牲者のほぼ半数が噴火の写真を撮影していた。携帯電話を手に持ったまま亡くなっていた人もいた。噴火4分後の27日午前11時56分に撮影した記録が残るカメラもあった。噴火直後は自分たちが巻き込まれるとは思っていなかった可能性がある。医師は「写真を撮らず早く逃げていてくれれば」と残念がる。

と書いてありました。

本当に残念なことですが、これから災害に合って「急に逃げなければ行けない」と少しでも感じた場合には、写真等の記録は撮らずに逃げるということを教訓にしたいですね。

以上「御嶽山噴火を捉えた決死の写真。遺された家族に与える思いが哀しい。iPhone6のカメラ性能が上がっても非常事態を撮らず逃げて欲しいです。」でした。