iPhone最新情報

iPhone最新情報は、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Appleの最新情報をお届けするITメディアです。iPhone8予約に関する最新情報を中心に配信中。

AppleがiPhone 6を値上げ!これから急いでiPhoneを買いたい方のために、失敗しない5つのチェックポイントを紹介します。

f:id:starline1201:20140922181918j:plain
円安の影響を受け、値上げしたと見られるiPhone6。

以前、iPadがアベノミクス円安によって値上げされた時と同じ道を辿っていることから、携帯各社が値上げする可能性もあります。

値上げ前に予約しておきたいところですが、急いで闇雲にiPhoneを買うと、高い買い物だけに後悔するかも。

そこで、今回は、iPhone6・iPhone6プラスを買う際に気をつけたいポイントを一緒に考えてみましょう。

http://www.flickr.com/photos/86251769@N00/439444161
photo by jessleecuizon

1:色はゴールド、シルバー、スペースグレーの3色のうち、どれにする?

http://www.flickr.com/photos/65265630@N03/15233472568
photo by Janitors

まず色を決めないことには始まりません。iPhone6、iPhone6プラスともに、「ゴールド、シルバー、スペースグレー」の3色があります。

詳細は以下の記事に書いていますが、マイナビさんが行ったiPhone6発売前のアンケートによると、ゴールドが人気NO.1!

たしかに実物を見ても、落ち着いた色合いと少し明るい気持ちにさせてくれる風合いは、常に持っていたくなりますね。

エディオン本店さんやビックカメラの担当者さんに「ゴールドはどの容量でも売れ行きがよく、他の色に比べて手に入りにくい印象です。」と言われたことがあります。

すぐに手に入れたいという方は、ゴールド以外を狙って予約するのも手かもしれません。

2:容量は16gb、64gb、128gbのどれにする?

f:id:starline1201:20141031002649g:plain
iPhone6にするか、iPhone6プラスにするかで容量の選び方も少し変わってくるのですが、メール・電話・ニュースアプリくらいしか使わない方は16GBで十分だと思います。

音楽・写真・動画・ゲームアプリなどの使用頻度が高い方は、64GB、128GBを考えた方が良さそう。

選び方の詳細については、以下に詳しい記事を書いたので、見てみてくださいね。

3:画面サイズや本体サイズはどちらにする?

画面サイズは以下のようになっています。*1

iPhone6 iPhone6プラス
ディスプレイサイズ 4.7インチ 5.5インチ
高さ 138.1 mm 158.1 mm
67.0 mm 77.8 mm
厚さ 6.9 mm 7.1 mm

実際、電子書籍などを読むならiPhone6プラスの方が良いという意見が多い印象です。私も雑誌とか技術書なんかを電車で見るのにiPhone6プラスは重宝しています。

iPhone5だった時代は、拡大&縮小をするのに苦労してましたから、便利になりすぎて感動していたところです。

また、東洋経済さんのハンズオンでは、

iPhone 5sと比較してもその鮮やかさは驚かされるほどだ。ちょうど、艶のあるステッカーに印刷されたカラーの画像を見ているような感覚

とまで言わしめたフルHDの解像度も必見ですが、これはiPhone5sの購入を迷っている方への検討材料になるのではないでしょうか。*2

4:カメラの性能はこだわる?

http://www.flickr.com/photos/28574623@N08/3338949639
photo by loicdupasquier

iPhone6とiPhone6プラスのカメラの性能を比べてみると、iPhone6プラスの方が「光学式手ぶれ補正」がついています。

旅行先やお子さんやペットの写真をよく撮る方には、光学式手ぶれ補正は非常にありがたい存在です。

今までならブレブレの写真を撮っていた方も、結構な確率でバシッと簡単にブレの無い写真を撮ることができます。

ただ、写真をあまり撮らない方には、あってもなくても良い機能。

ご自身の携帯の使い方をよく考えた上で、必要かどうかを検討してみてくださいね。

5: iPhoneの使用可能時間を重視する?

http://www.flickr.com/photos/27403767@N00/2627959755
photo by Scott Beale

まずは、利用できる時間をiPhone6とiPhone6プラスで比較してみましょう。

iPhone6 iPhone6プラス
連続通話時間 3Gで最大14時間 3Gで最大24時間
連続待受時間 最大10日間(250時間) 最大16日間(384時間)
インターネット利用 - 3Gで最大10時間
- 4G LTEで最大10時間
- Wi-Fiで最大11時間
- 3Gで最大12時間
- 4G LTEで最大12時間
- Wi-Fiで最大12時間
ビデオ再生 最大11時間 最大14時間
オーディオ再生 最大50時間 最大80時間

こう見ると、iPhone6プラスの方が圧倒的に利用可能時間が長いことがわかります。

Ingress(イングレス)のようなGPSを使いまくるアプリなんかを使い倒す方などは、充電がなるべく保つ方がいいのではないでしょうか。

最低5つのポイントを押さえて、後悔のない買い物を!

http://www.flickr.com/photos/65265630@N03/15709720925
photo by Janitors

iPhone6もiPhone6プラスも、魅力たっぷり。iPhone6を使い倒すことで、今以上の豊かで楽しい生活が待っているはずです。

上記、ポイント5つを見ながら自分の携帯の使い方のクセを把握し、ぜひ自分に合ったiPhoneを購入してくださいね。以上、「AppleがiPhone 6を値上げ!これから急いでiPhoneを買いたい方のために、失敗しない5つのチェックポイントを紹介します。」でした。