iPhone最新情報

iPhone最新情報は、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Appleの最新情報をお届けするITメディアです。iPhone8予約に関する最新情報を中心に配信中。

iPhone4からiPhone6Plusまでの画面サイズ・大きさを比較して、自分がどう使うのか考えてみよう。

先日、伊集院先生がiPhone6プラスを買って後悔したという記事が流行。その際に「iPhone6の大きさに覚悟を持って買った人は良いと思うんだよ」という発言をしていました。確かに、用途等を考えずに購入すると「大きすぎて持てない」など後悔することになるかも。

今回は、改めて画面サイズの大きさ比較をしてみます。

iPhone4以降のiPhoneのサイズを表にしてみます。

http://www.flickr.com/photos/23208360@N07/8010277529
photo by Yutaka Tsutano

歴代のiPhoneサイズは以下の通りです。

iPhone6Plus iPhone6 iPhone5 iPhone4S
画面サイズ 5.5インチ 4.7インチ 4インチ 3.5インチ
解像度 1,920×1,080ドット 1,334×750ドット 1136×640ドット 960x640ドット

iPhoneの使用用途を考えよう

http://www.flickr.com/photos/72098626@N00/15303360856
photo by Ed Yourdon

あなたはどのようにiPhoneなどのスマートフォンやフューチャーフォンを使っていますか?自分が携帯を使う環境や習慣をあげてみましょう。

  • 机に置いて使う
  • 片手で持ちながら使うことが多い
  • バッグに入れることが多い
  • ポケットに入れることが多い

などという感じで、使用する状況や環境を考えると、今買いたいサイズのiPhoneや携帯が見つかるはず。

「仕事中にどうしても片手で素早くメールをしたい」「子どものベビーカーから手が離せない」などという方はiPhone6の方がオススメです。

ちなみに、iPhone6は片手でぎりぎり使えるけど、6Plusは両手持ち

f:id:starline1201:20141006003630j:plain
私(女)の手でも、iPhone6は普通に片手で使えます。しかし、6プラスを片手で持つことや電話することは出来ても、アプリ等を片手操作は難しいです。
ぜひみなさんも、箇条書きなどにして、検討してみて下さいね。

以上「iPhone4からiPhone6Plusまでの画面サイズ・大きさを比較して、自分がどう使うのか考えてみよう。」でした。